カーチス・ライト XP−55アセンダー試作戦闘機

Curtiss-Wright XP-55 "Ascender"

合衆国陸軍航空隊

XP-55
試験飛行中のXP−55原型2号機

 1939年11月に米国陸軍航空隊はプラット&ホイットニー社製の試作エンジンX−1800 −A3Gを搭載する単座迎撃戦闘機の仕様書を関係メーカー各社に提示した。この提示には「低い 抗力、良好な視界、強力な武装の3つの条件を満たしていれば、破天荒な提案でもかまわない」と いう示唆が含まれていた。
 カーチス・ライト社はその示唆にしたがい先尾翼式という突飛な設計提案をおこなったのだが、 あまりに進歩過ぎたためか米国陸軍は当提案に興味を示さず、原型生産契約は締結できなかった。 そこでカーチス・ライト社は自費で飛行可能実物大模型を製作しCW−24Bと名付けた。この実 物大模型は木製主翼と鋼管溶接布張り胴体を持ち275馬力のエンジンを搭載しており、飛行時に 安定性を欠いたが、約160回の試験飛行をおこない一応の成功を見た。
 1942年7月にP&W社のX−1800エンジン開発が失敗に終わったが、カーチス・ライト 社はアリスンV−1710を装備したXP−55試作戦闘機原型3機の生産契約を米国陸軍から得 ることができた。XP−55はCW−24の設計を受け継ぎ、先尾翼式で鋭い後退角を持った片持 ち低翼の機体で同社初の3車輪式引き込み脚装備機であった。
 原型1号機は1943年7月に初飛行し、同年11月に失速試験中に事故で破損した。原型2号 機は1944年1月に、同3号機は同年4月に初飛行したが1号機のテスト結果を盛り込んで失速 時の欠点を克服する改修がなされている。しかし2号機と3号機を使った軍の審査で低速時の操縦 性が良くないことが判り、性能も当時の通常型戦闘機に劣っていたため開発計画は破棄された。
 有名な先尾翼式の機体としては日本の 局地戦闘機「震電」やスウ ェーデンのJ21などが あるが、それらに先だって開発された当機は登場が早すぎたのかもしれない。

機体詳細データ(XP−55)
全長 9.02m全高 3.53m
全幅12.36m翼面積19.41m2
自重2,882kg最大重量3,579kg
最高速度628km/h(高度5,885m)上昇限度10,545m
航続距離1,022km巡航速度476km/h
発動機アリスン V-1710-95 液冷V型12気筒 1,275馬力×1基
乗員数 1名総生産機数 3機
武装12.7mm機銃×4
主要タイプ XP-55:試作単座迎撃戦闘機。社内呼称CW-24