フォッケウルフ Ta154夜間戦闘機

Focke-Wulf Ta154

ドイツ空軍

Ta154V3
Ta154原型3号機(Ta154V3)

 フォッケウルフ社のクルト・タンク博士[Kurt Tank]は、高々度を飛行する双発戦闘爆撃機の開発プランに 着手しており、過給器装備の「ユモ」211Rエンジンを搭載し与圧操縦席を持つ機体を設計した。搭載エン ジンからTa211と名付けられたこの機体は、大半を木製合板の接着で作られることになっていた。
 1942年8月に独航空省は夜間戦闘用の双発迎撃機開発を複数メーカーに指示した。これは当時改良が 進められていたMe210の性能向上が うまくいかなかったこともあって、早急な完成を求められるものであった。フォッケウルフ社ではTa211 の流れをくむ機体案を提出し、15機の試作契約を受けること成功した(このときハインケル社が提出した 機体案P1060も、He219として 試作契約を受けている)。
 試作機による評価試験で優秀な性能をしめした当機だったが、航空省側は良好な視界と航続距離の大きさか らHe219の方を評価していた。しかし航空監察官であるエアハルト・ミルヒ[Erhard Milch]が当機を推し たため、43年末に250機の量産型発注が出されることになった。
 Ta211で計画された搭載エンジン「ユモ」211は生産上の問題から製造が遅延したため、「ユモ」2 13に変更した量産型が製造され始めた。しかし連合軍の爆撃により機体生産に必要な合板用接着剤の工場が 破壊され、代替品として調達された接着剤の不良により44年6月に量産型の墜落事故が多発したため、同年 8月には生産停止(翌月には完全中止)となってしまった。

機体詳細データ(Ta154A−1)
全長12.55m全高 3.60m
全幅16.30m翼面積32.40m2
自重6,600kg最大重量9,950kg
最高速度630km/h上昇限度10,500m
航続距離1,400km巡航速度不明
発動機ユンカース「ユモ」213E 液冷V型12気筒 1,750馬力×2基
乗員数2名総生産機数50機程度
武装30mm機関砲×4(機首2、胴体上方斜銃2)、20mm機関砲×2(前方固定)
主要タイプ Ta211:「ユモ」211Rエンジン搭載の高々度戦闘爆撃機型計画名称
Ta154V1:試作1号機。「ユモ」211Fエンジン搭載
Ta154V2:試作2号機。「ユモ」211Nエンジン搭載
Ta154V3:試作3号機。FuG212レーダー、「ユモ」211Rエンジン搭載
Ta154A-0:試作3号機に準ずる生産前機。試作4号機〜15号機
Ta154A-1:初期量産型。「ユモ」213Eエンジン搭載。レーダーは搭載しない複座昼間戦闘機
Ta154A-2:A-1同様の初期量産型。単座昼間戦闘機
Ta154A-4:レーダーを搭載した夜戦型初期量産機。ごく少数製作
Ta154A-2/U3:ミステル(無人誘導機)に改造された機体の呼称