カーチス SO3Cシーガル/シーミュー索敵機

Curtiss SO3C "Seagull"&"Seamew"

合衆国海軍航空隊 他

SO3C
固定脚を装備したSO3C−1シーガル索敵機【陸上機タイプ】

 1937年に米国海軍はカーチス SOC索敵機の後継機として、フロートと車輪を脱着交換自由な 単葉索敵機の設計提案を求めた。これは艦上機としても陸上機としても作戦行動ができることが条件 となっていたからである。この要求に応えてカーチス社とヴォート社が設計提案をおこなった。
 競争試作された原型機ではヴォート社のXSO2Uは無事飛行したが、カーチス社のXSO3Cは 深刻な安定性の問題やエンジンの不調に悩まされた。しかし1939年に生産命令を受けたのはカー チス機であった。
 安定性能を向上させるのに翼端を上に折り曲げるのと尾翼面積を増やすことで対応したため、カー チス社が設計した機体の中で最も醜悪な飛行機と呼ばれるようになったSO3C−1シーガル(カモ メの意)が300機生産された後は空母艦載用機構と爆弾フックを装備したSO3C−2シーミュー (これもカモメの意)に生産対象は切り替わった。このSO3C−2は武器供与法により英国海軍に も供給されたが、英国海軍は実戦使用せずに機上射手や無線士の練習用機体として使用した。
 当機の性能(主にエンジン関係の不調が起因する)に不満足だった米国海軍は太平洋戦争中に第一 線から引き上げ、SO3C−1Kの名称で無線操縦標的機に改造された。最終生産型のSO3C−3 は少数機が生産されたのみで1944年1月に当機の生産は全て終了した。

機体詳細データ(SO3C−2C【水上機タイプ】)
全長11.23m全高 4.57m
全幅11.58m翼面積26.94m2
自重1,940kg最大重量2,600kg
最高速度277km/h(高度2,470m)上昇限度4,815m
航続距離1,851km巡航速度201km/h
発動機レンジャー SGV-770-8 空冷倒立V型12気筒 600馬力×1基
乗員数 2名総生産機数795機
武装7.62mm機銃×1(前方固定)、12.7mm機銃×1(後方旋回)、
100lb(45kg)爆弾×2または325lb(147kg)爆雷×1を主翼下に搭載
主要タイプ XSO3C-1:単葉索敵機原型機。社内呼称Model 82
SO3C-1:初期生産型。V-770-6エンジン(520hp)搭載。社内呼称Model 82A
SO3C-1B:英国へ供与用の機体呼称。実際に供与されたのはSO3C-2Cだった
SO3C-1K:無線操縦標的機に改造されたSO3C-1の呼称。英国名Queen Seamew
SO3C-2:空母運用装備と爆弾架を持つ機体。社内呼称Model 82B
SO3C-2C:SGV-770-8エンジンを搭載した出力強化型。一部は英国へ供与
SO3C-3:SGV-770-8エンジン搭載、機体軽量化を施した性能強化型。少数生産
SOR-1:SO3C-3に空母運用装備を搭載した機体。計画のみ