ブラックバーン ロック艦上戦闘機

Blackburn Roc

英国艦隊航空隊

Roc
英国艦隊航空隊所属のロック

 英海軍初の急降下爆撃機となったスキュアから 発展した複座艦上戦闘機。当初の計画では敵重爆撃機を側面から攻撃することを前提にしていたため、 通常の戦闘機のような前方固定機銃を持たず、胴体背部にブローニング機銃4丁を持った動力旋回銃 座を搭載している。しかし実際には最高速度の不足から敵重爆撃機を追撃補足することは困難である として、対重爆攻撃任務は構想から外されることになった。
 仕様書O.15/37により当機の発注を受けたブラックバーン社であったが、スキュアの生産に かかりきりであったため、当機の製造はボールトンポール社がおこない原型1号機は1938年3月 に初飛行した。動力銃座を搭載したことにより、スキュアに比べての性能低下が心配されたが、急降 下性能などの低下は認められなかった。ただし4機だけ製作されたフロート装備の水上機型は抵抗増 加による速度低下や安定性悪化など酷い機体であったようだ。
 1940年頃から生産型が艦隊に配備されるようになったが、艦上運用に難があったため主に陸上 基地で使用され英国本土の各基地やバミューダなどに配備されている。そのうち最も当機らしい(し かも航空機として最も異質な)任務としては、ゴスポート基地に配備された機体のうちドイツ軍の空 襲で飛行不可能となったものを対空銃座として使用したことがあげられる。空中戦闘ではほとんど役 に立たなかった動力銃座が役に立ったケースと言えるだろう。
 艦上戦闘機として失敗作であった当機は改良型や派生型も製作されず、生産の追加注文・補充部 品の生産も行われなかったため、1943年には修理部品の不足により現役から引退した。

機体詳細データ(ロック)
全長10.85m全高 3.68m
全幅14.02m翼面積28.80m2
自重2,778kg最大重量3,606kg
最高速度359km/h(高度3,050m)上昇限度5,485m
航続距離1,304km巡航速度217km/h
発動機ブリストル「パーシュース」XII 空冷星形9気筒 905馬力×1基
乗員数 2名総生産機数136機
武装7.7mm機銃×4(動力旋回銃座に搭載)
主要タイプ B-25:当機の社内モデル名。原型機の呼称でもある
Roc:英海軍における当機の制式名称