IMAM Ro.57戦闘/爆撃機

I.M.A.M.(Industrie Meccaniche e Aeronautiche Meridionali) Ro.57

イタリア王立空軍

Ro.57bis
地上攻撃型に改修されたRo,57bis

 1930年代に各国で双発重戦闘機の開発が盛んになったが、イタリア空軍もIMAM(南部機械 および航空機工業)社に命じて幾つかの双発重戦闘機の設計を行わせ、IMAM社は1939年にR o.57と名付けた双発機の原型を完成させた。
 イタリアらしくスタイリッシュで洗練された双発単座の機体であったが、胴体は木金混合構造で、 水平尾翼に支えの支柱があるなど旧世代的な部分も多く残された機体であった。イタリア空軍は当機 に長距離戦闘機としての役割を与えるつもりであったが、搭載エンジンが非力なことから最高速度が 思ったより延びず(それでも当時イタリアで配備が始まったばかりの新鋭戦闘機 マッキMC200と同程度だっ た)、また原型機では搭載武装も12.7ミリ機銃2丁と貧弱であったため、戦闘機としての能力に 欠ける機体だと判断された。IMAM社では当機の頑丈さを有効活用して急降下爆撃機への改修を提 案したが、この改修によりそれほど高くなかった能力は更に低下することになったため、量産化され ることは無かった。
 その後、第二次大戦にイタリアが参戦したこともあって、空軍戦力の増強を図るため200機の量 産命令が出されたが、他の単発戦闘機の量産を優先するためこの命令は途中で撤回された。命令撤回 時点で約50機(50〜75機程度との説もある)が完成していたが、戦闘機としての任務は与えら れることなく、全機が爆弾搭載装備を施す改修を受け戦闘爆撃機として使用されることになった。
 1943年になって戦闘爆撃機(急降下爆撃にも対応できるようダイブブレーキも装備された)改 修を受けた機体が部隊配備されるようになったが時既に遅く、一部がシシリーで連合軍と交戦(とは 言え大半は地上で撃破された)した他は実戦に参加することなく終わっている。

機体詳細データ(Ro.57)
全長 8.80m全高2.90m
全幅12.50m翼面積23.04m2
自重3,490kg最大重量4,990kg
最高速度501km/h(高度5,000m)上昇限度7,800m
航続距離1,200km巡航速度390km/h
発動機フィアット A.74 RC.38 空冷星形複列14気筒 840馬力×2基
乗員数 1名総生産機数50〜75機程度
武装12.7mm機銃×2(戦闘爆撃機型(bis)は20mm機関砲×2、爆弾500kgを追加搭載)
主要タイプ Ro.57:単座の双発重戦闘機型。全機戦闘爆撃機型へ改修された
Ro.57bis:Ro.57に20mm機関砲と爆弾を追加した戦闘爆撃機型
Ro.58:エンジンをDB601に変更した強化型原型。試作のみ