レジアーネ Re.2005戦闘機

Reggiane Re.2005 "Sagittario"

イタリア王立空軍

Re.2005
イタリア軍の記章を付けたRe.2005戦闘機

 レジアーネ製戦闘機の最終形態として製作された機体。レジアーネ社の戦闘機に搭載されるエンジンは最初の Re.2000では星形エンジン、 Re.2001には列型エンジンを搭載し、 Re.2002で星形エンジンに戻され、 当機は再度列型エンジンに戻ることになった。
 Re.2001に搭載されるはずだったDB601系よりも高性能なDB605系を搭載することで性能向上 を目指し、機体構造も機首部の延長や主脚引き込み方式の再設計 (メッサーシュミットBf109などと同様の 外側引き込み式となった)等多くの手が加えられた(なお、他のイタリア戦闘機同様にドイツ製エンジンが 調達できなかったため、生産型にはDB605系のライセンス品であるフィアットRA1050RC58ティフォーネ が搭載された)。
 Re.2005サジタリオ(射手の意)原型機は1942年9月に初飛行し、総合的な性能ではイタリア最良 戦闘機とまで言われたフィアットG55をも しのいでいたと言う。
 休戦直前の1943年7月から実戦配備された当機はシシリー島やナポリ、ローマ、シチリアなどの防衛戦 で連合軍爆撃機相手に奮闘した。イタリアが休戦した後も北部イタリアにある工場ではドイツ軍の指示の元に 当機の生産が続行されたが、連合軍の爆撃により工場が潰滅したため生産数はごく少数に終わった。これらの 機体は休戦時に生き残りドイツ軍に接収された機体も含めて、ルーマニアの油田防衛やベルリン防衛などに使 用されており、終戦間近にも廃墟のベルリン上空で連合軍機と空中戦を展開したと伝えられる。

機体詳細データ(Re.2005)
全長 8.73m全高 3.15m
全幅11.00m翼面積20.40m2
自重2,600kg最大重量3,560kg
最高速度630km/h(高度7,000m)上昇限度12,000m
航続距離1,250km巡航速度525km/h
発動機フィアットRA1050RC58「ティフォーネ」液冷倒立V型12気筒 1,475馬力×1基
乗員数1名総生産機数48機(37機説有り)
武装12.7mm機銃×2、20mm機関砲×3、630kgまでの爆弾搭載可能
主要タイプ Re.2005:原型機を含む当機の呼称。戦闘爆撃機としても使用可能だった
Re.2006:エンジンをDB603(1,750hp)とする計画機。エンジン供給の目処が立たず、また休戦のため頓挫