このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

ノースアメリカン P−82ツイン・マスタング戦闘機

North American P-82 "Twin Mustang"

合衆国陸軍航空隊(後に合衆国空軍)

P-82
飛行中のP−82(原型機XP−82)

 航続距離の長い優秀な戦闘機P−51を 爆撃機の護衛として欧州戦線に投入していた米国陸軍航空隊は、次に太平洋戦線で使用するための護衛戦闘機 を欲し、B−29爆撃機の採用生産と同時 にP−51を凌ぐ機体の開発をノースアメリカン社に指示した。
 P−51を短期間で開発した同社の技術力を持ってすれば容易に開発は進むと思われたが、要求される長大 な航続距離は機体性能よりも操縦する人間に対して過酷なものであったため、ノースアメリカン社はB−29 の全航程を掩護できるようにするため操縦士を2名乗せた複座とし、交代で操縦をつとめられる機体を開発す ることにした。
 開発期間を短縮するため既存のP−51を活用してノースアメリカン社が出したアイデアは奇抜なもので、 単座単発のP−51を2機並べ合体させた双胴双発の機体を世に送り出した。基本的に機体軽量化型である P−51Hをベースにしているが重量バランスの関係から胴体が延長され、また降着装置も機体重量の増加 から若干強化された物へ変更されていた。双方のプロペラは互いに逆方向へ回転することで回転トルクをう ち消しており、更にどちらか一方が停止しても残った1基のエンジンで安定した飛行が行えるようになって いる。
 P−51と同等以上の性能、火力を持つこの機体はP−82の名前で500機の生産が発注され、急ピッ チで生産が行われたが太平洋戦争が終結した時点で完成していたのは20機あまりに過ぎず、実戦デビュー は朝鮮戦争まで待たなければならなかった。朝鮮戦争では中央翼下にレーダーポッドを装着する夜間戦闘機 (右側操縦士がレーダー操作員となる。朝鮮戦争前に当機呼称はF−82に変更されていた)として使用さ れているが、レーダーを搭載したジェット戦闘機 F−94などが就役してき た1951年頃から順次戦線を退いていった。

機体詳細データ(XP−82(速度データはP−82Bのもの))
全長11.61m全高 4.17m
全幅15.62m翼面積37.90m2
自重6,080kg最大重量11,249kg
最高速度776km/h(高度6,400m)上昇限度12,160m
航続距離3,540km巡航速度450km/h
発動機パッカード「マーリン」V-1650-23/25 液冷V型12気筒 1,860馬力×2基
乗員数2名総生産機数273機
武装12.7mm機銃×6、無誘導ロケット弾×16、1,000lb爆弾×4または2,000lb爆弾×2
主要タイプ NA-120:原型機の社内呼称
XP-82:原型機の米陸軍呼称(2機)
XP-82A:アリソンエンジン搭載の原型機。V-1710-119(1,500hp)搭載(1機)
P-82B:最初の生産型。パッカードV-1560-19/21エンジン搭載(20機)
P-82C:夜間戦闘機型試作。SCR-720レーダー搭載。P-82Bを改造(1機改造)
P-82D:夜間戦闘機型試作。APS-4レーダー搭載。P-82Bを改造(1機改造)
P-82E:XP-82Aの生産型。V-1710-143/145エンジン(1,600hp)搭載(100機)
P-82F:夜間戦闘機生産型。P-82Eの機体にAPS-4またはAPG-28レーダー搭載(100機)
P-82G:夜間戦闘機生産型。P-82Fと同等であるがSCR-720レーダーを搭載(50機)
P-82H:極地(寒冷地)運用実験機。P-82FとP-82Gを改造(F型9機+G型5機改造)
F-82:米国空軍設立後の当機呼称(各モデル名は変更なし)