ヴォート OS2Uキングフィッシャー水上観測機

Vought OS2U "Kingfisher"

合衆国海軍航空隊 他

OS2U
米国海軍所属のOS2Uキングフィッシャー

 ヴォート社が米国海軍向けに納入していたO3Uコルセア複葉機の後継機として開発された ヴォートVS−310キングフィッシャー(カワセミの意)は1938年3月に陸上機型の、 同年5月に水上機型原型機が初飛行を行った。
 原型機を使用した公試試験は問題点もなく無事に終了し、OS2Uキングフィッシャーとし て生産発注した米国海軍は1940年8月から部隊配備を開始した。このとき艦載機として配 備された機体が米国初のカタパルト発進を行った単葉機となった。
 OS2Uキングフィッシャーは艦載機として偵察・観測任務に従事するだけでなく、近海哨 戒飛行隊に所属しての対潜作戦および海上捜索救難任務でも大きな活躍を示した。
 米国海軍以外にも米沿岸警備隊、英国海軍、豪州海軍、ソビエト海軍や南米諸国などへ多数 が供与もしくは貸与されている。オランダ領東インド向けにも24機が輸出されたが、この機 体が到着前に東インドは日本軍に占領されたためオーストラリア向けに変更された。

機体詳細データ(OS2U−3)
全長10.31m全高 4.61m
全幅10.95m翼面積24.34m2
自重1,870kg最大重量2,700kg
最高速度260km/h(高度1,680m)上昇限度3,960m
航続距離1,300km巡航速度192km/h
発動機プラット&ホイットニー R-985-AN-2 空冷星形9気筒 450馬力×1基
乗員数 2名総生産機数1,500機程度(1,518機説あり)
武装7.62mm機銃×2、45kgまたは147kg爆弾×2
主要タイプ XOS2U-1:原型機。R-985-4エンジン搭載。社内呼称VS-310
OS2U-1:初期生産型。R-985-48エンジン(450hp)搭載
OS2U-2:装備品を変更したモデル。R-985-50エンジン(450hp)搭載
OS2U-3:自動漏り止めタンク、防御装甲採用。R-985-AN-2エンジン搭載
OS2N-1:海軍航空工廠で生産された機体。OS2U-3準拠
XOS2U-4:原型機改修の改良型。翼弦長を狭くしている。量産されず
Kingfisher Mk.I:英海軍およびオーストラリア海軍での当機の呼称