マッキ MC202フォルゴーレ戦闘機

Macchi MC202"Folgore"

イタリア王立空軍

MC202
イタリア空軍のマッキMC202

 マッキMC200サエッタを設計したマリオ・ カストルディは、MC200の全性能は大馬力エンジンを搭載して初めて発揮されるものと確信しており、ドイ ツ製のダイムラーDB601Aエンジンを搭載した機体として再設計を行うことにした。
 DB601Aエンジンを搭載しているが尾翼や主脚はMC200そのままで主翼形状も良く似た新機体はMC 202フォルゴーレ(雷電の意)と名付けられ1940年8月に初飛行した。このときカストルディの持ってい た確信は間違いなかったことが証明された。
 当機の高性能に目を付けた軍当局から即座に生産注文を受けたのだが、搭載するDB601Aエンジンはドイ ツでも貴重だったため機体の生産数は限られており、同エンジンの国内ライセンス生産もなかなか軌道に乗らな かった。ようやく1941年11月から北アフリカに展開する部隊への配備が開始され、連合軍の カーチスP−40ホーカー・ハリケーンなどと互角以 上の戦いを繰り広げた。
 連合軍が大型爆撃機を戦線に投入するようになると搭載機銃の火力不足が指摘されたため、主翼下に追加搭載 する20ミリ機関砲パックが開発されている。
 イタリアが降伏した時点で百機あまりが残存しており、一部の機体は1940年代末まで練習機として使用さ れており、またエジプトにも少数機が輸出された。

機体詳細データ(MC202AS)
全長 8.85m全高 3.04m
全幅10.58m翼面積16.80m2
自重2,350kg最大重量3,000kg
最高速度595km/h(高度5,000m)上昇限度11,500m
航続距離 700km巡航速度497km/h
発動機ダイムラーベンツ DB601A 液冷倒立V型12気筒 1,100馬力×1基または
アルファロメオ RA1000RC41-I 液冷倒立V型12気筒 1,175馬力×1基
乗員数1名総生産機数約1,500機
武装12.7mm機銃×2、7.7mm機銃×2(後に20mm機関砲×2を追加)
主要タイプ MC202:MC200にDB601Aエンジン(1,100hp)を搭載した原型機
MC202AS:生産型。熱帯用防砂フィルターを装備
MC202CB:翼下に320kgまでの爆弾または補助燃料タンクを搭載できる戦闘爆撃機型
MC202D:冷却器を変更した試作機