エアロンカ L−3グラスホッパー観測機

Aeronca L-3 Grasshopper

合衆国陸軍航空隊

L-3
米空軍博物館に所蔵されるL−3Bグラスホッパー(Photo:National Museum of the USAF)

 1940年にアメリカ陸軍は複座観測機の競争審査を行い、スチンスン社の機体を O−49(後にL−1へ改称)の 名で採用した。折しも欧州では第二次大戦が始まっており、観測機や連絡機といった 機体の重要性が高まってきていたため、1941年に民間向け軽飛行機メーカーとし て定評のあるエアロンカ、パイパー、テイラークラフトの3社から4機ずつの機体を 購入して評価を行い、その年の終わりには多数の機体が制式発注されるに至ったので ある。
 第二次大戦や太平洋戦争では幾多の戦場で着弾観測や前線偵察、拠点間の連絡、傷 病兵の輸送など幅広い任務に従事しており、陸軍が調達した機体だけでは数が足りな かったため、民間が保有していた多数の機体も陸軍に徴発・使用されている。
 ちなみに良好な操縦性からグライダー操縦士の訓練用としても適任であるとして、 無動力型も製作され、輸送・侵攻用グライダーの操縦士養成に一役かっている。
 軍用型の生産は最終モデルであるL−3Cを最後に1944年で終了しているが、 発動機を強化した機体(モデル7チャンピオン。初飛行は44年中盤)がL−16の名 で戦後アメリカ陸軍航空軍(後の空軍)に採用されており、朝鮮戦争やベトナム戦争 などで使用されている。

機体詳細データ(L−3)
全長 6.40m全高 2.34m
全幅10.67m翼面積14.68m2
自重 379kg最大重量 590kg
最高速度140km/h上昇限度3,050m
航続距離322km巡航速度 74km/h
発動機コンチネンタル O-170 空冷水平対向4気筒 65馬力×1基
乗員数2名総生産機数1,489機(軍用動力型のみ)
武装なし
主要タイプ Model 65:民間型の社内呼称
YO-56:最初に調達された評価用機体の呼称(4機)
O-58:最初の制式モデル。後にL-3と改称(50機)
O-58A:第二期調達モデル。基本的にO-58と変化なし。後にL-3Aと改称(20機)
O-58B:主要生産型。基本構成は従前機と同様。後にL-3Bと改称(875機)
L-3C:最終生産型。基本構成は従前機と同様(490機)
L-3D:徴用した民間型モデル65TFに割り振られた呼称。フランクリンAC-167エンジン搭載
L-3E:徴用した民間型モデル65TCに割り振られた呼称。コンチネンタルA-65-8エンジン搭載
L-3F:徴用した民間型スーパー・チーフに割り振られた呼称。コンチネンタルA-65-8エンジン搭載
L-3G:徴用した民間型スーパー・チーフに割り振られた呼称。ライカミングO-145-B1エンジン搭載
L-3H:徴用した民間型モデル65TLに割り振られた呼称。ライカミングO-145-B1エンジン搭載
L-3J:徴用した民間型モデル65TCに割り振られた呼称。コンチネンタルA-65-7エンジン搭載
TG-5:無動力3座のグライダー操縦訓練用機体(250機)
LNR:TG-5の米海軍呼称。評価用のみで制式採用には至らず(3機)