ユンカース Ju287試作爆撃機

Junkers Ju287

ドイツ空軍

Ju287V1
Ju287V1原型機(機体に点々と見える白い点は気流の流れを調べる糸を貼り付けた物)

 連合軍戦闘機の性能が高くなり独軍爆撃機の損害が許容できないほどに高くなってきていた大戦中期に、 ドイツ空軍は敵戦闘機よりも優速な爆撃機を必要としていた。当時ユンカース社はJFM(Junkers Flugzeug und Motorenwerke A.G.)の 主任技術者ハンス・ヴォッケ(Hans Wocke)博士の提唱した前進翼理論を実証するための機体を製造してお り、この機体が軍の要求を満たせるのではないかと期待していた。
 1944年夏に完成した原型1号機は前進翼の理論を評価するためのものであったため、胴体は ハインケルHe177のものを流用 し、尾翼はJu388夜間戦闘機、主脚はJu352輸送機、前輪に墜落した B−24爆撃機から回収した車輪を使 用した継ぎ接ぎだらけの機体であった。エンジンは同社製「ユモ」004ターボジェットエンジンを4基 搭載したが、2基を胴体横、2基を主翼下という変則的な配置に取り付けが行われた。
 飛行試験で良好な性能を発揮した原型機は、その後BMW003ジェットエンジンに換装して試験を続 行した。BMWエンジンは「ユモ」エンジンよりも推力が低かったため主翼下のエンジンポッドにもう1 基を強引に取り付け全部で6基のエンジンが搭載されることになった。
 原型2号機が完成する直前に敗戦となり、原型機とヴォッケ博士を中心とする開発メンバーはソビエト 軍に捕獲され、終戦直後のソビエト航空機開発に利用されている。

機体詳細データ(Ju287V1:一部計画値)
全長18.30m全高 4.70m
全幅20.10m翼面積60.85m2
自重12,500kg最大重量20,000kg
最高速度560km/h上昇限度9,400m
航続距離1,570km巡航速度不明
発動機ユンカース「ユモ」004B-1 ターボジェット 推力900kg×4基
乗員数 2名総生産機数 2機
武装13mm機銃×2(尾部)、4,000kgまでの爆弾
主要タイプ Ju287V1:原型1号機。後にBMW003エンジン(推力800kg)×6に換装された
Ju287V2:原型2号機。未完成のまま赤軍に拿捕され、ソビエトにて完成。その後スクラップ
Ju287V3:原型3号機。兵装を搭載する計画だった。完成せず