F.F.V.S.(国立航空省ストックホルム工場) J22戦闘機

F.F.V.S.(Flygförvaltningens Verkstad i Stockholm) J22

スウェーデン空軍

J22
スウェーデン国内の博物館に展示されるJ22戦闘機(後方はJ21戦闘機)

 1930年代末に隣国であるフィンランド(対ソ戦)やノルウェー(対独戦)が戦争に巻き込まれる のを見ていたスウェーデンは、中立を保つためにも空軍力の強化が急務と考えた。ところがこの時期の スウェーデン空軍の主力戦闘機は旧式なJ8 (グロスター・グラディエーター) が5〜60機ほどあるだけだったので、アメリカからセバスキー社やバルティー社の機体を緊急輸入す ることにした。しかしアメリカは1940年7月に兵器の対外輸出をストップしてしまい、スウェーデン に届いたのは60機のセバスキーEP−1戦闘機(スウェーデンではJ9と名付けられた。 P−35戦闘機の輸出型)のみで、 戦力増強としては今ひとつ物足りないものであった。
 そこで他の国からの輸入を打診したところ、ソビエトは旧式な I−16しか輸出できないと回答した ため問題外とされ、日本からは 零式艦上戦闘機の改修型を提供 してもよいと回答を得たものの周辺諸国が戦争を行っている中での輸入方法に目処が立たず計画倒れに 終わっている。ようやくイタリアからCR42Re2000を輸入することがで きJ11およびJ12(後にJ20と改称)の名称で戦力に取り入れることに成功したのだが、このよ うに外国製兵器に頼っていると国防上問題があるとして自国内でも機体の開発を行うこととなったのである。
 サーブ社と国立航空省ストックホルム工場にてそれぞれ新型機の開発が始まり、 J21とJ22と名付けられた 機体は1942年から43年にかけて初飛行した。J21は他国では実用化できなかった推進プロペラ 式という珍しい機体であったが、J22はオーソドックスな金属製・合板張りの片持ち低翼単葉機であった。
 オーソドックスながら性能は高い機体で、1000馬力級のエンジン(これは米P&W社のツインワ スプエンジンを無許可コピーしたもので、戦後P&W社に対しライセンス料が支払われたらしい)を搭載 しているわりに575km/hもの高速を発揮できた。第二次大戦中はスウェーデンの領空を侵犯する米英の 軍用機やドイツ空軍機に対して緊急発進(スクランブル)を行い、多数の侵犯機を強制着陸させる働きを見 せている。もちろん着陸指示に従わず抵抗を試みる機体もあったわけだが、これらの外国機に対しても当 機は互角の戦いを行い、戦後の1952年に第一線を退いた。

機体詳細データ(J22A)
全長 7.80m全高 3.60m
全幅10.00m翼面積16.00m2
自重2,020kg最大重量2,835kg
最高速度575km/h(高度3,500m)上昇限度9,300m
航続距離1,270km巡航速度440km/h
発動機スヴェンスカ STW C-3G空冷星形複列14気筒 1,080馬力×1基
(米P&W社ツインワスプエンジンのコピー製品である)
乗員数1名総生産機数198機
武装13.2mm機銃×2、8mm機銃×2(J22Bは13.2mm機銃×4)
主要タイプ J22A:初期型。後にJ22-1と改称
J22B:後期型。機銃を13.2mm×4門に変更。後にJ22-2と改称
S22:J22Aを改修した非武装偵察機型。後にJ22-3と改称