ホーカー フュアリ戦闘機

Hawker Fury

英国空軍 他

Fury Mk.I
英空軍第25飛行隊のフュアリMk.

 ホーカー社は英航空省が1927年に出した仕様書F20/27に基づく機体として、空冷エンジン 搭載の複葉戦闘機を提示したが、この機体は生産契約を受けることができなかった。その後、ホーカー 社は成功作となるハート軽爆撃機を 完成させ、その設計を流用し単座戦闘機原型(ホーネットと名付けられた)を自社負担で完成させた。
 この原型機に、同社の設計技術者であるシドニー・カム[Sydney Camm]は液冷エンジンを搭載して空力 的に洗練を加えたため、飛行性能は格段に向上した。1930年初頭に英航空省はこの原型機を元にし た機体を21機発注し、フュアリの名称を与えた。
 1931年3月に初飛行したフュアリの初期生産型は、同年5月に第43飛行隊に配備され、英空軍 で初の最高速度200マイル/時を越える戦闘機となった。上下翼幅の異なる単張間複葉機で、金属製 構造に布張り(機体前部は金属板張り)固定脚の機体であった。
 その後、ハリケーンが就役するよ うになると、当機は順次これと交代していったが、第二次大戦勃発後も一部の機体は訓練任務などに従事 していた。また、海外にも多数(総生産機の半数以上)が輸出されており、ユーゴスラビア軍の機体や 南アフリカ軍の機体は、ドイツやイタリアといった枢軸軍の戦闘機と果敢に戦っている。
 なお、第二次大戦中に開発され、大戦末期に完成した同名 の機体があるが、これ と混同しないよう注意が必要である。

機体詳細データ(フュアリMk.II)
全長 8.15m全高 3.10m
全幅 9.14m翼面積23.41m2
自重1,240kg最大重量1,600kg
最高速度360km/h(高度5,030m)上昇限度9,000m
航続距離 440km巡航速度不明
発動機ロールスロイス「ケストレル」IV 液冷V型12気筒 640馬力×1基
乗員数 1名総生産機数262機
武装7.7mm機銃×2(前方固定)、翼下に軽爆弾搭載可能
主要タイプ Hornet:ハート軽爆撃機を基本にした単座戦闘機原型。RR社製F IXエンジン(480hp)搭載
Fury Mk.I:初期生産型。ケストレルIISエンジン(525hp)搭載
諸外国輸出型:Mk.Iにアームストロング・シドリ・パンサー、ブリストル・マーキュリー、イスパノスイザ
       12NBまたは12X、ロレーヌ・ペトレル、P&Wホーネット等のエンジンを積んでいた
Intermediate Fury:仕様書F7/30に基づく中間フュアリと呼ばれる原型。ケストレルVIエンジン(640hp)搭載
High Speed Fury:仕様書F14/32に基づく高速フュアリと呼ばれる原型。中間フュアリを空力的に洗練した
Fury Mk.II:後期生産型。ケストレルVIエンジン搭載。速度は向上したが航続距離は短くなった