イエルモラエフ Er−2爆撃機

Ermolaev Er-2(Yermolayev Yer-2)
Ермолаев Ер-2


ソビエト赤軍

Er-2
Er−2(ACh-30B搭載型)

 1930年代にソビエトの航空機技師イエルモラエフ(イエルモレイエフやイエルモライエフと読む 場合もある。LC翻字表記でも上掲表題のように二種類が存在する)が開発(正確には開発陣に設計主 任として参加)した長距離輸送機Stal−7(Сталь-7)の長距離航続力 が優秀だったため、Stal−7をベースにした長距離爆撃機の開発がイエルモラエフに対して指示された。
 イエルモラエフはStal−7と同様逆ガル式の主翼を持つ機体を設計した。逆ガル翼は双発爆撃機に 採用されることは珍しいが、イエルモラエフは主脚柱を短くし強度を高めるため採用したと思われる。当 時のソビエト爆撃機として標準的なスタイル(細長い円筒形胴体、双垂直尾翼)をしていたものの、目立 つ逆ガル主翼や機体左側に寄せられた操縦席、細長いエンジンカウリングなどにより非常に奇抜なイメー ジを抱かせる機体に仕上がっている(上掲写真のように真横から見ると、そう奇抜な印象は感じないが)。
 当機は1トンの爆弾を搭載して約五千キロもの航続力を発揮でき、当時ソビエトが保有する爆撃機の中 では最も長距離飛行に適した爆撃機だったため、独ソ戦が始まるとソビエト政府は試験中だった当機を即 時採用し量産命令が出された。
 部隊配備された当機は近距離の戦術爆撃からベルリンへの戦略爆撃まで幅広い任務に従事しているが、 搭載エンジンに適当なものが無く(量産命令後も幾つかのエンジンを搭載して試験を繰り返しており、 最終的にACh−30系のディーゼルエンジンがベストマッチであると結論が出た)、また大戦後半に なるとソビエトの戦略爆撃思想が双発機から4発機へシフトしたこと、またソビエト軍の反攻により長 距離を飛行せずともドイツ領内の爆撃が可能になったことなどから、当機に対する当局の感心が薄れ、 320機程度(460機程度という説もある)で生産は修了した。

機体詳細データ(Ep−2M−105)
全長16.23m全高 4.82m
全幅21.65m翼面積72.10m2
自重不明最大重量12,000kg
最高速度395km/h上昇限度7,700m
航続距離4,100km(爆弾2t搭載)巡航速度390km/h
発動機クリモフ M-105 液冷V型12気筒 1,100馬力×2基
乗員数 3名総生産機数320機程度
武装7.62mm機銃×2、12.7mm機銃×1、爆弾3,000kg搭載可能
機体詳細データ(Ep−2ACh−30B)
全長16.65m全高 4.82m
全幅23.01m翼面積79.10m2
自重10,820kg最大重量14,825kg
最高速度415km/h上昇限度7,500m
航続距離5,300km(爆弾3t搭載)巡航速度330km/h
発動機シャロムスキー ACh-30B ディーゼルエンジン 1,500馬力×2基
乗員数 5名総生産機数(上記参照)
武装12.7mm機銃×2、20mm機関砲×1、爆弾最大5,000kg搭載可能
主要タイプ DB-240:開発当初の当機名称。途中でEr-2へ呼称変更となった
Er-2M-105:クリモフM-105エンジンを搭載した最初の生産型
Er-2AM-37:ミクーリンAM-37エンジン(1,400ho)を搭載した機体の呼称。当機をEr-4とする資料もある
        他にAM-35(1,200hp)やAM-40F(1,500hp)搭載型などもテストされた
Er-2ACh-30B:シャロムスキーACh-30Bディーゼルエンジンを搭載した生産型の呼称
Er-2ACh-30BF:シャロムスキーACh-30BFディーゼルエンジンを搭載した機体の呼称。当機をEr-4とする資料もある
Er-2ON:非武装の汎用輸送機型。兵員9名搭載可能。ONは特殊汎用(ОН/особого назначения)の略