ドルニエ Do17/Do215爆撃機

Dornier Do17 / Do215

ドイツ空軍 他

Do17Z-2
ドイツ空軍第53爆撃航空団のDo17Z−2

 1930年代中頃、ドイツのドルニエ社は『民間用高速郵便輸送機』の触れ込みで新型機を開発し ていた。この建前上は『民間輸送機』の原型が完成すると英国やフランスなどの周辺諸国は相当な不 安を抱いた。その原型機は簡単に軍用(それも爆撃機)へ転用できそうだったからである。この原型 機こそ後に『空飛ぶエンピツ』とあだ名を付けられたDo17原型機であった。
 高速性を発揮させるため極限まで絞られた胴体は乗客輸送には向かなかったが、主翼が肩翼配置で あったため胴体中央に爆弾倉を装備することは簡単で、1935年に秘密裏に製作された爆撃機型原 型(V4)は当時就役中の各国主力戦闘機よりも速く飛ぶことができた(このため生産型の設計時に は速度優勢による防御兵装不要論も出たが結局防御兵装は搭載された)。
 1936年から生産に入った最初の量産型E型はスペイン内乱でコンドル兵団の爆撃機として初陣 を踏んだが、スペイン上空の空中戦ではソビエト製戦闘機 ポリカルポフ−16に苦しめられたた め防御兵装が改良されたZ型登場の引き金となった。
 第二次大戦の開戦時点では改良型であるDo217系列 の機体が配備されつつあったが、一部の機体は東部戦線や地中海沿岸でまだ現役であったし、ユーゴ スラビア軍所属機(ドイツがユーゴスラビアに侵攻した際にクロアチア傀儡政権に移管したが少数機 がアフリカ方面へ亡命し英軍機として使用された)やフィンランド軍所属機(ゲーリングが贈ったも ので対ソ戦に活躍した)も大戦で使用されている。
 Do17Z型の輸出モデルとして液冷のDB601エンジンを搭載した機体が1939年に製作さ れ、Do215の呼称が与えられた。高性能液冷エンジンが搭載され、またエンジンカウルも空力学 的に洗練されたので、最高速度や航続距離が上昇しZ型よりも優秀な機体となったため発注元のスウ ェーデンに輸出することは禁じられ、ドイツ空軍向けへ割り振られることとなった。また自国向けの 偵察機型としてB−4型や夜戦型のB−5型も製造が行われている。

機体詳細データ(Do17Z−2)
全長15.80m全高4.55m
全幅18.00m翼面積55.00m2
自重5,210kg最大重量8,590kg
最高速度410km/h(高度1,220m)上昇限度8,200m
航続距離1,160km巡航速度300km/h
発動機ブラモ 323Pファフニール 空冷星形複列14気筒 1,000馬力×2基
乗員数4名総生産機数1,994機(Do17生産型のみ)
武装7.92mm機銃×7(最大8)、1,000kgまでの爆弾
機体詳細データ(Do215B−1)
全長15.80m全高4.56m
全幅18.00m翼面積55.00m2
自重5,780kg最大重量8,800kg
最高速度470km/h(高度4,000m)上昇限度9,000m
航続距離2,450km巡航速度不明
発動機ダイムラーベンツ DB601Ba 液冷V型12気筒 1,175馬力×2基
乗員数4名総生産機数100機前後(Do215)
武装7.92mm機銃×4、1,000kgまでの爆弾
主要タイプ Do17V1〜V3:高速郵便機原型。1934年11月初飛行
Do17V4:爆撃機型原型
Do17E-1:最初の生産型。BMW VIエンジン(750hp)搭載。爆弾500kg搭載(399機)
Do17F-1:E型をベースに燃料容量を拡大、カメラ2台搭載した偵察型(178機)
Do17K:ユーゴスラビア向け機体。Do17Mに似る。グノームローヌ14Nエンジン。Ka-1〜Ka-3型がある
Do17L-0:ブラモ323A-1エンジン(900hp)搭載の先導機型提案
Do17M-1:ブラモ323A-1エンジン搭載の改良型。機銃×3、爆弾1,000kg搭載(200機)
Do17R-0:エンジンテストベッド機。DB600GやDB601Aエンジンを搭載
Do17P-1:M型ベースの写真偵察機。BMW132Nエンジン(875hp)搭載、カメラ2台(330機)
Do17S-0:DB600Gエンジン(950hp)搭載の高速偵察機型。生産は少数
Do17U-1:5座先導爆撃機型。レーダーを搭載、ブラモ323A-1エンジン(15機)
Do17Z-0:改良型。ブラモ323A-1エンジン。機銃×3、爆弾1,000kg
Do17Z-1:Z-0型の防御武装強化型。馬力不足のため爆弾搭載量は500kgに減(113機)
Do17Z-2:ブラモ323P(1,000hp)搭載の出力強化型。爆弾1,000kg、8丁までの機銃(382機)
Do17Z-3:Z-2型ベースの写真偵察機。カメラ2台搭載(368機)
Do17Z-4:複操縦装置付きの転換練習機型
Do17Z-5:Z-2型ベースの海洋偵察機。胴体に不時着水用浮き袋を装備
Do17Z-7:カウツ(Kauz)Iと呼ばれる長距離侵入/夜間戦闘機型。Ju88C-2と同型の機首を持つ
Do17Z-10:カウツIIと呼ばれる夜間戦闘機型。新設計の機首。20mm機関砲×4(9機)
Do215A-1:輸出用のDo17Z。スウェーデン向けだったが輸出禁止となった<18機>
Do215B-0:輸出禁止となったA-1型をドイツ軍向けに改修した機体。同様なB-1型もある
Do215B-2:爆弾倉扉をスライド式とし、カメラ3台を搭載したモデル。B-0およびB-1型改修
Do215B-3:ソビエトに輸出されたB-1型2機の機体の呼称
Do215B-4:DB601Aエンジン(1,000hp)搭載の写真偵察型。B-2型を改修。カメラ2台搭載
Do215B-5:DB601Aエンジン搭載。Do17Z-10と同様の機首を持つ夜間戦闘機型。カウツIIIとも呼称<20機>