このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

デ・ハビランド DH84輸送/練習機

de Havilland DH84 "Dragon"

英国空軍 他

DH84M
オーストラリアの記章をつけたDH84輸送機

 1930年代初頭にデ・ハビランド社が民間向けに製作した単発機DH83”フォックス・モス”は 成功作だった。主要使用者である英ヒルマン航空(Hillman's Airways)は同機を拡大した双発機を要求 し、デ・ハビランド社はDH83の機体を流用した双発機DH84を完成させた。同機の愛称は”ドラ ゴン・モス”と予定されていたが、原型機には”ドラゴン”としか記入されておらず、以降この名称が 定着した。
 第二次大戦前にDH84は後継機DH89の完成により製造終了しているが、戦争が始まると空軍の 輸送/航法練習機としての需要が高まったため、オーストラリアのバンクスタウンにある工場で再生産 が行われ、大戦中英国空軍やオーストラリア空軍で使用された。
 また少数が輸出用として製作されており、デンマークやイラク、ポルトガル向けには自衛用火器や小 爆弾を搭載できるよう改良された軍用モデルが輸出された。

機体詳細データ(DH84”ドラゴン1”)
全長10.52m全高 3.07m
全幅14.43m翼面積34.93m2
自重1,043kg最大重量1,905kg
最高速度167km/h上昇限度3,800m
航続距離830km巡航速度不明
発動機デ・ハビランド「ジプシー・メジャー」空冷直列4気筒 130馬力×2基
乗員数1名+乗客6〜10名総生産機数202機
武装武装なし(M型は自衛用火器(7.7mm機銃)×2、20lb(9kg)小爆弾×20搭載可能)
主要タイプ DH.84 Dragon1:民間向け輸送機の初期型。開戦後は軍に徴発された機体も多い
DH.84 Dragon2:改良型。主脚に成形カバーがついた
DH.84M Dragon:輸出向け軍用モデル。自衛用火器と小爆弾を搭載可能