ヌーアダイン ノースマン/C−64汎用機

Noorduyn Norseman / C-64 "Norseman"

合衆国陸軍航空隊 他

Norseman VI
カナダ空軍のノースマンVI(スキー降着装置装備)

 1930年代半ばにカナダのヌーアダイン社が開発した機体。民間向けのブッシュ・プレーン (bush plane:未開地への探検・輸送に使用する汎用機のこと)として設計された。どんな状況 の地形にも対応できるよう、降着装置は頑丈な固定脚だけでなく、スキー式や双フロート式に簡 単に交換でき、主翼は荷物の積み卸しを容易にし下方視界を確保するための高翼配置とされてい る。
 第二次大戦が始まるとヌーアダイン社はカナダ空軍とアメリカ陸軍から大量の発注を受けるこ とになった。まずカナダ空軍が操縦士養成のために当機の調達を開始、米陸軍もアラスカやグリー ンランド方面で使用するため当機の評価を行い、C−64A(後にUC−64Aと改称)の名称 で制式採用した。
 ヌーアダイン社は小さいメーカーだったので戦時需要に対応しきれない危険性があったため、 米陸軍では当機の(600機もの)ライセンス生産をエアロンカ社に行わせる計画もあったが、 これは実現しなかった(ヌーアダイン社は戦時需要をなんとか乗り切った)。
 戦争終結により軍の受注はなくなったが、民間向けに細々と生産が続けられ、1959年(こ の頃にはヌーアダイン社は航空機製造から手を引き、当機の生産は新会社に引き継がれていた) に生産は修了した。現在も少数機が民間機として使用されている。

機体詳細データ(ヌーアダインMk.VI:性能は固定脚装備時)
全長 9.75m全高 3.12m
全幅15.70m翼面積30.19m2
自重2,123kg最大重量3,357kg
最高速度261km/h上昇限度5,180m
航続距離1,851km巡航速度227km/h
発動機プラット&ホイットニー R-1340-AN-1「ワスプ」空冷星形9気筒 600馬力×1基
乗員数乗員2名+乗客8名総生産機数904機(民間型含む)
武装武装なし
主要タイプ
(軍用のみ)
Norseman Mk.IV W:カナダ空軍が航法・無線練習機として調達した機体の呼称(38機)
Norseman VI:カナダ空軍が追加発注した機体の呼称。汎用機(43機)
YC-64A:米陸軍が審査のため調達した機体(Norseman IV)の米軍呼称(7機)
C-64A:米陸軍が汎用機として調達した機体の呼称。後にUC-64Aと改称(749機)
JA-1:C-64Aの米海軍呼称(陸軍から3機移管)
C-64B:双フロート水上機型の米陸軍呼称(6機)