ファルナー・ヴェルケ(F+W)(EKW) C−36攻撃機

Farner Werke(Eidgenoessische Konstruktionswerkstaette) C-36

スイス空軍

C3603
スイス空軍のC3603

 スイス国営製作所(EKW)が設計した戦闘爆撃機。永世中立を宣言しているスイスであるが周辺諸国が 戦争に向かっていた情勢から1939年に空中戦闘、爆撃、対地攻撃を行える多用途機として開発された。
 国営製作所は最初に固定脚のC−3602を2機製作したが、すでに固定脚機は時代遅れとなっていたた め、改良型として引き込み脚に改めたC−3603が製作され、これがスイス空軍に制式採用となった。量 産機はファルナー・ヴェルケ社(通常はF+Wと略記される)で製造された。1942年頃から部隊配備が 開始され、D−3800/3801戦 闘機と共に防空任務に従事し、領空侵犯した独軍機の追撃などを行った。
 1944年末にエンジンを換装したC−3604も開発されたが、すぐに大戦終結となったため少数機が 製造されたのみに終わっている。戦後C−3603のエンジンをターボプロップに置き換える改修を施した C−3605と呼ばれる機体は、1980年代までスイス空軍で標的曳航機として使用されている。

機体詳細データ(C−3603)
全長10.21m全高 4.09m
全幅13.69m翼面積28.70m2
自重2,315kg最大重量3,590kg
最高速度476km/h上昇限度9,997m
航続距離680km巡航速度430km/h
発動機イスパノスイザ HS-51 12Y 液冷V型12気筒 1,000馬力×1基
乗員数 2名総生産機数175機
武装7.5mm機銃×4、20mm機関砲×1、400kgまでの爆弾
機体詳細データ(C−3605)
全長12.40m全高 4.06m
全幅13.74m翼面積28.70m2
自重2,634kg最大重量3,716kg
最高速度432km/h上昇限度9,997m
航続距離980km巡航速度350km/h
発動機アブコ・ライカミング T53-L-7 ターボプロップ 1,100馬力相当×1基
乗員数 2名総生産機数(上記参照)
武装武装なし
主要タイプ C-3602:原型機。固定脚(2機)
C-3603:生産前機。引き込み脚(10機)
C-3603-1:生産型。C-3603に準ずる(148機)
C-3603-1TR:複操縦装置搭載の転換訓練機型(2機)
C-3604:エンジンをゾウラーYS-2(液冷V型12気筒1,250hp)に変更した出力強化型(13機)
C-3605:C-3603-1をターボプロップ化、非武装化した標的曳航機(24機改修)