ボーイング C−98クリッパー輸送飛行艇

Boeing C-98 Clipper

合衆国陸軍航空隊(合衆国海軍航空隊)

C-98
ボーイングC−98輸送飛行艇(民間機時代?)

 1930年代半ば、新たな大西洋横断航路を開拓するためパン・アメリカン航空が出した機体仕様 書に応えて開発された大型飛行艇。4つに分かれた客室に全部で74名までの乗客を搭乗させること ができる機体で、正規の定期便路線に就航した飛行艇としては世界最大サイズのものであった。
 全部で12機が製造されたが、パン・アメリカン航空に就航したのは9機で、3機はBOAC (British Overseas Airways Corporation:英国海外航空)に売却されている。1942年になって パン・アメリカン航空機のうち4機が米陸軍航空隊に徴用されC−98の名称が与えられた。しかし 陸軍では大型飛行艇を使用する状況があまり無かったため1機は返還され、3機は海軍航空隊に移さ れた(海軍でも直接パン・アメリカン航空から2機を徴用していたため計5機が海軍に在籍すること となった)。
 海軍では長距離の人員輸送などの任務に従事させているが、当機の運航はパン・アメリカン航空か らの出向者が乗務し、機体にも民間登録記号が残されたままであった。大戦末期になってパン・アメ リカン航空に機体が返還されたが、1946年には定期路線での運航も終了し中古機体はアメリカン・ チャーター航空に売却されている。

機体詳細データ(C−98(モデル314A))
全長32.31m全高 8.41m
全幅46.33m翼面積266.34m2
自重22,801kg最大重量37,421kg
最高速度311km/h(高度3,050m)上昇限度4,085m
航続距離5,633km巡航速度295km/h
発動機ライトR-2600「サイクロン」空冷星形複列14気筒 1,600馬力×4基
乗員数乗員10名+客席74総生産機数12機
武装武装なし
主要タイプ Model 314:初期生産型の社内呼称。R-2600エンジン(1,500hp)搭載(6機)
Model 314A:後期生産型の社内呼称。出力強化型(1,600hp)エンジン搭載(6機)
C-98:徴用されたModel314/314Aの軍呼称