ブローム&フォス Bv144輸送機

Blohm und Voss Bv144

ドイツ空軍 他

Bv144
自由フランス空軍の記章をつけたBv144原型機(Bv144V1)

 ドイツのルフトハンザ航空社[Deutsche Luft Hansa Aktiengesellschaft]の依頼でブローム&フォス社が 開発した短中距離路線向けの旅客輸送機。1940年に開発依頼が行われ、ブローム&フォス社とドイツ空 軍はドイツが侵攻・占領したフランス国内の航空産業を利用して試作機製作を行った。
 機体は全金属構造の高翼単葉双発機で、3名の乗員と20名前後の乗客を輸送できるものであった。特筆 すべき機構として、主翼桁を軸に主翼の取り付け角を変動させる装置があり、主翼を最大9度の迎え角にす ることが可能となっていた。この機構により当機の短距離離着陸能力は高められている。
 原型1号機は1944年8月に初飛行した。開発依頼から完成まで結構期間がかかっているが、これは民 間旅客機の開発は軍用機開発よりも優先順位が低かったことや、フランス産業界全体に蔓延していた占領国 に対するサボタージュの影響と思われる。
 しかし、初飛行直後に連合軍の反攻によりドイツ軍はフランスから撤退したため、原型機はフランス国内 に放置されたままとなった。フランス解放後、自由フランス軍の手に落ちた原型機は、自由フランス軍のマー キングが施されたものの、重要な任務に使用されることなく終わっている。

機体詳細データ(Bv144(一部計画値))
全長21.80m全高 5.10m
全幅27.00m翼面積89.40m2
自重9,910kg最大重量14,100kg
最高速度470km/h上昇限度8,600m
航続距離1,440km巡航速度不明
発動機BMW 801MA 空冷星形複列14気筒 1,580馬力×2基
乗員数乗員3名+乗客18〜23名総生産機数 1機
武装武装なし
主要タイプ Bv144V1:原型1号機の呼称