ビーチ UC−43トラベラー連絡機

Beech UC-43 "Traveler"

合衆国陸軍航空隊 他

UC-43
米陸軍のUC−43(National Museum of the U.S.A.F.所蔵)

 アメリカの小型飛行機メーカーを代表するビーチ社の出世作となったビーチ・モデル17の 軍用モデル。第一次大戦が終わり、軍を退役した操縦士達がエアショーやエアタクシーなどの 事業を興し始めた1920年代に航空機製造を始めたウォルター・ビーチ[Walter H. Beech]が、 1932年に設立したビーチ・エアクラフト社の最初に世に送り出した機体である。
 広く市場に受け入れられる機体ではなく、『玄人』向けの機体であったが、前述のように経 験豊富な操縦士が大勢いたおかげと、当機原型が出した驚くべき速度記録、それに特徴的な段 違い複葉主翼(ビーチ社では「スタッガーウィング」の愛称をモデル17に付けた)によりセー ルスに成功した(34年に引込脚を装備したモデルB17Lにより、更に売り上げは延びた)。
 軍用モデルとしてはスペイン内戦や日中戦争で少数機が使用されており、また第二次大戦が 近づいた1938年に米陸軍は3機のモデルD17Sを購入し、YC−43の名称で運用評価 を行い、41年にUC−43として量産型の発注を行った。米海軍も39年に1機を購入して いる。しかし対日戦勃発により多数の機体が必要になったとき、陸海軍は民間市場にあった多 数のモデル17を軍用として徴発し、また軍としても200機以上の発注を行っている。
 レンドリース法により英海軍にも当機が送られ、英海軍はトラベラーの名称で使用した(そ の後米軍もその名称を愛称として使用するようになった)。

機体詳細データ(モデルD17S(UC−43B))
全長 8.18m全高 2.44m
全幅 9.75m翼面積27.55m2
自重1,150kg最大重量1,930kg
最高速度341km/h上昇限度7,600m
航続距離1,078km巡航速度325km/h
発動機プラット&ホイットニー R-985-AN-1「ワスプジュニア」空冷星形9気筒 450馬力×1基
乗員数1名+乗客3名総生産機数450機(軍用製造のみ)
武装武装なし
主要タイプ YC-43:評価用に米陸軍が購入したモデルD17Sの米陸軍呼称
UC-43A:モデルD17R(ライトR-975エンジン(420hp)搭載)の米陸軍呼称
UC-43B:モデルD17S(P&WR-985-ANエンジン(450hp)搭載)の米陸軍呼称。軍発注機も当モデル
UC-43C:モデルF17D(ジェイコブスL-6エンジン(330hp)搭載)の米陸軍呼称
UC-43D:モデルE17B(ジェイコブスL-5エンジン(285hp)搭載)の米陸軍呼称
UC-43E:モデルC17R(ライトR-975エンジン搭載)の米陸軍呼称
UC-43F:モデルD17A(ライトR-760エンジン(350hp)搭載)の米陸軍呼称
UC-43G:モデルC17B(ジェイコブスL-5エンジン搭載)の米陸軍呼称
UC-43H:モデルB17R(ライトR-975エンジン搭載)の米陸軍呼称
UC-43J:モデルC17L(ジェイコブスL-4エンジン(225hp)搭載)の米陸軍呼称
UC-43L:モデルD17W(P&WR-985-SCエンジン(600hp)搭載)の米陸軍呼称
JB-1:評価用に米海軍が購入したモデルC17Rの米海軍呼称
GB-1:米海軍が購入したモデルD17相当の機体および徴発した民間機に付けられた米海軍呼称
GB-2:戦時に調達した機体の米海軍呼称
Traveller Mk.I:英海軍へ貸与されたGB-2の英海軍呼称(名称の綴りは米語よりも「l」が一つ多い)