アエロ A.304偵察爆撃機

Aero A.304

チェコスロバキア空軍 他

A.304
チェコスロバキア空軍のA.304

 チェコスロバキアのアエロ社が1936年に完成させた8座旅客機A.204を改修した偵察 爆撃機。ちなみにA.204旅客機は国営チェコスロバキア航空社(ČSA:České aerolinie)の国内路線 用として開発されたものだが、原型機が期待した性能を発揮できなかったためČSAはイギ リス製のエンボイ旅客機(リ ンク先は軍用型の項)を輸入して就航させている。
 A.204のセールスに失敗したアエロ社では、防御銃座や機首爆撃手席、爆弾懸吊架などを 盛り込んだ軍用型へ改設計を行い、A.304と名付けられた軍用型は1937年に初飛行に成 功、チェコスロバキア空軍から発注を受けることができた。
 鋼管溶接布張りの胴体・低翼単葉の木製主翼の機体にヴァルター社の7気筒エンジンを2基搭 載した当機を、チェコ空軍は爆撃だけでなく偵察や輸送にも使用できる多用途機として導入を行 った。
 第二次大戦が始まりドイツ軍が侵攻・占領した後は全機が接収され、沿岸部の哨戒飛行に使用 されている。また少数機がブルガリアに送られ、ブルガリア軍では「ペリカン」の名称で輸送任 務などに使用された。

機体詳細データ(A.304)
全長13.20m全高 3.40m
全幅19.20m翼面積46.00m2
自重3,000kg最大重量4,355kg
最高速度325km/h(高度1,750m)上昇限度6,300m
航続距離1,200km巡航速度290km/h
発動機ヴァルター「スーパー・カストール」I-MR 空冷星形7気筒 320馬力×2基
乗員数 3名総生産機数19機(15機説あり)
武装7.92mm機銃×3(前方固定1、背部・腹部各1)、爆弾300kg搭載
主要タイプ A.204:原型となった旅客機型。量産されず
A.304:偵察爆撃機型(19機)
A.404:ヴァルター・サジッタI-SRエンジン(500hp)搭載の出力強化型。計画のみ
Pelikan:ブルガリア空軍での当機の呼称