[ま]
[み] [む] [め] [も]

マスト (mast)
 元々は帆船の帆柱を指す言葉。動力化された近代・現代艦船では旗やレーダー・無線のアンテナ等を掲げるために高くしてある塔状の構造物を指す。背が高い構造物であるため見張所や戦闘艦橋(檣楼)が設けられることもある
マック (mac)
 マスト(Mast)と煙突(Chimney)を一体化させた形式の艦上構造物。ボイラーではなくディーゼルやガスタービンなど煤煙が少ない機関を使用するようになった現代艦艇で採用されるようになった形状
マッド (MAD)
 Magnetic Anomaly Detecterの略。磁気異常探知機。対潜哨戒機の尾部などに装備されており、潜航した潜水艦による地磁気の乱れや異常分布を検出探知する装置。捜索距離は数百メートル程度と言われているため、対潜哨戒機の作戦高度はかなり海面に近い。



[ま] [み] [む] [め] [も]

ミサイル (missile)
 ロケットエンジンやジェットエンジンにより飛翔し目標を狙う兵器。攻撃・破壊対象となる目標によって対地、対艦、対空、対戦車、対レーダーなど多種雑多な種類があり、弾頭の種類も多種多様である。飛翔距離も近接(数キロメートル)のものから長距離(数千キロメートル)のものまである。
 黎明期には無誘導だったためロケット兵器と区別が付かないものであったが、現代では目標に向かって誘導されるものをミサイル、無誘導(終末誘導を除く)のものをロケットと区別しているようだ。ただしロシア語ではミサイルも「ロケット(ラケータ)」と呼んでいる。⇒ロケット
ミル (mill)
 角度を表す単位のひとつ。円周(360度)を6,400分割した単位で、1/6,400度(0.05625度)=1ミルとなる



[ま] [み] [む] [め] [も]

無人機 (Remotely Piloted Vehicle)
 RPVと略される。無線操縦またはプログラミングされた自動操縦によって飛行する無人の小型航空機の総称。詳細はRPVの項を参照。⇒ドローン



[ま] [み] [む] [め] [も]

メィ・ディ (MayDay)
 航空機や船舶の緊急事態を知らせる場合に使用する国際通信略語
メガトン (megaton)
 爆発力を示す単位。1メガトン=TNT火薬100万トンの爆発により生ずる力(衝撃波等)に等しい爆発力、を指す。通常は核爆弾などの高エネルギー兵器の威力を示す単位として使用される



[ま] [み] [む] [め] [も]

モックアップ (mock up)
 航空機や装甲車両などの試作段階で製作される実物大模型のこと。装備品の配置や各部動作の干渉、整備性・操縦室レイアウト・機内(車内)レイアウトなどの検討や確認を行うために重要な役割を果たす