Keyのミリタリーなラヂヲ

「記念すべき第1回放送なのです☆」



(ちゃらっちゃっちゃっちゃ〜、ずんどこずんどこ〜)<テーマ・ミュージック
『はいっ、こんにちはですっ☆。今日から始まりました【Keyのミリタリーなラヂヲ】。パーソナリティを務めさせていただく「紀伊」ちゃんです!よろしくなのです☆』
「で、オレが製作者兼プロデューサーのKeyだ。よろしくな」
『にゅにゅ〜?プロデューサーって日本語に訳すと【製作者】って意味じゃないんですかぁ?もしかしてKeyのお兄さんって英語苦手なんじゃないですか?』
「そ、そ、そんなことはないぞっ!( ̄□ ̄;)。製作者と銘打ったのはHPの製作者であるからで、プロデューサーとはこのラジオ番組のだなぁ…」
『はいはいです。言い訳を始めると長くなるから、もう判ったですよ。判りましたから何も言わなくて良いですぅ』
「うぐぅ。立場なしじゃん…」
『えっとですね、この番組は【T−Keyのミリタリーなページ】というインターネットサイトを紹介する番組なんですけど、ラジオをお聞きのみなさんは、このサイトをご存じですかぁ?』
「知らないヤツが、こんな番組を聞いてるわけないだろ…」
『お兄さん。何か言ったですか?』
「い、いいいえっ!何も言ってませんですっ!」
『ならいいですけど、本番中だから独り言は慎むですよ。もう、いくつになっても子供なんだからダメダメちゃんなのですよ』
「ひでぇ言われようだな…」
『はい、ではサイトの紹介番組ですから、インターネットの話題に切り替えるですよ☆。まず、みなさんのご質問に答えることでサイト製作者であるKeyのお兄さんと管理娘「紀伊」ちゃんのことをみなさんに知ってもらうですよ』
「ご質問?」
『まず、記念すべき最初のご質問のお手紙は…』
「ちょっと待てぇっ!なんで、第一回目の放送なのにリスナーから手紙が届いてるんだっ!?」
『にゃ?お兄さんは変なこと言うですねぇ。視聴者参加型のラジオ番組にはリスナーさんからのお手紙が付き物じゃないですか?お手紙が無いと先に進まないですよ。』
「変?オレが変なのか??…」
『では、気を取り直してお葉書に行くです。最初のご質問は…』
「紀伊」ちゃんは、何歳なのですか?(東京都:26歳:男性)他多数のみなさん
『はいです☆。まず「紀伊」ちゃんへのご質問です。「紀伊」ちゃんは17歳なのです。セーラー服の似合う女子高生をやっているですよ☆どこの学校に行ってるかはナイショなのです。…それでは次の葉書は…』
「紀伊」ちゃんの趣味はなんですか?(岩手県:22歳:男性)
『はいはい☆。また「紀伊」ちゃんへのご質問なのですよ。趣味って言われても特に無いのです。しいて言うなら掲示板を管理することとKeyのお兄さんを働かせてHPの更新をさせることですっ☆。…はい、次の葉書は…』
「紀伊」ちゃんって、話し方が変わってま…
「ぐわっ!「紀伊」ちゃんへの質問ばっかりじゃんかっ!オレへの質問は無いのかっ!?」
『「紀伊」ちゃんへの質問の方が多かったから、先に片づけようと思ってたですよ。Keyのお兄さんへの質問もちょびっとだけあるですよ。心配ご無用なのです☆』
「えぇ〜、ヤダヤダっ!元はオレが作ったサイトなんだからボクチンの紹介が先だぁ〜」
『にゃぁ〜。だだっ子状態になっちゃったですよ。こうなると手に負えないですから、先にKeyのお兄さんへの質問にお答えするですよ〜』
Keyってヤツは「紀伊」ちゃんに馴れ馴れしすぎるぞ。コロスぞオマエ(山口県:19歳:男性)
「って!質問じゃないじゃんっ!こりゃ脅迫状?「紀伊」ちゃんのストーカーかな?」
『えへへ、人気者はつらいですよ。こんな熱烈なファンがいて「紀伊」ちゃんはウレシイですよ』(=^・^=)
「ウレシがってていいのか?………う〜、ボクチンへの質問じゃないぃぃぃ〜」(ゴロゴロゴロ)
『あぁっ、スタジオ内で転がらないでくださいですっ。それでなくてもKeyのお兄さんは体積が大きくてジャマなんですから。はいはい、じゃ次の質問に行くですよ』
Keyさんって、どんな方なんですか。あのステキな声を聞くだけで、あぁもう私は…(和歌山県:女性)
「にゅふふふ。これこれ、こんな葉書を待ってたんだよ。ではお答えしましょうっ!年齢は30前後、本職は地方公務員、体脂肪率は職場で最高値をマーク、最近抜け毛が多くてちょっとブルーなナイスガイ。それがオレのことさっ。ヽ(´ー`)ノ…お嬢さん、こんな答えで良いかな(キラッ)」
『にゅにゅ。ラジオで歯を光らせても見えないですよ。あ、今の葉書ですけど55歳の主婦の方からでしたです。もう、Keyのお兄さんってマダムキラーなんですから〜』
(T-T)(T-T)「なぜか就職したばかっかりの当時から職場のオバチャン達にだけは人気があったもんなぁ…(ぐすっ)…次の質問は?」
『Keyのお兄さんへの葉書は今回はこれだけなのですっ☆』
「なにっ!じゃあ、その葉書の山はなんだっ!!」
『これは全部「紀伊」ちゃんへの質問とファンレターなのですよ☆☆!』
「……………」
『それじゃ、「紀伊」ちゃんへのご質問を続けるですぅ〜』
(プチッ!)「うがぁぁっ!」
(ドンガラガッシャーン!ドッカーン)
『にゃにゃっ!にゃあ〜っ!!Keyのお兄さんが暴れ出したですぅ〜。ああっ放送機材を壊さないで下さいですっ!それ高いんですから〜、Keyのお兄さんの安月給じゃ弁償しきれないですよぉ〜』
(ガッシャーン!メキメキッ!!)
『うにゅぅ。こうなったら仕方がないです。Keyのお兄さんを黙らせるですよ。えいっ☆』
(ボリッ!!!)「ぐはっ!!」(シ〜ン…)
『滅殺なのですよ。…あ、静かになったです。では、続いてのお葉書は………え、もう時間なんですかぁ?残念ですぅ。今日の放送はココまでなのです。次回の放送をお楽しみにですよ。それではーっ☆』
(ちゃらっちゃっちゃっちゃ〜、ずんどこずんどこ〜)<テーマ・ミュージック(フェイド・アウトする)


戻るLAST UPDATE 2000,01,08