アドロイト型 掃海艇

"Adroit" Class Minesweeper

アメリカ海軍 他 アメリカ海軍 ドミニカ海軍


USS Despite

USS Engage
(上段)掃海艇「ディスパイト」(1943年)/(下段)掃海艇「エンゲージ」(1942年)
スペックデータ
排水量:(基)295t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油49t
全長:(全)52.9m
全幅:7.06m 主機:Cooper Bessemer製GNB8ディーセル機関×2基、2軸推進
もしくはBusch-Sulzer製BS539ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:2.36m
出力:2,880〜3,540hp
武装:
50口径3inch単装砲1基、56口径40mm単装機関砲1基
(大戦中に70口径20mm4連装機関砲2基、マウストラップ対潜
爆雷投射装置、爆雷投射機、投下軌条などを追加装備した)
最大速力:16.0kt
航続距離:12ktで3,000浬
乗員定数:59〜65名

同型艦名(18隻)
アドロイト[Adroit]アドヴェント[Advent]アノーイ[Annoy]
コンフリクト[Conflict]コンスタント[Constant]デアリング[Daring]
ダッシュ[Dash]ディスパイト[Despite]ダイレクト[Direct]
ダイナミック[Dynamic]エフェクティブ[Effective]エンゲージ[Engage]
エクセル[Excel]エクスプロイト[Exploit]ファイデリティ[Fidelity]
フィアス[Fierce]ファーム[Firm]フォース[Force]

アドロイト型掃海艇について

 第二次大戦前の1938年にアメリカ海軍は、旧式化した「イーグル」型警備艇の後継として小型の沿岸用警備艇(巡視船)建造を計画した(詳細は「PC(173ft)」型の項で紹介)。1940年にプロトタイプが完成し、その運用試験中に同クラスを掃海艇にも転用することが決定し、18隻が掃海艇として完成することになった。

 基本的に「PC」型と同一の船体であるが、磁気掃海具運用のためのディーゼル発電機を搭載するなどの改造が施されている。1942年から順次竣工しているが、他の掃海艇(「オーク」型や旧式駆逐艦からの改造型など)が大量に竣工していたため、当クラスは1944年に警備艇へ戻され、船団護衛や対潜哨戒に従事することになった。
 終戦後は余剰艦艇とされ、スクラップとなったり諸外国へ譲られたりしている。


アドロイト型掃海艇の歴史
アドロイト[Adroit](AM-82 → PC-1586)
1941年 7月31日コマーシャル鉄工所[Commercial Iron Works]にて起工
1942年 2月21日進水
       7月28日竣工
      12月〜中部太平洋にて対潜哨戒や島嶼攻略支援に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1586」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1945年12月14日退役
1946年 1月 8日除籍。海事委員会[Maritime Commission]へ移管
1948年 3月18日廃船。解体処分
アドヴェント[Advent](AM-83 → PC-1587)
1941年 8月18日コマーシャル鉄工所にて起工
1942年 3月12日進水
       8月19日竣工
1943年 5月〜中部太平洋にて対潜哨戒や島嶼攻略支援に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1587」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 1月22日退役
       2月25日除籍。海事委員会へ移管
1948年 3月18日廃船。解体処分
アノーイ[Annoy](AM-84 → PC-1588)
1941年12月 3日コマーシャル鉄工所にて起工
1942年 4月 6日進水
       9月 2日竣工
      12月〜北太平洋や中部太平洋にて対潜哨戒や島嶼攻略支援に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1588」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 2月 8日退役
       3月12日除籍。海事委員会へ移管
1948年 5月 6日廃船。解体処分
コンフリクト[Conflict](AM-85 → PC-1589)
1942年 1月28日コマーシャル鉄工所にて起工
       4月18日進水
       9月 7日竣工
      12月〜本国周辺にて対潜哨戒に従事。南太平洋にて島嶼攻略支援に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1589」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 5月31日退役
       6月15日除籍。海事委員会へ移管
1947年12月 3日廃船。解体処分
コンスタント[Constant](AM-86 → PC-1590)
1942年 2月21日コマーシャル鉄工所にて起工
       5月 9日進水
       9月21日竣工
      12月〜本国周辺にて船団護衛に従事。南太平洋にて島嶼攻略支援に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1590」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 6月19日退役
1951年 3月20日再就役。訓練任務に従事
1954年10月22日退役。後に実艦標的として使用され沈没
デアリング[Daring](AM-87 → PC-1591)
1942年 3月12日コマーシャル鉄工所にて起工
       5月23日進水
      10月10日竣工
1943年 3月〜中部太平洋にて船団護衛や掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1591」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 1月22日退役
       2月25日除籍。海事委員会へ移管
1948年 3月18日廃船。解体処分
ダッシュ[Dash](AM-88 → PC-1592)
1942年 4月 6日コマーシャル鉄工所にて起工
       6月20日進水
      10月27日竣工
1943年 2月〜中部太平洋にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1592」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 5月10日退役
1947年12月19日廃船。戦時資産管理事務局[War Assets Administration]へ移管後、解体処分
ディスパイト[Despite](AM-89 → PC-1593)
1941年11月24日ドラーヴォ社[Dravo Corporation]にて起工
1942年 3月28日進水
       8月31日竣工
1943年初頭〜本国東海岸周辺にて船団護衛に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1593」と改称。北大西洋にて船団護衛等に従事
       8月〜地中海へ進出。船団護衛や対潜哨戒に従事
1945年12月17日退役
1946年 9月16日除籍。海事委員会へ移管後、売却処分
1948年〜民間船「マスタング」[Mustang]となる。以降の消息不明
ダイレクト[Direct](AM-90 → PC-1594)
1941年12月26日ドラーヴォ社にて起工
1942年 4月25日進水
       8月31日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1594」と改称。北大西洋にて船団護衛等に従事
       8月〜地中海へ進出。船団護衛や対潜哨戒に従事
1945年11月 9日退役
      11月25日除籍
1946年 7月29日海事委員会へ移管。以降の消息不明
ダイナミック[Dynamic](AM-91 → PC-1595)
1942年 1月16日ドラーヴォ社にて起工
       5月26日進水
       9月15日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1595」と改称。北大西洋にて船団護衛等に従事
       7月〜地中海へ進出。船団護衛や対潜哨戒に従事
1945年11月19日退役
      12月 8日除籍
1946年10月21日海事委員会へ移管。以降の消息不明
エフェクティブ[Effective](AM-92 → PC-1596)
1942年 1月 9日ドラーヴォ社にて起工
       6月13日進水
      10月 1日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1596」と改称。北大西洋にて船団護衛等に従事
       8月〜地中海へ進出。船団護衛や対潜哨戒に従事
1945年11月 9日退役
      11月28日除籍
1946年 7月30日海事委員会へ移管。部品取り用として売却
エンゲージ[Engage](AM-93 → PC-1597)
1941年12月26日ドラーヴォ社にて起工
       7月11日進水
      10月22日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1597」と改称。北大西洋にて船団護衛等に従事
       7月〜地中海へ進出。船団護衛や対潜哨戒に従事
1945年11月19日退役
1946年11月 8日海事委員会へ移管。ドミニカへ売却。ドミニカ海軍「シバオ」[Cibao]と改名
年月日不詳艇名を「コンスティトゥシオン」[Constitucion]と改名
1961年頃ドミニカ海軍退役。以降の消息不明
エクセル[Excel](AM-94 → PC-1598)
1941年12月19日ヤコブソン造船[Jakobson Shipyard]にて起工
1942年 5月10日進水
      12月10日竣工
1943年 1月〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1598」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 1月22日退役
1947年 6月11日廃船。戦時海運管理事務局[War Shipping Administration]へ移管後、売却処分
エクスプロイト[Exploit](AM-95 → PC-1599)
1942年 5月11日ヤコブソン造船にて起工
       9月 7日進水
1943年 2月 5日竣工
       3月〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1599」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1945年12月14日退役
1946年 1月 8日除籍
1949年 3月18日海事委員会へ移管。売却処分
ファイデリティ[Fidelity](AM-96 → PC-1600)
1941年10月15日ナッシュビル・ブリッジ社[Nashville Bridge Company]にて起工
1942年 2月28日進水
       9月 9日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1600」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1946年 4月17日除籍
1948年 6月15日海事委員会へ移管。売却処分
フィアス[Fierce](AM-97 → PC-1601 → PCC-1601)
1941年10月18日ナッシュビル・ブリッジ社にて起工
1942年 3月 5日進水
      10月12日竣工
1942年末〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1601」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1945年 8月20日管制駆潜艇へ類別変更。艇名を「PCC-1601」と改称
      12月退役
1946年 1月 8日除籍
1948年 6月15日海事委員会へ移管。売却処分
ファーム[Firm](AM-98 → PC-1602 → PCC-1602)
1941年10月21日ペン・ジャージー社[Penn-Jersey Corporation]にて起工
1942年 5月29日進水
1943年 4月10日竣工
1943年中盤〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1602」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1945年 8月20日管制駆潜艇へ類別変更。艇名を「PCC-1602」と改称
1946年 1月退役
       3月21日除籍
1948年 6月15日海事委員会へ移管。売却処分
フォース[Force](AM-99 → PC-1603)
1941年11月19日ペン・ジャージー社にて起工
1942年 9月 7日進水
1943年 6月16日竣工
1943年中盤〜本国東海岸周辺にて船団護衛や対潜哨戒、掃海に従事
1944年 6月 1日駆潜艇へ類別変更。艇名を「PC-1603」と改称。南太平洋にて船団護衛等に従事
1945年 5月26日沖縄沖にて日特攻機の体当たりを受け損傷
       6月慶良間諸島へ曳航されるが、修理は行われず放置。同月21日退役
      10月24日除籍
 船体は防波堤として使用される。1957年7月10日琉球政府へ寄贈


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,09,24