アドミラブル型 掃海艇

"Admirable" Class Minesweepers

アメリカ海軍 他 アメリカ海軍 ソビエト海軍 中華民国海軍 ドミニカ海軍 韓国海軍 メキシコ海軍 ビルマ海軍 フィリピン海軍 南ベトナム海軍


USS Candid

USS Device
(上段)掃海艇「キャンディッド」(1944年)/(下段)掃海艇「デヴァイス」(竣工直後か?)
スペックデータ
排水量:(常)825t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油140t
全長:(全)56.2m
全幅:10.1m 主機:ALCO 539型ディーゼル機関×2基、2軸推進
   (機関についてはCooper Bessemer GSB-8型等もある)
吃水:2.74m
出力:2,000hp
武装:
50口径3inch単装砲1基、56口径40mm単装もしくは連装機関砲2基、
70口径20mm単装機関砲4基、ヘッジホッグ対潜爆雷投射機1基、
爆雷搭載可能(投射機4、投下軌条2)
最大速力:15.1kt
航続距離:12ktで8,500浬
乗員定数:96名

同型艦名(148隻:うち24隻キャンセル、他艦種として竣工1隻)
アドミラブル[Admirable]アダプト[Adopt]アドヴァケート[Advocate]
エージェント[Agent]アラーム[Alarm]アルケミー[Alchemy]
エイペックス[Apex]アーケイド[Arcade]アーチ[Arch]
アーマダー[Armada]アスパイア[Aspire]アサイル[Assail]
アステュート[Astute]オーグリー[Augury]バリア[Barrier]
ボンバード[Bombard]バンド[Bond]ブイアント[Buoyant]
キャンディッド[Candid]ケイパブル[Capable]カプタヴェイト[Captivate]
キャラヴァン[Caravan]コーション[Caution]チェンジ[Change]
クラマー[Clamour]クライマックス[Climax]カンペル[Compel]
コンサイス[Concise]コントロール[Control]カウンサル[Counsel]
クラグ[Crag]クルーズ[Cruise]デフト[Deft]
デルゲート[Delegate]デンサティ[Density]デザイン[Design]
デヴァイス[Device]ディプロマ[Diploma]ディスデイン[Disdain]
ドゥーア[Dour]イーガー[Eager]イルーシヴ[Elusive]
インバトル[Embattle]インブロイル[Embroil]インハンス[Enhance]
エクアティ[Equity]イスティーム[Esteem]イヴェント[Event]
エクシキュート[Execute]ファシラティ[Facility]ファンシー[Fancy]
フィクスティ[Fixity]フレイム[Flame]フォータフィ[Fortify]
ガーランド[Garland]ゲイアティ[Gayety]ハザード[Hazard]
ヒラリティ[Hilarity]イノーグラル[Inaugural]イルーシヴ[Illusive]
インビュー[Imbue]インパーヴィアス[Impervious]インプリシット[Implicit]
インプルーヴ[Improve]インセスント[Incessant]インクレダブル[Incredible]
インディケイティヴ[Indicative]インフリクト[Inflict]インスチル[Instill]
イントリーグ[Intrigue]インヴェード[Invade]ジュバラント[Jubilant]
ネイヴ[Knave]ランス[Lance]ロジック[Logic]
ルーシド[Lucid]マグネット[Magnet]メインステイ[Mainstay]
マーヴェル[Marvel]メジャー[Measure]メソッド[Method]
マールス[Mirth]ニンブル[Nimble]ノウタブル[Notable]
ニュークリアス[Nucleus]アポナント[Opponent]パラセード[Palisade]
ペナトレイト[Penetrate]ペラル[Peril]ファントム[Phantom]
ピナクル[Pinnacle]パイレート[Pirate]ピヴォット[Pivot]
プレジュ[Pledge]プロジェクト[Project]プライム[Prime]
プラウイス[Prowess]クエスト[Quest]ランパート[Rampart]
ランサム[Ransom]リベル[Rebel]リクルート[Recruit]
リフォーム[Reform]リフレッシュ[Refresh]レイン[Reign]
リポート[Report]リプルーフ[Reproof]リスク[Risk]
ライヴァル[Rival]サガサティ[Sagacity]サルート[Salute]
ソーンター[Saunter]スカウト[Scout]スクリミジュ[Scrimmage]
スカフル[Scuffle]セントリー[Sentry]サリーン[Serene]
シェルター[Shelter]シグニト[Signet]スカーミシュ[Skirmish]
スカーリー[Scurry]スペクタクル[Spectacle]スペクター[Specter]
ストーンチ[Staunch]ストラテジー[Strategy]ストレングス[Strength]
サクセス[Success]サピリアー[Superior]アジュタント[Adjutant]
ビターン[Bittern]ブレークホーン[Breakhorn]カリアマ[Cariama]
チューカー[Chukor]クレドック[Creddock]ディーパー[Dipper]
ドッテレル[Dotterel]ドレーク[Drake]ドライヴァー[Driver]
ダンリン[Dunlin]ガドウォル[Gadwall]ゲーヴィア[Gavia]
グレイレッグ[Graylag]ハーラクイン[Harlequin]ハリアー[Harrier]
ハマー[Hummer]ジャクドー[Jackdaw]メドリック[Medrick]
ミナー[Minah] 

アドミラブル型掃海艇について

 「オーク」型の建造で掃海艇の大量生産を企図したアメリカ海軍だったが、「オーク」型の基本設計では任務に対して過大な部分があり大量生産コストが上昇するとの意見から、より低コストで建造できる掃海艇が計画された。「オーク」型よりも若干小型で簡易な構造を持ち、かつ耐航性や作業性は劣らないという要件を満たす艇として建造されたのが当クラスである。
 当クラスは、「オーク」型よりも若干小型に設計されていたが、居住性を確保するため船首楼は延長されている。また工程省力化の一環として艦橋(上部構造)は四角い箱のようなデザインとなり、煙突も省略された(後に艦中央に1本だけ煙突が設置されるようになった)

 1943年から順次竣工した当クラスの一部はソビエトへ貸与されている。米軍に就役した艇は終戦後は余剰艇とされ、諸外国へ貸供与されたものも少なくない。なお、戦争末期にソビエトへ貸与された艇は、その後の冷戦勃発によりほとんどが返還されなかった。
 ちなみに、ずんぐりとした船体となったためか「オーク」型に比べ速力に劣り、また小型化により居住性なども良くなかったのか、乗員達の評判は「オーク」型の方が高かったと言われている。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 ASB = アメリカン造船 [American Ship Building Company] ASS = 造船所連合[Associated Shipbuilders, Inc.]
 GED = ゼネラル・エンジニアリング社 [General Engineering & Dry Dock] GSB = ガルフ造船 [Gulf Shipbuilding Corporation]
 PSB = ピュージェット・サウンド・ブリッジ社 [Puget Sound Bridge] SMF = サヴァンナ造機 [Savannah Machine & Foundry]
 TMP = タンパ造船 [Tampa Shipbuilding] WIS = ウィラミット・アイアン&スティール社 [Willamette Iron & Steel ]
 WMR = ウィンズロー・マリン社 [Winslow Marine Railway & Shipbuilding] 
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
ソビエト海軍 = ソビエト中華民国海軍 = 中華民国ドミニカ海軍 = ドミニカ韓国海軍 = 大韓民国
メキシコ海軍 = メキシコビルマ海軍 = ビルマフィリピン海軍 = フィリピン南ベトナム海軍 = 南ベトナム
ベトナム海軍 = (北)ベトナムアメリカ海軍 = アメリカ  
類別等略号(略号に続く番号は艦番)
 AMc = 沿岸掃海艇 AM = (補助)掃海艇 MSF =艦隊掃海艇 PCE = 護衛警備艇
 IX = 非分類雑船 YDG = 消磁船 ADG = 消磁艇 
アドミラブル型掃海艇の歴史(艦番は掃海艇時(AM-)のもの)
艦番艦名造船所起工進水竣工備考・特記事項
136アドミラブル[Admirable]TMP'42.04.08'42.10.18'43.04.20計画時は沿岸掃海艇(AMc-113)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-136)に類別。大戦時は北太平洋、中部太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-331」(T-551説あり)。'55.02.07MSF-136。'58年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
137アダプト[Adopt]TMP'42.04.08'42.10.18'43.05.31計画時は沿岸掃海艇(AMc-114)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-137)に類別。大戦時は北太平洋、中部太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-332」(T-552説あり)。'55.02.07MSF-137。'58.01.01米海軍除籍。'60年頃ソビエト海軍退役(返還されず)
138アドヴァケート[Advocate]TMP'42.04.08'42.11.01'43.06.25計画時は沿岸掃海艇(AMc-115)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-138)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-111」
'55.02.07MSF-138。'56.06.11米国へ返還(書類上のみ)
'56年艇名を「TV-25」と改名。宿泊船として使用('56年頃に自沈処分との説あり)。'69年ソビエト海軍退役。'83.01.01米海軍除籍
139エージェント[Agent]TMP'42.04.08'42.11.01'43.07.10計画時は沿岸掃海艇(AMc-116)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-139)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-112」
'55.02.07MSF-139。'55.10.15米国へ返還(書類上のみ)
'55年艇名を「TB-21」と改名。'66年艇名を「VTR-2Y」と改名。'72年艇名を「UTS-288」と改名。'83.01.01米海軍除籍。'91年ソビエト崩壊時に放置状態となる
140アラーム[Alarm]TMP'42.04.08'42.12.07'43.08.05計画時は沿岸掃海艇(AMc-117)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-140)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-113」
'55.02.07MSF-140。'56.04.07米国へ返還(書類上のみ)
'56年艇名を「BSH-EYA」と改名。'60年頃ソビエト海軍退役。'63.01.01米海軍除籍
141アルケミー[Alchemy]TMP'42.04.08'42.12.07'43.08.11計画時は沿岸掃海艇(AMc-118)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-141)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-114」
'44.08.13カラ海にて独潜「U-365」の雷撃を受け沈没(米国への報告なし)。'55.02.07MSF-141。'83.01.01米海軍除籍
142エイペックス[Apex]TMP'42.06.08'42.12.07'43.08.17計画時は沿岸掃海艇(AMc-119)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-142)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-115」
'55.02.07MSF-142。'55.09.01米国へ返還(書類上のみ)
年月不詳艇名を「アイダー」[Аыдар(Ayder)]と改名。'61年頃ソビエト海軍退役。'83.01.01米海軍除籍
143アーケイド[Arcade]TMP'42.06.08'42.12.07'43.08.26計画時は沿岸掃海艇(AMc-120)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-143)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-116」
'44.09.05カラ海にて独潜「U-362」を撃沈
'55.02.07MSF-143。'56.07.11米国へ返還(書類上のみ)
'56年頃艇名を「TB-23」と改名。'62年艇名を「SM-7」と改名。浮き標的として使用。'63.05.04ロケット弾の試験に使用された後スクラップ。'83.01.01米海軍除籍
144アーチ[Arch]TMP'42.10.10'42.12.07'43.09.06計画時は沿岸掃海艇(AMc-121)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-144)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-117」
'55.02.07MSF-144。'55.10.15米国へ返還(書類上のみ)
'56年頃艇名を「TB-22」と改名。'66年艇名を「VTR-22」と改名。'67年ソビエト海軍退役。'83.01.01米海軍除籍
145アーマダー[Armada]TMP'42.10.18'42.12.07'43.09.16計画時は沿岸掃海艇(AMc-122)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-145)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-118」
'44.08.13カラ海にて独潜「U-365」の雷撃を受け沈没(米国への報告なし)。'55.02.07MSF-145。'83.01.01米海軍除籍
146アスパイア[Aspire]TMP'42.11.01'42.12.27'43.09.29計画時は沿岸掃海艇(AMc-123)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-146)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-119」
'55.02.07MSF-146。'66.07.11米国へ返還(書類上のみ)
年月不詳艇名を「TB-24」と改名。'66年頃艇名を「VTR-YYAO」と改名。'66年ソビエト海軍退役。'83.01.01米海軍除籍
147アサイル[Assail]TMP'42.11.01'42.12.27'43.10.05計画時は沿岸掃海艇(AMc-124)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-147)に類別。竣工と同時に貸与。ソビエト海軍「T-120」
'44.09.24カラ海にて独潜「U-739」の雷撃を受け沈没(米国への報告なし)。'55.02.07MSF-147。'83.01.01米海軍除籍
148アステュート[Astute]TMP'42.12.07'43.02.23'44.01.17計画時は沿岸掃海艇(AMc-125)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-148)に類別。大戦時は北太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-333」(T-523説あり)
'54年ソビエト海軍退役(返還されず)。'55.02.07MSF-148。'83.01.01米海軍除籍
149オーグリー[Augury]TMP'42.12.07'43.02.23'44.03.17計画時は沿岸掃海艇(AMc-126)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-149)に類別。大戦時は北太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-334」。'54年ソビエト海軍退役(返還されず)。'55.02.07MSF-149。'83.01.01米海軍除籍
150バリア[Barrier]TMP'42.12.07'43.02.23'44.05.10計画時は沿岸掃海艇(AMc-127)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-150)に類別。大戦時は北太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-335」(T-525説あり)
'55.02.07MSF-150。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
151ボンバード[Bombard]TMP'42.12.07'43.02.23'44.05.31計画時は沿岸掃海艇(AMc-128)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-151)に類別。大戦時は北太平洋にて任務に従事。'45.07.19退役。貸与。ソビエト海軍「T-336」(T-526説あり)
'55.02.07MSF-151。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
152バンド[Bond]WIS'42.04.11'42.10.21'43.08.30計画時は沿岸掃海艇(AMc-129)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-152)に類別。大戦時は北太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-285」
'55.02.07MSF-152。'56年艇名を「BRN-37」と改名。'60年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
153ブイアント[Buoyant]WIS'42.04.15'42.11.24'43.09.30計画時は沿岸掃海艇(AMc-130)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-153)に類別。大戦時は北太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.05.29退役。対外精算委員会[Foreign Liquidation Commission]へ移管され売却。中華民国海關(税関)所属艇となる(艇名および以降の消息不明)
154キャンディッド[Candid]WIS'42.04.27'42.10.14'43.10.31計画時は沿岸掃海艇(AMc-131)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-154)に類別。大戦時は北太平洋、中部太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-283」(T-594説あり)。'55.02.07MSF-154。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
155ケイパブル[Capable]WIS'42.05.12'42.10.16'43.12.05計画時は沿岸掃海艇(AMc-132)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-155)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-339」(T-595説あり)。'55.02.07MSF-155。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
156カプタヴェイト[Captivate]WIS'42.05.12'42.12.01'43.12.30計画時は沿岸掃海艇(AMc-133)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-156)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-338」(T-596説あり)。'55.02.07MSF-156。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
157キャラヴァン[Caravan]WIS'42.05.16'42.10.27'44.01.21計画時は沿岸掃海艇(AMc-134)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-157)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-337」(T-597説あり)。'55.02.07MSF-157。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
158コーション[Caution]WIS'42.05.23'42.12.07'44.02.10計画時は沿岸掃海艇(AMc-135)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-158)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'45.08.17退役。貸与。ソビエト海軍「T-284」(T-598説あり)。'55.02.07MSF-158。'56年ソビエト海軍退役(返還されず)。'83.01.01米海軍除籍
159チェンジ[Change]WIS'42.05.23'42.12.15'44.02.28計画時は沿岸掃海艇(AMc-136)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-159)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'46.07.03退役。予備役艦。'55.02.07MSF-159。'60年廃船。スクラップ
160クラマー[Clamour]WIS'42.05.26'42.12.15'44.03.14計画時は沿岸掃海艇(AMc-137)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-160)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'46.06.12退役。予備役艦。'55.02.07MSF-160。'59年廃船。スクラップ
161クライマックス[Climax]WIS'42.05.26'43.01.09'44.03.24計画時は沿岸掃海艇(AMc-138)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-161)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'46.05.31退役。予備役艦。'55.02.07MSF-161。'59年廃船。スクラップ
162カンペル[Compel]WIS'42.05.26'43.01.16'44.04.08計画時は沿岸掃海艇(AMc-139)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-162)に類別。大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.06.12退役。予備役艦。'55.02.07MSF-162
'60年廃船。スクラップ
163コンサイス[Concise]WIS'42.06.15'43.01.06'44.04.25計画時は沿岸掃海艇(AMc-140)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-163)に類別。大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.05.31退役。予備役艦。'55.02.07MSF-163
'59年廃船。スクラップ
164コントロール[Control]WIS'42.06.15'43.01.28'44.05.11計画時は沿岸掃海艇(AMc-141)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-164)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'46.06.06退役。予備役艦。'55.02.07MSF-164。'59年廃船。スクラップ
165カウンサル[Counsel]WIS'42.06.15'43.02.17'44.05.27計画時は沿岸掃海艇(AMc-142)に類別。'42.02.21掃海艇(AM-165)に類別。大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'47.01.15退役。予備役艦。'55.02.07MSF-165
'72.07.01除籍。スクラップ
214クラグ[Crag]TMP'42.12.07'43.03.21'45.08.01第二次大戦への参加なし。戦後は太平洋や本土南部沿岸で任務に従事。'48.03.19退役。予備役艦
'55.02.07MSF-214。'62.07.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-15」。後に艇名を「ゲネラル・ペドロ・マリア・アナヤ」[General Pedro María Anaya]と改名。以降の消息不明
215クルーズ[Cruise]TMP'42.12.07'43.03.21'45.09.21第二次大戦への参加なし。戦後はカリブ海沿岸で任務に従事。'46.09.05退役。予備役艦。'55.02.07MSF-215
'72.07.01除籍。売却。民間漁船となる。2007年廃船。デラウェア湾沖にて人工岩礁として自沈
216デフト[Deft]TMP'42.12.27'43.03.28'45.04.16第二次大戦への参加なし。戦後は日本周辺、本土西海岸で任務に従事。'46.11.09退役。予備役艦。'48.08.27除籍。中華民国政府へ移管。'59年廃船
217デルゲート[Delegate]TMP'42.12.27'43.03.28'45.04.30第二次大戦への参加なし。戦後は日本周辺、南シナ海で任務に従事。'46.05.29退役。予備役艦。'48.08.27除籍。供与。中華民国海軍「ユンホ」[永和(Yung Ho)]。'62.09.01台湾海軍除籍。スクラップ
218デンサティ[Density]TMP'43.03.21'44.02.06'44.06.15大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'47.03.03退役。予備役艦。'55.02.07MSF-218。'55年売却。民間商船となる。'70年廃船。スクラップ
219デザイン[Design]TMP'43.03.12'44.02.06'44.06.29大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.08.24退役。予備役艦。'55.02.07MSF-219。'55年廃船。スクラップ
220デヴァイス[Device]TMP'43.07.01'44.05.21'44.07.07大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.08.24退役。予備役艦。'50.03.16再就役。訓練任務に従事
'54.02.04退役。予備役艦。'55.02.07MSF-220。'62.10月売却。メキシコ海軍「D-11」。'94年艇名を「カデテ・アウグスティン・メルガー」[Cadete Agustín Melgar]と改名。2000年メキシコ海軍除籍
221ディプロマ[Diploma]TMP'43.07.01'44.05.21'44.07.15大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.09.03退役。予備役艦。'55.02.07MSF-221。'62年売却。メキシコ海軍「DM-17」。'94年艇名を「カデテ・フランシスコ・マルケス」[Cadete Francisco Márquez]と改名。2000年メキシコ海軍除籍。2004年ベラクルス沖にて人工岩礁として自沈
222ディスデイン[Disdain]ASB'43.10.23'44.03.25'44.12.26大戦時は本土周辺で訓練に従事。'45.05.22退役。貸与。ソビエト海軍「T-271」。'48年頃対潜トローラへ転換。以降の消息不明。'83.01.01米海軍除籍
223ドゥーア[Dour]ASB'42.10.24'44.03.25'44.11.04大戦時は沖縄にて任務に従事。'47.03.15退役。予備役艦。'55.02.07MSF-223。'62.05.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-16」。'86年メキシコ海軍除籍
224イーガー[Eager]ASB'43.12.29'44.06.10'44.11.23大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.09.27退役。予備役艦。'55.02.07MSF-224。'62.05.01除籍。売却。'62.10.02メキシコ海軍「DM-06」。'86年メキシコ海軍除籍
225イルーシヴ[Elusive]ASB'43.12.29'44.06.10'45.02.19第二次大戦への参加なし。戦後は日本周辺等で任務に従事。'46.05.29退役。供与。中華民国海軍「ユンカン」[永康(Yung Kang)]。'62.01.06中華民国海軍除籍
226インバトル[Embattle]ASB'44.04.06'44.09.17'45.04.25第二次大戦への参加なし。戦後は日本周辺等で任務に従事。'46.05.29退役。供与。中華民国海軍「ユンシン」[永興(Yung Hsing)]。'49.09.01艇名を「ウェイヤン」[維源(Wei Yuan)]と改名。'72年中華民国海軍除籍
227インブロイル[Embroil]'44.06.06 建造キャンセル
228インハンス[Enhance]'44.06.06 建造キャンセル
229エクアティ[Equity]'44.06.06 建造キャンセル
230イスティーム[Esteem]'44.06.06 建造キャンセル
231イヴェント[Event]'44.06.06 建造キャンセル
232エクシキュート[Execute]PSB'44.03.29'44.06.22'44.11.15警備艇「PCE-905」として起工。建造中に掃海艇へ変更。大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.08.06退役。予備役艦。'55.02.07MSF-232。'62.05.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-03」。'94年艇名を「ゲネラル・フアン・N・メンデス」[General Juan N. Méndez]と改名。2001.07.16メキシコ海軍退役
233ファシラティ[Facility]PSB'44.03.29'44.06.22'44.11.29警備艇「PCE-906」として起工。建造中に掃海艇へ変更。大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.09.11退役。予備役艦。'55.02.07MSF-233。'62.05.01除籍。売却。'62.10.02メキシコ海軍「DM-04」。以降の消息不明
234ファンシー[Fancy]PSB'44.05.12'44.09.04'44.12.13大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-272」。'48年頃対潜トローラへ転換
'55.02.07MSF-234。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
235フィクスティ[Fixity]PSB'44.05.12'44.09.04'44.12.29警備艇「PCE-908」として起工。建造中に掃海艇へ変更。大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.11.06退役。海事委員会へ移管。民間へ売却され商船「コマーシャル・ディクシー」[Commercial Dixie]となる。'90年代にオハイオ川にて沈没
236フレイム[Flame]'44.06.06 建造キャンセル
237フォータフィ[Fortify]'44.06.06 建造キャンセル
238ガーランド[Garland]WMR'43.10.13'44.02.20'44.08.26大戦時は中部太平洋にて任務に従事。'46.08.02退役。予備役艦。'55.02.07MSF-238。'60.04.01除籍。'60.10.24民間へ売却
239ゲイアティ[Gayety]WMR'43.11.14'44.03.19'45.09.23第二次大戦への参加なし。戦後は日本周辺等で任務に従事。'46.06月退役。予備役艦。'51.05.11再就役。練習任務に従事。'54.03.01退役。予備役艦。'55.02.07MSF-239。'62.04.17貸与。南ベトナム海軍「チーランII」[Chi Lăng II]。'75年南ベトナム崩壊に伴いフィリピンへ脱出。'76.04.05フィリピンへ売却。'77.02.07フィリピン海軍「マガット・サルマット」[Magat Salamat]。'96年頃近代化改修を実施。2014年時現役
240ハザード[Hazard]WMR'44.02.20'44.05.21'44.10.31大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.07.27退役。予備役艦。'55.02.07MSF-240。'68年売却。'71年ネブラスカ州オマハのフリーダム・パークにて公開
241ヒラリティ[Hilarity]WMR'44.03.20'44.07.30'44.11.27大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.08.26退役。予備役艦。'55.02.07MSF-241。'62.08.30除籍。売却。'62.10.02メキシコ海軍「DM-02」。'86年メキシコ海軍退役
242イノーグラル[Inaugural]WMR'44.05.22'44.10.01'44.12.30大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。'46.09.09退役。予備役艦。'55.02.07MSF-242。'67.03.01除籍。売却。'68年セントルイスにて博物館船として公開。'93年水害により被災、転覆着底。2014年時点でもミシシッピ川に横転着底している
243イルーシヴ[Illusive]'44.06.06 建造キャンセル
244インビュー[Imbue]'44.06.06 建造キャンセル
245インパーヴィアス[Impervious]'44.06.06 建造キャンセル
246インプリシット[Implicit]SMF'43.03.16'43.09.06'44.01.20大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は沖縄周辺や南シナ海の掃海に従事。'46.11.16退役。貸与。'48.06.15中華民国海軍「ユンチア」[永嘉(Yung Chia)]。'70.08月中華民国海軍退役
247インプルーヴ[Improve]SMF'43.06.01'43.09.26'44.02.29大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.11.06退役。海事委員会へ移管。民間へ売却され商船「エクアドル」[Ecuador]となる。'53年沈没
248インセスント[Incessant]SMF'43.07.03'43.10.22'44.03.25大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.11.06退役。海事委員会へ移管。民間へ売却され商船「コマーシャル・オハイオアン」[Commercial Ohioan]となる。以降の消息不明
249インクレダブル[Incredible]SMF'43.09.09'43.11.21'44.04.17大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は沖縄周辺や東シナ海の掃海に従事。'46.11.06退役。予備役艦。'50.08.14再就役。太平洋方面で任務に従事
'54.09.21退役。予備役艦。'59.12.01除籍。スクラップとして売却
250インディケイティヴ[Indicative]SMF'43.09.29'43.12.12'44.06.26大戦時は北大西洋やカリブ海で任務に従事。'45.05.22退役。貸与。ソビエト海軍「T-273」。'48年頃対潜トローラへ転換
'55.02.07MSF-250。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
251インフリクト[Inflict]SMF'43.10.26'44.01.16'44.08.28大戦時は沖縄にて任務に従事。'46.11.06退役。海事委員会へ移管。民間へ売却され商船「マナビ」[Manabi]となる。以降の消息不明
252インスチル[Instill]SMF'43.11.24'44.03.05'44.05.22大戦時は本国東海岸にて任務に従事。'47.02.26退役。予備役艦。'51.03.16再就役。本国東海岸にて任務に従事。'54.03.01退役。予備役艦。'55.02.07MSF-252
'62.05.01除籍。売却。'62.10月メキシコ海軍「DM-10」。'86年頃メキシコ海軍退役
253イントリーグ[Intrigue]SMF'43.12.17'44.04.08'44.07.31大戦時は本国東海岸にて任務に従事。'46.05.31退役。予備役艦。'55.02.07MSF-253。'62.05.01除籍。売却
'62.10.01メキシコ海軍「DM-19」。'94年艇名を「ヴィセンテ・スアレス」[Vicente Suárez]と改名。2001年メキシコ海軍退役
254インヴェード[Invade]SMF'44.01.19'44.02.06'44.09.18大戦時は本国東海岸にて任務に従事。'46.08.07退役。予備役艦。'55.02.07MSF-254。'62.05.01除籍。売却
'62.08.30メキシコ海軍「DM-18」。'94年艇名を「ゲネラル・イグナシオ・サラゴサ」[General Ignacio Zaragoza]と改名。2001年メキシコ海軍退役
255ジュバラント[Jubilant]ASB'42.10.22'43.02.20'43.08.27大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事。
'45.05.12メイン州カスコ湾にて訓練中の伊潜「ゴッフレド・マメリ」と衝突。'46.05.18退役。予備役艦。'51.05.11再就役。本国東海岸にて任務に従事。'54.04.27退役。予備役艦。'55.02.07MSF-255。'62.05.01除籍。売却。'62.10.01メキシコ海軍「DM-01」。'94年艇名を「リーヴァ・パラシオ」[Riva Palacio]と改名。2000年メキシコ海軍退役。2001年人工岩礁として自沈処分
256ネイヴ[Knave]ASB'42.10.23'43.03.13'43.10.14大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事
'46.05.01退役。予備役艦。'55.02.07MSF-256
'62.10.02除籍。売却。メキシコ海軍「DM-13」。'94年艇名を「カデテ・フアン・エスクティア」[Cadete Juan Escutia]と改名。2000年メキシコ海軍退役
257ランス[Lance]ASB'42.10.26'43.04.10'43.11.04大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事
'45.08.28退役。貸与。中華民国海軍「ユンシェン」[永勝(Yung Sheng)]。'48.03.12米海軍除籍。供与へ移行。'65年艇名を「チェンナン」[鎮南(Zhen Nan)]と改名。'72.07.17中華民国海軍退役
258ロジック[Logic]ASB'42.10.27'43.04.10'44.11.21大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事
'45.08.28退役。貸与。中華民国海軍「ユンシュン」[永順(Yung Shun)]。'65年艇名を「ユーメン」[玉門(Yu Men)]と改名。'70.06.01中華民国海軍退役
259ルーシド[Lucid]ASB'43.02.20'43.06.05'43.12.01大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事
'45.08.28退役。貸与。中華民国海軍「ユンチン」[永定(Yung Ting)]。'48.03.12米海軍除籍。供与へ移行。'61年艇名を「ヤンミン」[陽明(Yang Ming)]と改名。'72.07.01中華民国海軍退役
260マグネット[Magnet]ASB'43.03.13'43.06.05'44.03.10大戦時は本国東海岸、カリブ海にて任務に従事
'45.08.28退役。貸与。中華民国海軍「ユンニン」[永寧(Yung Ning)]。'48.03.12米海軍除籍。供与へ移行。'58.01.27荒天のため緑島郷にて座礁。船体放棄。'58.03.01中華民国海軍除籍
261メインステイ[Mainstay]ASB'43.04.10'43.07.31'44.04.24大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は沖縄周辺や東シナ海の掃海に従事。'46.11.06退役。予備役艦。'49.03.01再就役。'50.01.10退役。'50.12.12再就役。'51.01月〜朝鮮戦争に参加。'54.09.21退役。予備役艦。'55.02.07MSF-261。'59.12.01除籍。スクラップとして売却
262マーヴェル[Marvel]ASB'43.04.12'43.07.31'44.06.09大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-274」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「パサット」[Пассат(Passat)]と改名
'55.02.07MSF-262。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
263メジャー[Measure]ASB'43.06.05'43.10.23'44.05.05大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-275」。'47.10.23ソビエト海軍退役。捕鯨船「ブラン」[Буран(Buran)]となる
'55.02.07MSF-263。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
264メソッド[Method]ASB'43.06.07'43.10.23'44.07.10大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-276」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「プルガ」[Пурга(Purga)]と改名
'55.02.07MSF-264。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
265マールス[Mirth]ASB'43.07.31'43.12.24'44.08.12大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-277」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「マッソン」[Мюсон(Musson)]と改名
'55.02.07MSF-265。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
266ニンブル[Nimble]ASB'43.08.02'43.12.24'44.09.15大戦時は本国東海岸、沖縄にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.10.10退役。貸与。'48.06.30中華民国海軍(艇名不詳)。'50年代中華民国海軍退役
267ノウタブル[Notable]GSB'42.09.17'43.06.12'43.12.23大戦時は北大西洋、沖縄にて任務に従事。'46.05.29退役。対外精算委員会へ移管され売却。中華民国海關(税関)所属艇となる(艇名および以降の消息不明)
268ニュークリアス[Nucleus]GSB'42.09.07'43.06.12'43.12.12大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事。
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-278」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「ウーラガン」[Ураган(Uragan)]と改名
'55.02.07MSF-268。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
269アポナント[Opponent]GSB'42.09.21'43.06.26'44.02.18大戦時は北大西洋、東南アジアにて任務に従事
'46.08.27退役。予備役艦。'55.02.07MSF-269
'60.04.01除籍。売却処分
270パラセード[Palisade]GSB'42.09.21'43.06.26'44.03.09大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-279」。'45.08.08ソビエトの対日戦参戦に伴い、羅津・先鋒([Rajin-Sŏnbong]。現在の北朝鮮羅先特別市)への上陸作戦に参加。'45.08.15韓国カム島沿岸で触雷沈没(大戦を生き残り、'57年ソビエト海軍退役説あり)
271ペナトレイト[Penetrate]GSB'43.01.05'43.09.11'44.03.31大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-280」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「タイフン」[Тайфун(Taifun)]と改名
'55.02.07MSF-271。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
272ペラル[Peril]GSB'43.02.01'43.07.25'44.04.02大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-281」。'45.08月ソビエトの対日戦参戦に伴い、羅津・先鋒への上陸作戦に参加
'55.02.07MSF-272。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
273ファントム[Phantom]GSB'43.02.01'43.07.25'44.05.17大戦時は本国東海岸、沖縄にて任務に従事
'46.10.10退役。貸与。'48.06.15中華民国海軍「ユンミン」[永明(Yung Ming)]
'49.10月米海軍除籍。供与へ移行。'50年荒天により船体に損傷を負う。'51.07月中華民国海軍除籍
274ピナクル[Pinnacle]GSB'43.02.01'43.09.11'44.05.24大戦時は北大西洋、地中海にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.10.09退役。貸与。'48.06.15中華民国海軍「ユンシュウ」[永修(Yung Hsiu)]。'48.07.13米海軍除籍。供与へ移行。'72.07月中華民国海軍除籍
275パイレート[Pirate]GSB'43.07.01'43.12.16'44.06.16大戦時は北大西洋、沖縄にて任務に従事。'46.11.06退役。予備役艦。'50.08.14再就役。'50.09月〜朝鮮戦争に参加。'50.10.12元山([Wonsan]。現北朝鮮元山市)沖にて触雷沈没
276ピヴォット[Pivot]GSB'43.07.01'43.11.11'44.07.12大戦時は北大西洋、沖縄にて任務に従事。'46.11.06退役。予備役艦。'48.08.27中華民国海軍「ユンショウ」[永壽(Yung Shou)]。'65年艇名を「モーリン」[秣陵(Mo Ling)]と改名。'70.07.01中華民国海軍退役
277プレジュ[Pledge]GSB'43.07.01'43.12.23'44.07.29大戦時は北大西洋、沖縄にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.11.06退役。予備役艦
'47.11.28再就役。訓練に従事。'48.04.16退役。予備役艦
'50.01.10再就役。'50.07月〜朝鮮戦争に参加
'50.10.10元山沖にて触雷沈没
278プロジェクト[Project]GSB'43.07.01'43.11.20'44.08.22大戦時は北大西洋にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.06.13退役。'47.09.16除籍。売却
'48.05.24フィリピン海軍「サマル」[Samar]。'60年頃比海軍退役
279プライム[Prime]GSB'43.09.15'44.01.22'44.09.12大戦時は本国東海岸にて任務に従事。戦後は日本周辺の掃海に従事。'46.05.29退役。貸与。中華民国海軍「ユンフェン」[永豐(Yung Feng)]。'73.05.01中華民国海軍退役(同日米海軍除籍)
280プラウイス[Prowess]GSB'43.09.15'44.02.17'44.09.27大戦時は北大西洋にて任務に従事。'45.12月退役。予備役艦。'55.02.07MSF-280。'65.09.01再就役。練習任務に従事。'66.03.01 IX-305。'70.06.03除籍。供与。'70.06.04南ベトナム海軍「ハ・ホイ」[Ha Hoi]。'75年北ベトナムに鹵獲。北ベトナム海軍(艇名不詳)。'98年頃訓練用ハルクとなる
281クエスト[Quest]GSB'43.11.24'44.03.16'44.10.25大戦時は北大西洋にて任務に従事。戦後は東シナ海の掃海に従事。'46.05月退役。'47.09.29除籍。供与
'48.07.02フィリピン海軍「APO-21」。大統領ヨットとして任務に従事。後に艇名を「パグアーサ」[Pagasa]と改名。後に警備艇へ類別変更。艇名を「サンタ・マリア」[Santa Maria]と改名。後に艇名を「マウント・サマット」[Mount Samat]と改名。'70年頃比海軍退役
282ランパート[Rampart]GSB'43.11.24'44.03.30'44.11.18大戦時は北大西洋、本国西海岸にて任務に従事
'45.05.21退役。貸与。ソビエト海軍「T-282」。'48年頃対潜トローラへ転換。艇名を「シュクヴァル」[Шквал(Shkval)]と改名
'55.02.07MSF-282。'60年頃廃船(米国への報告なし)
'83.01.01米海軍除籍
283ランサム[Ransom]GED'43.04.24'43.09.18'44.08.05大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事
'47.03.03退役。予備役艦。'51.03.16再就役。訓練任務に従事。'53.09.22退役。予備役艦。'55.02.07MSF-283
'62.05.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-12」。'94年艇名を「テニエンテ・フアン・デ・ラ・バレラ」[Teniente Juan de la Barrera]と改名。2000年メキシコ海軍除籍。後に人工岩礁として自沈
284リベル[Rebel]GED'43.05.10'43.10.28'44.09.12大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事
'46.06.12退役。予備役艦。'55.02.07MSF-284。'62.05.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-14」。'94年艇名を「カデテ・フェルナンド・モンテス・デ・オカ」[Cadete Fernando Montes de Oca]と改名。2001.07.16メキシコ海軍除籍
285リクルート[Recruit]GED'43.05.24'43.12.11'44.11.08大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事
'46.08.15退役。予備役艦。'55.02.07MSF-285。'62.05.01除籍。売却。メキシコ海軍「DM-07」。以降の消息不明
286リフォーム[Reform]GED'43.06.24'44.01.25'45.02.28大戦時は東シナ海にて任務に従事。'46.11.09退役。貸与。'48.06.15中華民国海軍「ユンレン」[永仁(Yung Ren)]。'48.07.13米海軍除籍。供与へ移行。'50.04月任務中に座礁。損傷大のため修理されず、'50.06.01中華民国海軍除籍
287リフレッシュ[Refresh]GED'43.09.22'44.04.12'45.04.10大戦時は東シナ海にて任務に従事。'46.11.09退役。貸与。'48.06.15中華民国海軍「ユンチャン」[永昌(Yung Chang)]。
'48.07.13米海軍除籍。供与へ移行。'65.11.14共産軍(人民軍海軍)艦艇と交戦し沈没
288レイン[Reign]GED'43.10.30'44.05.29'46.10.11第二次大戦への参加なし。米海軍へ就役せず。竣工後は予備役艦となる。'55.02.07MSF-288。'59.11.01除籍
289リポート[Report]GED'43.12.14'44.08.08'45.07.12第二次大戦への参加なし。米海軍へ就役せず。竣工後は予備役艦となる。'55.02.07MSF-289。'63.04.01除籍。空軍へ貸与。アメリカ空軍「リポート」。'67年海軍へ返還。貸与。
韓国海軍「コジン」[거진/巨津(Kojin)]。'73年頃韓国海軍除籍
290リプルーフ[Reproof]GED'44.02.01'44.08.08'--.--.--'45.11.01建造中止。船体は民間商船へ転用
291リスク[Risk]GED'44.04.15'44.11.07'--.--.--'45.11.01建造中止。船体は民間商船へ転用
292ライヴァル[Rival]'44.06.06 建造キャンセル
293サガサティ[Sagacity]'44.06.06 建造キャンセル
294サルート[Salute]WMR'42.11.11'43.02.06'43.12.04大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'45.06.08ブルネイ沖にて触雷沈没
295ソーンター[Saunter]WMR'42.11.23'43.02.20'44.01.22大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'45.10.27退役。'45.11.13除籍。'46.04.24海事委員会へ移管。売却処分
296スカウト[Scout]WMR'43.02.08'43.05.02'44.03.27大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'47.02.26退役。予備役艦。'51.05.11再就役。訓練任務に従事。'54.03.01退役。予備役艦。'55.02.07MSF-296。
'62.05.01除籍。売却。'62.10.01メキシコ海軍「DM-09」(「DM-10」とする資料もある)。以降の消息不明
297スクリミジュ[Scrimmage]WMR'43.02.22'43.05.16'44.04.04大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'46.06.22退役。予備役艦。'55.02.07MSF-297。'60.04.01除籍。商船として売却。'82年人工岩礁として自沈
298スカフル[Scuffle]WMR'43.05.04'43.08.08'44.05.02大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'46.06.19退役。予備役艦。'55.02.07MSF-298。'62.05.01除籍。売却。'62.10.01メキシコ海軍「DM-05」。'94年艇名を「ゲネラル・フェリペ・シコテンカトル」[General Felipe Xicoténcatl]と改名。'99年コズメル島近海に人工岩礁として自沈処分。2000年メキシコ海軍除籍
299セントリー[Sentry]WMR'43.05.16'43.08.15'44.05.30大戦時は中部太平洋、東南アジアにて任務に従事。
'46.06.19退役。予備役艦。'55.02.07MSF-299。'62.02.01除籍。供与。'62.08.21南ベトナム海軍「キーホア」[Ky Hoa]。以降の消息不明
300サリーン[Serene]WMR'43.08.08'43.10.31'44.06.24大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.07.19退役。予備役艦。'55.02.07MSF-300。'64.01.24貸与南ベトナム海軍「ヌータオ」[Nhựt Tảo]。'64.08.01米海軍除籍。供与へ移行。'74.01.19西沙諸島にて中国人民軍海軍艦艇と交戦し沈没(西沙海戦)
301シェルター[Shelter]WMR'43.08.16'43.11.14'44.07.09大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.06.07退役。予備役艦。'55.02.07MSF-301。'64.01.24貸与南ベトナム海軍「チ・リン」[Chi Linh]。'64.08.01米海軍除籍。供与へ移行。'75年南ベトナム崩壊に伴いフィリピンへ脱出
'76.04.05フィリピンへ売却。フィリピン海軍「ダトゥ・トゥパス」[Datu Tupas]。以降の消息不明
302シグニト[Signet]ASS'43.04.08'43.08.16'44.06.20大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'45.12月退役。予備役艦。'55.02.07MSF-302。'65.01.01除籍。売却。'65.01.13ドミニカ海軍「トルトゥゲーロ」[Tortuguero]
'97年頃ドミニカ海軍退役
303スカーミシュ[Skirmish]ASS'43.04.08'43.08.16'44.06.30大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'45.12月退役。予備役艦。'55.02.07MSF-303。'65.01.01除籍。売却。'65.01.13ドミニカ海軍「セパラシオン」[Separacion]。後に艇名を「プレストル・ボテーロ」[Prestol Botello]と改名。'99年頃ドミニカ海軍退役
304スカーリー[Scurry]ASS'43.05.24'43.10.01'44.07.29当初艇名は[Skurry]。'44.08.03艇名を[Scurry]に変更
大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.06.22退役。予備役艦。'55.02.07MSF-304。'67.05.01除籍。'67.08.14実艦標的として使用され沈没
305スペクタクル[Spectacle]ASS'43.05.24'43.10.01'44.06.11大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'45.05.22沖縄伊江島近海にて日特攻機の攻撃を受け損傷。慶良間諸島にて応急修理後、本国へ帰還するが全損判定とされ放置。'45.12.05除籍。スクラップとして売却
306スペクター[Specter]ASS'43.09.05'44.02.15'44.08.30当初艇名は[Spector]。'44.03.08艇名を[Specter]に変更
大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46年退役。予備役艦。'55.02.07MSF-306。'72.07.01除籍。売却。'73.04.11メキシコ海軍「DM-04」。'94年艇名を「ゲネラル・マヌエル・E・リンコン」[General Manuel E. Rincón]と改名。2001年メキシコ海軍退役
307ストーンチ[Staunch]ASS'43.09.05'44.02.15'44.09.09大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.04月退役。予備役艦。'55.02.07MSF-307。'67.04.01除籍。スクラップとして売却
308ストラテジー[Strategy]ASS'43.10.04'44.03.28'44.09.22大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.05.10退役。予備役艦。'55.02.07MSF-308。'67.10.01除籍。スクラップとして売却
309ストレングス[Strength]ASS'43.10.04'44.03.28'44.09.30大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.07.19退役。予備役艦。'55.02.07MSF-309。'67.04.01除籍。スクラップとして売却
310サクセス[Success]ASS'44.02.18'44.05.11'44.10.18大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'46.07.09退役。予備役艦。'55.02.07MSF-310。'62.05.01除籍。売却。'63年メキシコ海軍「DM-08」。以降の消息不明
311サピリアー[Superior]ASS'44.02.18'44.05.11'44.11.01大戦時は中部太平洋、沖縄にて任務に従事。
'47.07月退役。予備役艦。'55.02.07MSF-311。'72.07.01除籍。スクラップとして売却
351アジュタント[Adjutant]WIS'43.08.30'44.06.17'--.--.--'45.11.01建造中止。スクラップとして売却
352ビターン[Bittern]WIS'43.09.10'44.06.21'--.--.--'45.11.01建造中止。以降の消息不明
353ブレークホーン[Breakhorn]WIS'43.09.18'44.07.04'--.--.--'45.11.01建造中止。スクラップとして売却
354カリアマ[Cariama]WIS'43.10.12'44.07.01'--.--.--'45.11.01建造中止。以降の消息不明
355チューカー[Chukor]WIS'43.12.11'44.07.15'--.--.--'45.11.01建造中止。以降の消息不明
356クレドック[Creddock]WIS'43.11.10'44.07.22'45.12.18第二次大戦への参加なし。'46.03.26退役。予備役艦。'55.02.07MSF-356。'67年貸与。ビルマ海軍「ヤン・ギ・アウン」[Yan Gyi Aung]。2007年時現役
357ディーパー[Dipper]WIS'43.11.19'44.07.26'45.12.26第二次大戦への参加なし。'47.01.14退役。予備役艦
'55.02.07MSF-357。'59.12.01除籍。スクラップとして売却
358ドッテレル[Dotterel]WIS'43.11.20'44.08.05'--.--.--'45.11.01建造中止。以降の消息不明
359ドレーク[Drake]WIS'43.11.24'44.08.12'45.08.15'45.04.20掃海艇としての計画キャンセル。'45.08.15 YDG-11 として竣工。'46年退役。予備役艦。'47.11月再就役。ADG-11。'51年以降は日本(横須賀や佐世保)にて任務に従事。'55.02.01艇名を「アンペア」[Ampere]と改名
'57.02月退役。'61.07.01除籍。スクラップとして売却
360ドライヴァー[Driver]WIS'43.11.29'44.08.19'--.--.--'45.11.01建造中止。以降の消息不明
361ダンリン[Dunlin]WIS'43.01.29'43.08.26'45.02.16大戦時は沖縄にて任務に従事。'46.05.29退役。対外精算委員会へ移管され売却。中華民国海關(税関)所属艇となる(艇名および以降の消息不明)
362ガドウォル[Gadwall]WIS'43.05.24'43.07.15'45.06.23第二次大戦への参加なし。'46.06.14退役。予備役艦
'55.02.07MSF-362。'66.11.01除籍。スクラップとして売却
363ゲーヴィア[Gavia]WIS'43.07.08'43.09.18'45.07.23当初は警備艇「PCE-907」として起工。'43.09.27 AM-363。艇名を「ゲーヴィア」と改名。第二次大戦への参加なし。'46.05.29退役。対外精算委員会へ移管され売却。中華民国海軍「ユンチュン」[永春(Yung Chun)]。'62.07.01中華民国海軍除籍
364グレイレッグ[Graylag]WIS'43.07.15'43.12.04'45.08.31第二次大戦への参加なし。'46.08.12退役。予備役艦
'55.02.07MSF-364。'67.10.01除籍。スクラップとして売却
365ハーラクイン[Harlequin]WIS'43.08.03'44.06.03'45.08.31第二次大戦への参加なし。'46.05.27退役。予備役艦
'55.02.07MSF-365。'62.05.01除籍。売却。'62.10.02メキシコ海軍「DM-20」。'78年海洋調査船に改修。艇名を「オセアノグラフィコ」[Oceanográfico]と改名。'93年艇名を「ゲネラル・ペドロ・マリア・アナヤ」[General Pedro Maria Anaya]と改名。'99年頃艇名を「アルデバラン」[Aldabaran]と改名。2010年頃メキシコ海軍退役。人工岩礁として自沈
366ハリアー[Harrier]WIS'43.08.11'44.06.07'45.08.31第二次大戦への参加なし。'46.03.28退役。予備役艦
'55.02.07MSF-366。'59.12.01除籍。売却。'64年海洋調査船「シー・スコープ」[Sea Scope]となる。以降の消息不明
367ハマー[Hummer]'44.06.06 建造キャンセル
368ジャクドー[Jackdaw]'44.06.06 建造キャンセル
369メドリック[Medrick]'44.06.06 建造キャンセル
370ミナー[Minah]'44.06.06 建造キャンセル


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016.10.08(First Up 2016,09,24)