パーチ(初代)型 潜水艦

"Perch(1)" Class Submarines ("P" Class 3rd group)

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS Perch
「パーチ」(1937年)
スペックデータ
排水量(水上):1,330t排水量(水中):1,997t全長:(全)91.62m
出力(水上):5,200hp出力(水中):4,300hp全幅:6.53m
最大速力(水上):19.25kt最大速力(水中):8.75kt吃水:4.22m
航続距離(水上):10ktで11,000浬航続距離(水中):5ktで50浬乗員数:50名
燃料搭載量:重油317t(92,801ガロン)安全潜行深度:75m
主機関:ディーゼル機関(主機Winton製×4、補機GM製×3)+General Electric製電動モーター×8基(Perch、Pickerel、Permit)
     ディーゼル機関(主機Fairbanks-Morse製×4、補機Fairbanks-Morse製×3)+Elliott製電動モーター×4基(Plunger、Pollack)
     各艦とも2軸推進(PermitおよびPlunger、Pollackは大戦中に主機を換装した)
武装:
《魚雷16発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
50口径3inch単装砲1基、12.7mm機関銃2基、7.62mm機関銃4基
(Permitは大戦中に上構内へ魚雷発射管2門を増設(計8門、魚雷18発搭載)

同型艦名(5隻)
パーチ(初代)[Perch(1)]ピケール(初代)[Pickerel(1)]パーミット[Permit]
プランジャー[Plunger]ポーラック[Pollack] 

パーチ(初代)型潜水艦について

 1935年度計画で建造された”P”型潜水艦の第三グループ。基本的にこれまでの”P”型(「ポーパス」型「シャーク」型)とほぼ変化無いが機関室が約60cmほど延長されている。また建造所が複数に分かれたためグループ内でも建造内容(構造(溶接構造か鋲接構造か)や主機メーカーなど)に違いが生じており、海軍工廠で建造された「プランジャー」と「ポーラック」は米国海軍最後の鋲接構造を持つ潜水艦となった。
 これまでの”P”型は各推進軸に2基のディーゼル発電機を分けて接続していたのだが、当クラスでは電動モーターが増やされ各軸に4基ずつとなっている(ただしメーカーはバラバラだっ たため各艦で出力にバラツキがあったといわれる)。

 第二次大戦では2隻が戦没しているが、残りの姉妹艦は12回の哨戒任務をこなした後、訓練任務に使用されている。


パーチ(初代)型潜水艦の歴史
パーチ(初代)[Perch(1)] (SS-176)
1935年 2月25日エレクトリックボート社[Electric Boat]にて起工
1936年 3月 9日進水
      11月19日竣工
 太平洋等にて任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争開戦。東南アジア方面にて哨戒任務に従事
1942年 3月 3日ジャワ海にて日駆の爆雷攻撃を受け沈没
       6月24日除籍
ピケール(初代)[Pickerel(1)] (SS-177)
1935年 3月25日エレクトリックボート社にて起工
1936年 7月 7日進水
1937年 1月26日竣工
 太平洋等にて任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争開戦。東南アジア方面にて哨戒任務に従事
1943年 4月 3日日本本土沖にて哨戒・通商破壊任務に従事中、消息不明となる
(日本軍の艦艇・航空機と交戦、日駆潜艇「第13号」を撃沈するも、当艦も攻撃を受け沈没したとの説が有力)
       8月19日除籍(亡失認定日は不明)
パーミット[Permit] (SS-178)
1935年 6月 6日エレクトリックボート社にて起工
1936年10月 5日進水
1937年 3月17日竣工
 太平洋等にて任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争開戦。東南アジア方面にて哨戒任務に従事
1942年 9月〜メアーアイランド海軍工廠にてオーバーホールを実施
1943年 2月〜戦線復帰。日本本土沖〜南洋方面にて哨戒・通商破壊任務に従事
       9月12日クェゼリン沖にて日給油艦「知床」を雷撃、大破させる
1945年11月15日退役。予備役艦となる
1947年 1月24日〜予備役訓練の係留練習艦として使用される
1956年 7月26日除籍。58年スクラップとして売却される
プランジャー[Plunger] (SS-179)
1935年 7月17日ポーツマス海軍工廠[Portsmouth Naval Shipyard]にて起工
1936年 7月 8日進水
      11月19日竣工
 カリブ海、北太平洋等にて任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争開戦。中部太平洋方面にて哨戒任務に従事
1942年 2月27日ヤルート環礁沖にて日給油艦「石廊」を雷撃、損傷を負わせる
      11月 2日マタニカウ近海にて座礁。自力で脱出、帰投する
1943年10月〜マーシャル諸島近海にて航空機搭乗員の救助任務に従事
1945年 2月〜潜水艦学校にて訓練任務に従事
      11月15日退役。予備役艦となる
1946年 5月〜予備役訓練の練習艦として使用される
1956年 7月 6日除籍。翌年スクラップとして売却される
ポーラック[Pollack] (SS-180)
1935年10月 1日ポーツマス海軍工廠にて起工
1936年 9月15日進水
1937年 1月15日竣工
 カリブ海、太平洋等にて任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争開戦。中部太平洋方面にて哨戒任務に従事
1944年 3月25日南方諸島近海にて日駆潜艇「第54号」を撃沈
       5月16日南方諸島近海にて日駆逐艦「朝凪」を撃沈
1945年 9月21日退役。翌年10月29日除籍、スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,07,20