ノーファル型 潜水艦

"Narwhal" Class Submarines

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS Nautilus
「ノーチラス」(1930年代)
スペックデータ
排水量(水上):2,730t排水量(水中):3,960t全長:(全)113.08m
出力(水上):4,700hp出力(水中):1,600hp全幅:10.13m
最大速力(水上):17.0kt最大速力(水中):8.0kt吃水:4.80m
航続距離(水上):10ktで20,725浬航続距離(水中):5ktで80浬乗員数:88名
燃料搭載量:重油623t(182,778ガロン)安全潜行深度:90m
主機関:BuEng製(MAN式)ディーゼル機関×4基(主機2,350hp×2、補機400hp×2)+Westinghouse製電動モーター×2基、2軸推進
     (後にGeneral Motors製ディーゼル機関×6基(主機1,600hp×4、補機400hp×2)へ換装)
武装:
《魚雷24発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)(※)、
53口径6inch単装砲2基、7.62mm機関銃2基
※大戦中に上構内へ魚雷発射管4門を追加(計10門、魚雷搭載数32〜36発)

同型艦名(2隻)
ノーファル[Narwhal]ノーチラス[Nautilus]

ノーファル型潜水艦について

 米海軍唯一の機雷敷設潜水艦として建造された「アルゴノート」をベースに、通商破壊戦に向くよう改設計された大型潜水艦。艦尾の機雷用設備を撤去し、かわりに2門の魚雷発射管を装備(予備魚雷も8発分の搭載スペースを新たに確保)した。搭載機関は「アルゴノート」と同様MAN式のものであったが、この機関は信頼性が低く水上での最高速度も計画値である21ノットを満たせなかったので、後にGM社製のディーゼル機関へ換装されている。

 しかし大型の船体は隠密行動に向かず、通商破壊戦に使用されたのは太平洋戦争中期までで、以降は輸送潜水艦として使用されるようになり、アッツ島への奇襲作戦やフィリピンのゲリラ支援などの任務に従事した後、大戦末期に相次いで退役処分となった。


ノーファル型潜水艦の歴史
ノーファル[Narwhal] (SC-1/SS-167)
1927年 5月10日ポーツマス海軍工廠[Portsmouth Naval Shipyard]にて起工
1929年12月17日進水
1930年 5月15日「V−5」の名で竣工。艦番号SC−1
1931年 2月19日艦名を「ノーファル」と改名。同年7月1日SS番号を付与
 本土西海岸および太平洋にて任務に従事
1944年 3月 3日ミンダナオ島沖にて日砲艦「唐津」を攻撃、損傷を負わせる
1945年 3月23日退役。同年5月19日除籍、スクラップとして売却される
ノーチラス[Nautilus] (SC-2/SS-168)
1927年 5月10日メアーアイランド海軍工廠[Mare Island Naval Shipyard]にて起工
1930年 3月15日進水
       7月 1日「V−6」の名で竣工。艦番号SC−2
1931年 2月19日艦名を「ノーチラス」と改名。同年7月1日SS番号を付与
 太平洋にて任務に従事
1942年 6月22日房総半島沖(相模湾口)にて日駆逐艦「山風」を撃沈
       6月25日館山沖にて日駆潜艇「第13号」ほかの攻撃を受け損傷を負う
1945年 6月30日退役。同年7月25日除籍、スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,05,28(FirstUp 2004,07,19)