マッカレル型 潜水艦

"Mackerel" Class Submarines

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS Mackerel
「マッカレル」(1941年頃)
スペックデータ
排水量(水上):825t排水量(水中):1,179t全長:(全)72.82m
出力(水上):3,360hp出力(水中):1,500hp全幅:6.60m
最大速力(水上):16.0kt最大速力(水中):9.0kt吃水:4.62m
航続距離(水上):10ktで6,500浬航続距離(水中):不明乗員数:38名
燃料搭載量:重油99t(29,000ガロン)安全潜行深度:75m
主機関:Electric Boat製ディーゼル機関+Electro Dynamic製電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
50口径3inch単装砲1基、12.7mm機関銃2基、7.62mm機関銃2基

同型艦名(2隻)
マッカレル[Mackerel]マーリン[Marlin]

マッカレル型潜水艦について

 1940年度予算で建造された沿岸用小型潜水艦。対日戦を主眼にした”T”型(「タムボア」型「ガー」型の総称)の建造を行っている最中であるにもかかわらず、太平洋戦線に不向きな(すでに旧”S”型などで実証済みだった)小型潜水艦を建造しようとした米海軍の意図は不明だが、多分に旧”S”型の代替といった意味合いもあったのかもしれない。
 しかし実戦部隊から小型潜水艦不要論が出たため当クラスは2隻が建造されたのみで、完成した2隻も太平洋戦争では第一線に出されることなく、戦後すぐに除籍解体となっている。


マッカレル型潜水艦の歴史
マッカレル[Mackerel] (SS-204)
1939年10月 6日エレクトリックボート社[Electric Boat]にて起工
1940年 9月28日進水
1941年 3月31日竣工
 潜水艦学校の練習艦や対潜訓練の練習艦として使用される
1945年11月 9日退役。同年11月28日除籍。スクラップとして売却される
マーリン[Marlin] (SS-205)
1940年 5月23日ポーツマス海軍工廠[Portsmouth Naval Shipyard]にて起工
1941年 1月29日進水
      8月 1日竣工
 潜水艦学校の練習艦や大西洋での哨戒任務に従事
1944年 7月26日ポーツマス沖にて対潜訓練に従事中、米駆潜艇「SC-642」と衝突、損傷を負う
1945年11月 9日退役。除籍年月日不明。スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,07,25