ガー型 潜水艦

"Gar" Class Submarines ("T" Class 2nd group)

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS Grampus
「グランパス」(1941年:Photo from US National Archives)
スペックデータ
排水量(水上):1,475t排水量(水中):2,370t全長:(全)93.63m
出力(水上):5,400hp出力(水中):2,740hp全幅:8.31m
最大速力(水上):20.0kt最大速力(水中):8.75kt吃水:4.04m
航続距離(水上):10ktで11,000浬航続距離(水中):2ktで96浬乗員数:59名
燃料搭載量:重油328t(96,365ガロン)安全潜行深度:75m
主機関:General Motors製もしくはFairbanks-Morse製ディーゼル機関+General Electric製電動モーター×4基、2軸推進
武装:
《魚雷24発搭載》21inch魚雷発射管10門(艦首6、艦尾4)、
50口径3inch単装砲1基、12.7mm機関銃2基、7.62mm機関銃2基

同型艦名(6隻)
ガー[Gar]グランパス(初代)[Grampus(1)]グレイバック[Grayback]
グレイリング[Grayling]グレネーダー(初代)[Grenadier(1)]ガジョン[Gadgeon]

ガー型潜水艦について

 「タムボア」型に引き続き1940年度予算で建造された”T”型の第二グループにあたる艦。設計自体は「タムボア」型と変化ないが、若干燃料搭載量が増えているようである。
 当クラスの艦名はすべて”G”で始まる単語となっているが、”T”型と設計がほぼ同一であるため、各種資料でも”T”型に含まれている。

 第二次大戦では「タムボア」型と同様に開戦当初から第一線で活躍したが、こちらの姉妹艦は6隻中4隻が戦没しており、「タムボア」型に比べ生還率が低くなっている(性能差や乗員の能力などの問題ではなく、単に運不運の問題であろう)。


ガー型潜水艦の歴史
ガー[Gar] (SS-206)
1939年12月27日エレクトリックボート社[Electric Boat]にて起工
1940年11月 7日進水
1941年 4月14日竣工
     12月〜習熟訓練後、太平洋方面にて任務に従事
1943年 1月 9日マカッサル海峡にて日水上機母艦「能登呂」を雷撃、損傷を負わせる
1945年〜マリアナ諸島にて対潜訓練の練習艦として使用される
     12月11日退役。予備役艦となる
1948年 9月〜予備役訓練の練習艦として使用される
1959年11月28日除籍。スクラップとして売却される
グランパス(初代)[Grampus(1)] (SS-207)
1940年 1月14日エレクトリックボート社にて起工
     12月23日進水
1941年 5月23日竣工
     12月〜習熟訓練後、太平洋方面にて任務に従事
1942年10月25日ツラギ沖にて日軽巡「由良」を雷撃、大破させる
1943年 2月11日哨戒任務のためブリズベーンを出港、消息不明となる(沈没原因不明)
      6月21日亡失と認定。除籍
グレイバック[Grayback] (SS-208)
1940年 4月 3日エレクトリックボート社にて起工
1941年 1月31日進水
      6月30日竣工
     12月〜習熟訓練後、太平洋方面にて任務に従事
1943年12月18日東シナ海にて日駆「沼風」を撃沈
1944年 2月25日東シナ海からの報告通信を最後に消息を絶つ
(2月27日、日軍機の攻撃を受け沈没説がある)
      3月30日亡失と認定。除籍年月日不明
グレイリング[Grayling] (SS-209)
1939年12月15日ポーツマス海軍工廠[Portsmouth Naval Shipyard]にて起工
1940年 9月 4日進水
1941年 3月 1日竣工
      6月20日事故により沈没した「O−9」潜の捜索救助に参加
     12月〜太平洋戦争開戦。太平洋方面にて任務に従事
1943年 8月27日フィリピン近海からの報告通信を最後に消息を絶つ(沈没原因不明)
      9月30日亡失と認定。除籍年月日不明
グレネーダー(初代)[Grenadier(1)] (SS-210)
1940年 4月 2日ポーツマス海軍工廠にて起工
     11月20日進水
1941年 5月 1日竣工
      6月20日事故により沈没した「O−9」潜の捜索救助に参加
     12月〜太平洋戦争開戦。太平洋方面にて任務に従事
1943年 4月22日マラッカ海峡にて日駆潜艇の攻撃を受け損傷。浮上後降伏する
(船体は乗員脱出後に自沈した)
 除籍年月日不明(乗員が捕虜となった事実は1943年11月頃に判明した)
ガジョン[Gadgeon] (SS-211)
1939年11月22日メアーアイランド海軍工廠[Mare Island Naval Shipyard]にて起工
1941年 1月25日進水
      4月21日竣工
     12月〜習熟訓練後、太平洋方面にて任務に従事
1942年 1月26日ミッドウェイ島西方にて日潜「イ−73」を撃沈
1943年11月23日(20日説もある)中国沿岸部にて日海防艦「若宮」を撃沈
1944年 4月 4日哨戒任務のためジョンストン島を出港後、消息不明となる(沈没原因不明)
      6月 7日亡失と認定。除籍年月日不明


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,07,26