”PCE”型 警備艇

"PCE-842"&"PCE(R)-848" Class Patrol Craft Escorts

アメリカ海軍 他
アメリカ海軍 ビルマ海軍 コロンビア海軍 キューバ海軍 エクアドル海軍 韓国海軍 メキシコ海軍 フィリピン海軍 台湾海軍 南ベトナム海軍 沿岸警備隊


USS PCE-846
USS PCE(R)-856
(上段)「PCE846」/(下段)「PCE(R)856」
スペックデータ
排水量:(基)640t ボイラー:−−−−−−− 燃料搭載量:重油140t
全長:(全)56.24m
全幅:10.08m 主機:General Motors社製12-567Aもしくは12-278A
    ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:2.87m
出力:1,800hp
武装:
50口径3inch単装高角砲1基、40mm機関砲2〜6門(単装2基〜
連装3基)、20mm機関砲2〜5門(単装2〜5基)、ヘッジホッグ
投射機1基、爆雷搭載数40個(投射機4、投下軌条2)
最大速力:15.7kt
航続距離:15ktで4,000浬
乗員定数:110名

同型艦名(63隻:数が多いため中略して記述してあります)
(PCE型:40隻+キャンセル10隻)
PCE−842〜847
[PCE-842 - PCE-847]
PCE−861〜904
[PCE-861 - PCE-904]
(PCE(R)型:13隻)
PCE(R)−848〜860
[PCE(R)-848 - PCE(R)-860]
 

”PCE”型警備艇について

 イギリスへ貸与された”キル”型警備艇とほぼ同型(準同型)の小型警備・護衛艇。搭載機関も”キル”型と同型ディーゼルエンジンであるが、出力が高められており外洋での任務従事にも十分対応できるようになっている(PCE−882〜886およびPCE−895〜904、PCE(R)−854〜860は12-278Aディーゼルエンジンを搭載)。

 就役後は各戦線で船団護衛や対潜哨戒、警備任務などに従事した。またPCE(R)に類別された艇は搭載兵装を減じて救難任務(不時着水した損傷航空機や損傷浮上した潜水艦乗員の救難など)に従事している。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 AEM = アルビナ・エンジン&マシーナリー社 [Albina Engine and Machine Works]
 PSC = プルマン・スタンダード車両社 [Pullman-Standard Car Manufacruting]
 WIS = ウィラミット・アイアン&スティール社 [Willamette Iron & Steel ]
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
ビルマ海軍 = ビルマ コロンビア海軍 = コロンビア キューバ海軍 = キューバ エクアドル海軍 = エクアドル
韓国海軍 = 大韓民国 メキシコ海軍 = メキシコ フィリピン海軍 = フィリピン 台湾海軍 = 中華民国
南ベトナム海軍 = 南ベトナム 沿岸警備隊 = 沿岸警備隊    
類別変更(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
ACM = 機雷敷設艦へADG = 消磁艦へAG = 雑役艦へEPCE(R) = 実験警備艇(救難)へ
PCE = 警備艇へPCE(C) = 警備艇(輸送指揮)へPCE(R) = 警備艇(救難)へYDG = 消磁船へ
”PCE”型警備艇の歴史
艦番(艇名)造船所起工進水竣工戦歴など
PCE−842PSC'43.06.12'43.11.14'44.01.29'47.11.07退役、予備役練習船となる。'55.08.17保管船。
'56.02.15艇名を「マーファ」[Marfa]と改名。'61.06.01除籍。
'61.12.18貸与韓国海軍「タンポ」[당포/唐浦(Dang Po)]。
'67.01.19北朝鮮海岸砲台の砲撃を受け沈没
PCE−843PSC'43.06.25'43.11.24'44.01.30'55.03退役、保管船。'56.02.15艇名を「スカウヒーゲン」[Skowhegan]と改名。'60.07除籍。'61年売却
PCE−844PSC'43.07.08'43.12.01'44.02.18'47.11月売却メキシコ海軍「ペドロ・サインツ・デ・バランダス」[Pedro Sainz De Barandas]。'65年メキシコ海軍除籍
PCE−845PSC'43.07.25'43.12.01'44.03.01'47.12.22退役、保管船。'50.12.11再就役、練習船。
'56.02.15艇名を「ワーランド」[Worland]と改名。'64.05.25退役、保管船。'64.06.01除籍。'64.08.06ノースカロライナ州フィア岬技術協会[Cape Fear Technical Institute]に移籍し、艇名を「アドヴァンスII」[Advance II]と改名。'80年売却。'93年ノースカロライナ州海洋漁業部へ寄贈。'94年キティ・ホーク沖に人工岩礁として自沈
PCE−846PSC'43.08.10'43.12.20'44.03.04'56年艇名を「ユーニス」[Eunice]と改名。'60.11.29貸与エクアドル海軍「エスメラルダス」[Esmeraldas]。'78.03.31米海軍除籍。'78.08.30永年貸与へ移行。'79年海洋測量船となる。'82年エクアドル海軍除籍
PCE−847PSC'43.08.24'43.12.27'44.03.18'47年売却メキシコ海軍「ダヴィド・ポーター」[David Porter]。'65年頃メキシコ海軍除籍
PCE−861'44.03.21建造キャンセル
PCE−862'44.03.21建造キャンセル
PCE−863'44.03.21建造キャンセル
PCE−864'44.03.21建造キャンセル
PCE−865'44.03.21建造キャンセル
PCE−866'44.03.21建造キャンセル
PCE−867AEM'42.07.08'42.12.03'43.06.20'48.02.07貸与台湾海軍「ユンタイ」[永泰 (Yong Tai)]。'65年艇名を「シャンハイ」[山海 (Shan Hai)]と改名。'65.11.14共産軍の攻撃を受け損傷、退避(敵前逃亡とされ艇長(朱普華中校)他は軍法会議により懲役刑となる)。'72.07.01台湾海軍退役
PCE−868AEM'42.08.11'43.01.29'43.08.31'47.10.29退役。'47.11.08貸与メキシコ海軍「ビルヒリオ・ウリベ」[Virgilio Uribe]。'47.12.05米海軍除籍。'95年頃メキシコ海軍除籍
PCE−869AEM'42.09.02'43.02.06'43.09.19'46.02貸与台湾海軍「ユンシン」[永興 (Yong Xing)]。'49年艇名を「ウェイヤン」[維源 (Wei Yuan)]と改名。'72.07.01台湾海軍除籍
PCE−870AEM'42.11.30'43.02.27'43.10.05'55年艇名を「ダニエ」[Dania]と改名。'61年貸与韓国海軍「ピョクパ」[벽파/碧波 (Byeog Pa)]。'79年頃韓国海軍除籍
PCE−871AEM'42.12.02'43.03.10'43.10.29'47年売却メキシコ海軍「ブラス・ゴディネス」[Blas Godinez]。'65年頃メキシコ海軍除籍
PCE−872AEM'43.01.30'43.03.24'43.11.29'47.11.20売却キューバ海軍「カリビ」[Caribe]。'76年頃キューバ海軍除籍
PCE−873AEM'43.02.06'43.05.05'43.12.15'74.11.01貸与韓国海軍「ハンサン」[한산/閑山 (Han San)]。
'74.11.15米除籍。'77年頃韓国海軍除籍
PCE−874AEM'43.03.01'43.12.31'43.12.31'46.11.25退役、予備役練習船。'56.02.15艇名を「パスカグーラ」[Pascagoula]と改名。'59.05.01除籍。'60.12.05貸与エクアドル海軍「マナビ」[Manabi]。'78.08.30エクアドルへ売却。'80年エクアドル海軍除籍
PCE−875AEM'43.03.10'43.05.27'44.01.19'47年売却メキシコ海軍「トマス・マリン」[Tomas Marin]。'72年頃メキシコ海軍除籍
PCE−876AEM'43.05.27'43.09.30'44.06.10'43.12.23YDG-8。'46.05退役、保管船。'47.11.01ADG-8。
'55.02.01艇名を「ロウドストーン」[Lodestone]と改名。
'75.02.21除籍。翌年スクラップ
PCE−877AEM'43.05.06'43.08.11'44.02.14'45.08.20PCE(C)-877。'54.04予備役練習船。
'55.10.27PCE-877。'56.02.15艇名を「ハバー」[Havre]と改名。'70.07.01除籍
PCE−878AEM'43.??.??'43.??.??'44.04.??'44.03.27〜04.26機雷敷設艦への改修工事。'44年ACM-4、艇名を「バットレス」[Buttress]と改名。'47.02.24退役。
'47.03.05除籍。売却され商船「パシフィック・リーファー」[Pacific Reefer]となる。以降数度転売され'90年代に沈没
PCE−879AEM'43.05.27'43.09.30'44.07.10'43.12.23YDG-9、'46.12.11退役、保管船。'47.11.01ADG-9、'55.02.01艇名を「マグネット」[Magnet]と改名。'75.02.21除籍、'76.03.04カリフォルニア沖にて実艦標的に使用され沈没
PCE−880AEM'43.08.12'43.10.27'44.04.29'56.02.15艇名を「エリー」[Ely]と改名。'70.07.01除籍。売却されメイン州政府の観測船「アクアラブII」[Aqualab II]となる。以降数度転売され、2010年インデアン・リバー・インレット(デラウェア州)沖合に人工岩礁として自沈
PCE−881AEM'43.08.11'43.11.10'44.07.31'48.07貸与フィリピン海軍「セブ」[Cebu]。'75年米海軍除籍、供与へ移行。2016年時点で現役
PCE−882AEM'43.08.26'43.12.03'45.02.23'74.11.01貸与韓国海軍「ノリャン」[노량/露梁 (No Lyang)]、'74.11.15米除籍、供与へ移行。'77年頃韓国海軍除籍
PCE−883AEM'43.??.??'44.??.??'45.??.??'44.06YDG-10。後にADG-10。艇名を「デパーム」[Deperm]と改名。'47.11退役、予備役艦。'75.02.21除籍。'82.09.22カリフォルニア沖にて実艦標的に使用され沈没
PCE−884AEM'43.10.27'44.02.24'45.03.30'48.07貸与フィリピン海軍「ネグロス・オクシデンタル」[Negros Occidental]。2010.12フィリピン海軍除籍
PCE−885AEM'44.02.25'44.06.20'45.04.30'48.07貸与フィリピン海軍「レイテ」[Leyte]。'78年頃座礁沈没
PCE−886AEM'44.03.29'44.07.10'45.05.31'56.02.15艇名を「バンニング」[Banning]と改名。'61.05.01除籍。フッドリバー港管理局へ移管され、港内にて記念艦となる。'69年米海軍所有に戻る。'72年売却、翌年自沈処分
PCE−887'43.11.05建造キャンセル
PCE−888'43.11.05建造キャンセル
PCE−889'43.11.05建造キャンセル
PCE−890'43.11.05建造キャンセル
PCE−891WIS'42.10.28'43.04.24'44.06.15'48.07貸与フィリピン海軍「パンガシナン」[Pangasinan]。2016年時点で現役
PCE−892WIS'42.10.28'43.05.01'44.07.08'47.10退役、予備役練習船。'56.02.15艇名を「サマセット」[Somerset]と改名。'61.06.01除籍。'61.12.13貸与韓国海軍「ユルポ」[율포/栗浦 (Yul Po)]。'79年韓国海軍除籍
PCE−893WIS'42.10.27'43.05.08'44.07.25'47.11.20売却キューバ海軍「シボネイ」[Siboney]。'73年頃キューバ海軍退役。港湾ハルクとして再利用
PCE−894WIS'42.12.07'43.05.15'44.08.10'47.12.19退役。'64.12.01除籍。'65.05.31売却ビルマ海軍「ヤン・タイン・アウン」[Yan Taing Aung]。2000年(2005年説あり)ミャンマー海軍除籍、スクラップ
PCE−895WIS'42.12.02'43.05.18'44.10.30'56.02.15艇名を「クレストビュー」[Crestview]と改名。'61.11.29貸与南ベトナム海軍「ドン・ダII」[Dong Da II]。'75年サイゴン陥落時にフィリピンへ脱出、拿捕されフィリピン海軍「スルタン・クダラット」[Sultan Kudarat]となる。2016年時点で現役
PCE−896WIS'42.12.02'43.05.22'44.11.27後にPCE(C)-896。'64.05.28退役。'64.07.29移管沿岸警備隊(艇名不詳)。'74.11.11貸与韓国海軍「ミョンニャン」[명량/鳴梁 (Myeong Nyang)]。'74.11.15米海軍除籍、供与へ移行。
'77.12韓国海軍退役
PCE−897WIS'42.12.16'43.08.03'45.01.06'48年貸与フィリピン海軍「イロイロ」[Iloilo]。2016年時点で現役
PCE−898WIS'42.12.16'43.08.03'45.01.24後にPCE(C)-898。'74.11.01貸与韓国海軍「オクポ」[옥포/玉浦 (Okpo)]。'74.11.15米海軍除籍、供与へ移行。'77.09韓国海軍退役
PCE−899WIS'43.01.11'43.08.11'45.03.17'49.12.16退役、保管船。'56.02.15艇名を「ラマー」[Lamar]と改名。'60.12.13再就役、訓練任務に従事。'64.05.28退役。'64.06除籍。'64.07.29移管沿岸警備隊「ラマー」(沿岸警備隊就役は'65.09.11)。'69.09.30退役。'71年売却、スクラップ
PCE−900WIS'43.01.11'43.08.11'45.04.12'55.08.19退役、保管船。'56.02.15艇名を「グロトン」[Groton]と改名。'60.02.01除籍、民間へ売却
PCE−901WIS'43.05.10'43.07.08'44.04.28'44.04AG-72。'47.06.19退役。'47.08.01除籍。'48年売却、商船「パリス・アイランド」[Parris Island]となる。'90年頃スクラップ
PCE−902WIS'43.01.29'43.08.28'45.04.30'49年退役、予備役練習船。'56.02.15艇名を「ポーテジ」[Portage]と改名。'70.06.01除籍、民間へ売却
PCE−903WIS'43.02.18'43.09.06'45.05.16'55.09.06退役。'56.02.15艇名を「ベイツバーグ」[Batesburg]と改名。'61.06.01除籍。'61.12貸与韓国海軍「サチョン」[사천/泗川 (Sa Cheon)]。'79年頃韓国海軍退役
PCE−904WIS'43.02.18'43.09.09'45.05.31'50.01.05退役。'50.11.21再就役、訓練任務に従事。'55.09.02退役。'56.02.15艇名を「ゲティスバーグ」[Gettysburg]と改名。'60年売却、スクラップ
艦番(艇名)造船所起工進水竣工戦歴など
PCE(R)−848PSC'43.09.07'44.01.21'44.03.30'44.10.27レイテ沖にて日軍機の攻撃を受け損傷。'46.03退役。翌年売却(?)
PCE(R)−849PSC'43.09.24'44.01.31'44.04.11'45.06ボルネオ上陸支援中に沈船と接触、損傷。'56.02.15艇名を「サマーズワース」[Somersworth]と改名。'57.07ロングアイランド沖にて爆発事故のため損傷。'65.09退役。'66.04.01除籍。後に売却、'72年頃解体
PCE(R)−850PSC'43.10.06'44.02.08'44.04.17'56.02.15艇名を「フェアビュー」[Fairview]と改名。'59年EPCE(R)-850。'68.05.01退役。後に売却
PCE(R)−851PSC'43.10.18'44.02.22'44.05.15'44.10.25レイテ湾にて日軍機の攻撃を受け損傷。
'51.10.15EPCE(R)-851。'56.02.15艇名を「ロックヴィル」[Rockville]と改名。'68.12.21除籍。'69年貸与コロンビア海軍「サン・アンドレス」[San Andres]。'80年代にコロンビア沿岸警備隊へ移管。'80年代末に廃船
PCE(R)−852PSC'43.10.28'44.03.01'44.05.26'56.02.15艇名を「ブラトルバラ」[Brattleboro]と改名。'46年EPCE(R)-852。'56.02.15艇名を「ブラトルボロ」[Brattleboro]と改名。'66.07.11貸与南ベトナム海軍「ゴク・ホイ」[Ngoc Hoi]。'75年サイゴン陥落時にフィリピンへ脱出、拿捕されフィリピン海軍「ミゲル・マルヴァー」[Miguel Malvar]となる。2016年時点で現役
PCE(R)−853PSC'43.11.16'44.03.18'44.06.15'45.10退役、保管船。'50.11.28再就役、訓練任務に従事。'56.02.15艇名を「アマースト」[Amherst]と改名。
'70.02.06退役。'70.06.03除籍。'70.06貸与南ベトナム海軍「ヴァン・ケップII」[Van Kiep II]。'75年サイゴン陥落時にフィリピンへ脱出、拿捕されフィリピン海軍「ダトゥ・マリクド」[Datu Marikudo]となる。2010年12フィリピン海軍退役
PCE(R)−854PSC'43.11.24'44.03.27'45.01.04戦後売却、商船「リバティ・ベルII」[Liberty Belle II]となる。後にキューバへ売却。以降の消息不明
PCE(R)−855PSC'43.12.08'44.04.10'44.11.01'46.06.07EPCE(R)-855。'56.02.15艇名を「レックスバーグ」[Rexburg]と改名。'70.03.02除籍。'70.10.28売却、商船「アジア」[Asia]となる。後に数度転売され、2009年頃廃船
PCE(R)−856PSC'43.12.17'44.04.21'44.11.11'46.06.23退役、保管船。'50.11.18再就役、訓練任務に従事。'56.02.15艇名を「ホワイトホール」[Whitehall]と改名。'62.03.15PCE-856。'70.07.01除籍。'73.05.17売却、商船「ドナ・マリー」[Donna Marie]となる。以降も数度転売される
PCE(R)−857PSC'43.12.21'44.05.04'45.04.26'47.03.22EPCE(R)-857。'50.02.15艇名を「メリーズビル」[Marysville]と改名。'60年代末には海洋調査などに従事。'70.07退役。後に民間へ売却。'95年頃廃船
PCE(R)−858PSC'44.01.03'44.05.13'45.05.16'46.02.28退役、移管沿岸警備隊「ジャクソン」[Jackson]。'46.03.12米海軍除籍。'47.07.24沿岸警備隊退役。'47.12.23売却
PCE(R)−859PSC'44.01.14'44.11.28'45.03.10'47.06.12民間へ売却
PCE(R)−860PSC'44.01.25'44.05.30'45.03.31'46.09.18退役。移管沿岸警備隊「ベドロー」[Bedloe]。'47.07.17沿岸警備隊退役。'47.12.23売却


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,01,08(FirstUp 2006,01,02)