ファーゴ型 軽巡洋艦

"Fargo" Class Light Cruisers

アメリカ海軍


USS CL106 Fargo
スペックデータ
排水量:(満)14,500t ボイラー:Babcock&Wilcox罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:重油2,100t
全長:(全)185.39m
全幅:19.33m 主機:General Electric式ギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:7.47m
出力:100,000hp
武装:
47口径6inch3連装砲4基、38口径5inch連装両用砲6基、
40mmボフォース機関砲8門、20mmエリコン機関砲19門、
水偵2〜3機搭載
最大速力:32.5kt
航続距離:15ktで11,000浬
乗員定数:1,200名

同型艦名(2隻+キャンセル11隻)
ファーゴ[Fargo]ハンティントン[Huntington]ニューアーク[Newark]
ニュー・ヘヴン[New Heaven]バッファロー[Buffalo]ウィルミントン[Wilmington]
バレーオ[Vallejo]ヘレナ[Helena]ロアノーク[Roanoke]
タラハシー[Tallahasee]シャイアン[Cheyenne]チャタヌーガ[Chattanooga]
他未命名艦1隻  

ファーゴ型軽巡洋艦について
 無条約時代になって大量に建艦された 「クリーブランド」型軽巡洋 艦だったが、実戦に投入されると幾つかの点で改良を要する箇所が出てくるようになった。そこで米海軍で は建造計画を途中でうち切り、設計に修正を加えた改良型を引き続いて建造することにしたのである。
 復原性を確保するため上部構造物の重量をさらに抑え艦内区画の見直しを行った結果、各砲塔や銃座の位 置を低くし艦橋も対空兵装の邪魔にならないよう縮小する設計が行われた。またボイラーの配置も変更され たため煙突は1本の集合煙突に変更された。乗員の居住スペースを確保するため水偵の格納庫が縮小されて おり水偵の搭載数は減少している。
 これらの改良を加えた当クラスは「クリーブランド」型の最終艦である「デイトン(2代)」に引き続い て建造される予定であったが、実際に竣工したのはネームシップとなる「ファーゴ」と2番艦「ハンティン トン」だけで、残りの艦は大戦終結により建造中止もしくはキャンセルとなっている。完成した2隻も竣工 は終戦後となっているため、実戦に参加しないまま保管船となり最期はスクラップとして処分されている。

ファーゴ型軽巡洋艦の歴史
ファーゴ[Fargo](CL-106)
1943年 8月23日ニューヨーク造船にて起工
1945年 2月25日進水
     12月 9日竣工
1946年 4月〜カリブ海、南米近海で訓練任務に従事
      6月〜地中海方面で訓練任務に従事
1950年 2月14日退役。大西洋艦隊の予備役艦となる
1970年 3月 1日除籍。翌年8月スクラップとして売却される
ハンティントン[Huntington](CL-107)
1943年10月 4日ニューヨーク造船にて起工
1945年 4月 8日進水
1946年 2月23日竣工
      8月〜地中海方面で訓練任務に従事
1948年 6月〜アフリカ・南米近海で訓練任務に従事
1949年 6月15日退役。大西洋艦隊の予備役艦となる
1961年 9月 1日除籍。翌年6月スクラップとして売却される
ニューアーク[Newark](CL-108)
1944年 1月17日ニューヨーク造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年4月スクラップとして売却される
ニュー・ヘヴン[New Heaven](CL-109)
1944年 2月28日ニューヨーク造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される
バッファロー[Buffalo](CL-110)
1944年 4月 3日ニューヨーク造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される
ウィルミントン[Wilmington](CL-111)
1945年 3月 5日ニューヨーク造船にて起工
      8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される
バレーオ[Vallejo](CL-112)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、44年10月5日キャンセルされる
ヘレナ[Helena](CL-113)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、44年10月5日キャンセルされる
ロアノーク[Roanoke](CL-114)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、44年10月5日キャンセルされる
未命名[Unnamed](CL-115)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、44年10月5日キャンセルされる
タラハシー[Tallahasee](CL-116)
1944年 1月31日ニューポート・ニューズ造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される
シャイアン[Cheyenne](CL-117)
1944年 5月29日ニューポート・ニューズ造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される
チャタヌーガ[Chattanooga](CL-118)
1944年10月 9日ニューポート・ニューズ造船にて起工
1945年 8月12日建造中止。翌年スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2003,12,29