クリーブランド型 軽巡洋艦

"Cleveland" Class Light Cruisers

アメリカ海軍


USS CL56 Columbia
スペックデータ
排水量:(満)13,887t ボイラー:Babcock&Wilcox罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:重油2,100t
全長:(全)185.39m
全幅:19.33m 主機:General Electric式ギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:7.47m
出力:100,000hp
武装:
47口径6inch3連装砲4基、38口径5inch連装両用砲6基、
40mmボフォース機関砲24門、20mmエリコン機関砲10門、
水偵3〜4機搭載
最大速力:32.5kt
航続距離:15ktで11,000浬
乗員定数:1,200名

同型艦名(25隻+空母へ流用9隻+計画中止3隻)
クリーブランド
[Cleveland]
コロンビア
[Columbia]
モントピーリア
[Montpelier]
デンヴァー
[Denver]
アムステルダム
[Amsterdam]
サンタ・フェ
[Santa Fe]
タラハシー
[Tallahassee]
バーミングハム
[Birmingham]
モビール
[Mobile]
ヴィンセンズ(2代)
[Vincennes(2)]
パサデナ
[Pasadena]
スプリングフィールド
[Springfield]
トペカ
[Topeka]
ニュー・ヘヴン
[New Heaven]
ハンティントン
[Huntington]
デイトン
[Dayton]
ウィルミントン
[Wilmington]
ビロクシー
[Biloxi]
ヒューストン(2代)
[Houston(2)]
プロヴィデンス
[Providence]
マンチェスター
[Manchester]
バッファロー
[Buffalo]
ファーゴ
[Fargo]
ビックスバーグ
[Vicksburg]
ダルース
[Duluth]
ニューアーク
[Newark]
マイアミ
[Miami]
アストリア(2代)
[Astoria(2)]
オクラホマ・シティ
[Oklahoma City]
リトル・ロック
[Little Rock]
ガルベストン
[Galveston]
ヤングスタウン
[Youngstown]
バッファロー
[Buffalo]
リプリサル
[Reprisal]
アムステルダム
[Amsterdam]
ポーツマス
[Porstsmouth]
ウィルクス・バレー
[Wilkes-Barre]
アトランタ(2代)
[Atlanta(2)]
デイトン
[Dayton]

クリーブランド型軽巡洋艦について
 1937年になって軍縮条約の期限が切れたため、各国は条約の制限にとらわれない艦艇の建造に乗り出す ことになった(一部の国ではフライング気味な部分もあったが)。アメリカも例外でなく当「クリーブラ ンド」型を条約明けとなってから建造計画した。
 1940年度から42年度にかけて合計39隻もの大量数が発注されているが、結局軽巡として完成したの は26隻に過ぎなかった(それでも他の巡洋艦と比べれば膨大な数の姉妹艦と言える)。完成しなかった艦の うち9隻は 「インディペンデンス」型軽空母へ 船体を流用されており(この9艦は上記艦名リストに掲載してある)、1隻はミサイル巡洋艦として戦後完成 させられている。
 基本設計は 「ブルックリン」型の改良モデ ルであるが船体幅は若干拡大しており、復原性を確保するため砲塔を1基減らして上部構造物の重量を軽減 している。また5インチ両用砲の連装砲塔を6基(これは防空軽巡として建造された 「アトランタ」型第2グループ 以降の搭載砲門数と同じである)も搭載することで、防空能力は格段に高くなっている。
 大戦中期以降に相次いで竣工した当クラスは一部の例外を除いて太平洋戦線へ投入され、工業力で劣る日 本海軍に対し物量と最新技術の格差を見せつけることになったのである。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
表内の略称について
 BSQ = ベスレヘム・スティール社、 CSB = ウィリアム・クランプ&サンズ社、 NNS = ニューポート・ニューズ社、 NYSB = ニューヨーク造船
 CVL = 軽空母へ改装、 CLG = ミサイル(軽)巡洋艦へ改装
クリーブランド型軽巡洋艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工特記事項
55クリーブランド
[Cleveland]
NYSB'40.07.01'41.09.06'42.06.15'43.03.05クラ湾にて日駆「峯雲」
「村雨」を撃沈(共同)、
'47年退役、'59年除籍
56コロンビア
[Columbia]
NYSB'40.08.18'41.12.17'42.07.29'46年退役、'59年除籍
57モントピーリア
[Montpelier]
NYSB'40.12.02'42.02.12'42.09.09'43.03.05クラ湾にて日駆「峯雲」
「村雨」を撃沈(共同)、
'47年退役、'59年除籍
58デンヴァー
[Denver]
NYSB'40.10.26'42.04.04'42.10.15'43.03.05クラ湾にて日駆「峯雲」
「村雨」を撃沈(共同)、
'47年退役、'59年除籍
59アムステルダム
[Amsterdam]
NYSB'41.08.11----------------CVL-22 Independenceとして完成
60サンタ・フェ
[Santa Fe]
NYSB'41.06.07'42.06.10'42.11.24'46年退役、'59年除籍
61タラハシー
[Tallahassee]
NYSB'41.06.02----------------CVL-23 Princetonとして完成
62バーミングハム
[Birmingham]
NNS'41.02.17'42.03.20'43.01.29'47年退役、'59年除籍
63モビール
[Mobile]
NNS'41.04.14'42.05.15'43.03.24'47年退役、'59年除籍
64ヴィンセンズ(2代)
[Vincennes(2)]
BSQ'42.03.07'43.07.17'44.01.21当初艦名はフリント[Flint]
'46年退役、'66年除籍
65パサデナ
[Pasadena]
BSQ'43.02.06'43.12.28'44.06.08'50年退役、'70年除籍
66スプリングフィールド
[Springfield]
BSQ'43.04.21'44.03.09'44.09.09'50年退役、'59年CLG-7再就役
'74年退役、'78年除籍
67トペカ
[Topeka]
BSQ'43.04.21'44.08.19'44.12.23'49年退役、'60年CLG-8再就役
'69年退役、'73年除籍
76ニュー・ヘヴン
[New Heaven]
NYSB'41.08.11----------------CVL-24 Beleau Woodとして完成
77ハンティントン
[Huntington]
NYSB'41.11.17----------------CVL-25 Cowpensとして完成
78デイトン
[Dayton]
NYSB'41.12.29----------------CVL-26 Montereyとして完成
79ウィルミントン
[Wilmington]
NYSB'42.03.16----------------CVL-28 Cabotとして完成
80ビロクシー
[Biloxi]
NNS'41.07.09'43.02.23'43.08.31'46年退役、'61年除籍
81ヒューストン(2代)
[Houston(2)]
NNS'41.08.04'43.06.19'43.12.20当初艦名はビックスバーグ[Vicksburg]
'47年退役、'59年除籍
82プロヴィデンス
[Providence]
BSQ'43.07.27'44.12.28'45.5.15'49年退役、'59年CLG-6再就役
'73年退役、'78年除籍
83マンチェスター
[Manchester]
BSQ'44.09.25'46.03.05'46.10.29'56年退役、'60年除籍
84バッファロー
[Buffalo]
---------------------------'40年キャンセル
85ファーゴ
[Fargo]
NYSB'42.04.11----------------CVL-27 Langray(2)として完成
86ビックスバーグ
[Vicksburg]
NNS'42.10.26'43.12.14'44.06.12'47年退役、'62年除籍
87ダルース
[Duluth]
NNS'42.11.09'44.01.13'44.09.18'49年退役、'60年除籍
88ニューアーク
[Newark]
---------------------------'40年キャンセル
89マイアミ
[Miami]
CSB'41.08.02'42.12.08'43.12.28'47年退役、'61年除籍
90アストリア(2代)
[Astoria(2)]
CSB'41.09.06'43.03.06'44.05.17'49年退役、'69年除籍
91オクラホマ・シティ
[Oklahoma City]
CSB'42.12.08'44.02.02'44.12.22'47年退役、'60年CLG-5再就役
'79年退役、'79年除籍
92リトル・ロック
[Little Rock]
CSB'43.03.06'44.08.27'45.06.17'49年退役、'60年CLG-4再就役
'76年退役、'78年除籍
93ガルベストン
[Galveston]
CSB'43.08.27'45.04.22--------'45年建造中止、'59年CLG-3として完成
'70年退役、'73年除籍
94ヤングスタウン
[Youngstown]
CSB'44.09.04----------------'45年建造中止
99バッファロー
[Buffalo]
NYSB'42.08.31-----------------CVL-29 Bataanとして完成
100リプリサル
[Reprisal]
NYSB'42.10.26----------------CVL-30 San Jacintoとして完成
101アムステルダム
[Amsterdam]
NNS'43.03.03'44.04.25'45.01.08'47年退役、'71年除籍
102ポーツマス
[Porstsmouth]
NNS'43.06.28'44.09.20'45.06.25'49年退役、'70年除籍
103ウィルクス・バレー
[Wilkes-Barre]
NYSB'42.12.14'43.12.23'44.07.01'47年退役、'71年除籍
104アトランタ(2代)
[Atlanta(2)]
NYSB'43.01.25'44.02.06'44.12.03'49年退役、'64年除籍
'70年まで標的船(IX-304)として使用
105デイトン
[Dayton]
NYSB'43.03.08'44.03.19'45.01.07'49年退役、'61年除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2003,12,23