ニュー・オーリンズ型 重巡洋艦

"New Orleans" Class Heavy Cruisers

アメリカ海軍


USS CA32 New Orleans
重巡洋艦「ニュー・オーリンズ」(1930年代)
USS CA32 New Orleans
重巡洋艦「ニュー・オーリンズ」(1943年)

下記写真はイーグルモス社発行「隔週刊 世界の軍艦コレクション」付属の模型です(クリックで拡大(要Javascript))
ミネアポリス
第64号(2015.07.07)
重巡洋艦「ミネアポリス」1942年

スペックデータ
排水量:(満)13,200t ボイラー:Babcock & Wilcox罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:不明
全長:(全)179.30m
全幅:18.66m 主機:Westinghouse式ギヤードタービン×4基、4軸推進
   (TuscaloosaのみParsons式ギヤードタービン×4基)
吃水:7.01m
出力:107,000hp
武装:
55口径8inch3連装砲3基、25口径5inch単装砲8基、
28mm4連装機関砲4基、20mmエリコン機関砲12門、
水偵4基搭載
最大速力:32.7kt
航続距離:15ktで10,000浬
乗員定数:876〜1,200名

同型艦名(7隻)
ニュー・オーリンズ[New Orleans]アストリア(初代)[Astoria(1)]ミネアポリス[Minneapolis]
タスカルーサ[Tuscaloosa]サン・フランシスコ[Sun Fransisco]クインシー(初代)[Quincey(1)]
ヴィンセンズ(初代)[Vincennes(1)]  

ニュー・オーリンズ型重巡洋艦について
 「ポートランド」型重巡に続いて建造された条約型重巡。アメリカ海軍が1920年代から30年代にかけて建造した条約型重巡の中で最も数多く建造されたクラスである。当初は「アストリア」がネームシップとなる予定であったが完成が遅れたため、先に完成した「ニュー・オーリンズ」がネームシップとされている。計画時点では軽巡洋艦として類別されていたが、1930年にロンドン海軍条約が締結され重巡洋艦と軽巡洋艦を主砲口径で区別するようになったため、重巡洋艦へ類別変更となった。
 基本兵装は「ノーザンプトン」型で採用された三連装8インチ砲塔が踏襲されているが、艦橋の大型化により「ポートランド」では復原性能の低下を招いたため、当クラスでは乾舷の高さを下げたかわりに船首楼を延長するなどして居住スペースを確保している。また船体サイズが若干縮小したため対空機関砲は減少しているが、水偵搭載設備は大型化しており水偵の搭載機数は倍増して四機となった。
 第二次大戦では「タスカルーサ」を除く姉妹艦は太平洋戦線で活躍(「タスカルーサ」も大戦末期に太平洋戦線へ転戦)しており、うち三隻は第一次ソロモン海戦(米呼称サボ島沖海戦)で沈没してしまったが、残りの姉妹艦は終戦まで戦い抜き大戦終結後に退役している。

ニュー・オーリンズ型重巡洋艦の歴史
ニュー・オーリンズ[New Orleans](CA-32)
1931年 3月14日ニューヨーク海軍工廠にて起工
1933年 4月12日進水
1934年 4月18日竣工
 主にカリブ海、太平洋にて任務に従事
1941年12月 7日真珠湾にてドック入り中に日本軍の奇襲攻撃を受けるも損傷軽微
1942年 5月 7日〜珊瑚海海戦に参加
      6月 5日〜ミッドウェイ海戦に参加
      8月24日第二次ソロモン海戦(米呼称東部ソロモン海戦)に参加
     11月30日ルンガ沖夜戦(米呼称タサファロンガ海戦)に参加。日駆逐艦の雷撃を受け大破
     12月〜シドニーで応急修理の後、ピュージェット・サウンド海軍工廠にて本格修理を実施
1943年 8月〜戦線復帰。ハワイ近海にて習熟訓練を実施
     10月〜マーシャル諸島、ギルバート諸島などを攻撃
1944年 2月17日トラック島空襲を支援。日軽巡「香取」を撃沈(他艦と共同)
      6月19日〜マリアナ沖海戦(米呼称フィリピン海海戦)に参加
     10月12日〜台湾沖航空戦を支援
     10月23日〜比島沖海戦(米呼称レイテ湾海戦)に参加
1945年 4月〜沖縄攻略戦を支援
      8月〜スービック湾(フィリピン)にて終戦を迎え、中国沿岸部での占領任務に従事
1947年 2月10日退役。保管船となる
1959年 3月 1日除籍。同年9月スクラップとして売却される
アストリア[Astoria](CA-34)
1930年 9月 1日ピュージェット・サウンド海軍工廠にて起工
1933年12月16日進水
1934年 4月28日竣工
 主に太平洋にて任務に従事
1941年12月 7日〜太平洋戦争勃発により、戦争状態に突入
1942年 5月 7日〜珊瑚海海戦に参加
      6月 5日〜ミッドウェイ海戦に参加
      8月 9日第一次ソロモン海戦(米呼称サボ島沖海戦)に参加。日本艦隊の砲雷撃を受け沈没
ミネアポリス[Minneapolis](CA-36)
1931年 6月27日フィラデルフィア海軍工廠にて起工
1933年 9月 6日進水
1934年 6月20日竣工
 主にカリブ海、太平洋にて任務に従事
1941年12月 7日〜太平洋戦争勃発により、戦争状態に突入
1942年 1月〜ギルバート諸島、マーシャル諸島への攻撃を実施
      5月 7日〜珊瑚海海戦に参加
      6月 5日〜ミッドウェイ海戦に参加
      8月24日第二次ソロモン海戦に参加
     11月30日ルンガ沖夜戦に参加。日駆逐艦の雷撃を受け大破
1943年 1月〜メアーアイランドにて修理を実施。戦線復帰は同年8月
     10月〜マキン、ギルバート、クェゼリン、マジュロ、トラック等への攻撃を支援
1944年 2月17日トラック島空襲を支援。日軽巡「香取」を撃沈(他艦と共同)
      6月19日〜マリアナ沖海戦に参加。日艦爆の攻撃を受け小破
     10月23日〜比島沖海戦に参加
1945年 1月〜リンガエン湾、バターン、コレヒドール、慶良間列島等への上陸を支援
      9月〜終戦後は黄海での哨戒活動や復員兵輸送に従事
1947年 2月10日退役。保管船となる
1958年 3月 1日除籍。同年8月スクラップとして売却される
タスカルーサ[Tuscaloosa](CA-37)
1931年 9月 3日ニューヨーク造船にて起工
1933年11月15日進水
1934年 8月17日竣工
 主にカリブ海、北太平洋、本土東海岸にて任務に従事
1939年 9月〜第二次大戦勃発により、東海岸沿岸の警護を実施
1941年 9月〜アイスランド島警護のため派遣される
1942年〜北海にて船団護衛任務に従事
     11月〜連合軍の北アフリカ上陸を支援
1943年 3月〜大西洋にて船団護衛に従事
     10月〜ノルウェー沖にて独戦艦「ティルピッツ」攻撃を支援
1944年 6月〜ノルマンディ上陸作戦を支援
      9月〜フィラデルフィアにてオーバーホールを実施。戦線復帰は翌年1月
1945年 2月〜太平洋戦線へ転戦。硫黄島、沖縄攻略を支援
      9月〜終戦後は中国沿岸部にて哨戒活動に従事
1946年 2月10日退役。保管船となる
1959年 3月 1日除籍。同年6月スクラップとして売却される
サン・フランシスコ[Sun Fransisco](CA-38)
1931年 9月 9日メアーアイランド海軍工廠にて起工
1933年 3月 9日進水
1934年 4月23日竣工
 主に太平洋、本土東海岸にて任務に従事
1941年12月 7日真珠湾にてドック入り中に日本軍の奇襲攻撃を受けるも損傷軽微
1942年 1月〜ギルバート諸島、マーシャル諸島への攻撃を実施
     10月11日サボ島沖海戦(米呼称エスペランス岬海戦)に参加
     11月12日〜第三次ソロモン海戦(米呼称ガダルカナル海戦)に参加
日戦艦「霧島」の砲撃を受け大破
     12月〜メアーアイランドにて修理を実施。戦線復帰は翌年3月
1943年 7月〜キスカ、アッツ攻略を支援
      9月〜クェゼリン、マキン、ベバリー、マジュロ等への攻撃を実施
1944年 6月19日〜マリアナ沖海戦に参加
1945年〜硫黄島、沖縄攻略を支援
      9月〜終戦後は中国沿岸部にて哨戒活動に従事
1946年 2月10日退役。保管船となる
1959年 3月 1日除籍。同年9月スクラップとして売却される
クインシー[Quincey](CA-39)
1933年11月15日ベスレヘム・スティール社にて起工
1935年 6月19日進水
1936年 6月 9日竣工
      7月〜スペイン内乱に際し、自国民避難のため派遣される
 最終調整後は主に大西洋、南米近海にて任務に従事
1941年 2月〜第二次大戦勃発のため、西大西洋の警備活動に従事
1942年 6月〜太平洋戦線へ転戦。ガダルカナル、ルンガへの攻撃を支援
      8月 9日第一次ソロモン海戦に参加。日本艦隊の砲雷撃を受け沈没
ヴィンセンズ[Vincennes](CA-44)
1934年 1月 2日ベスレヘム・スティール社にて起工
1936年 5月21日進水
1937年 2月24日竣工
 大西洋、北海方面にて任務に従事
1939年 9月〜第二次大戦勃発のため、西大西洋の警備活動に従事
1942年 5月〜太平洋戦線へ転戦。珊瑚海方面で作戦に従事
      6月 4日〜ミッドウェイ海戦に参加
      8月 9日第一次ソロモン海戦に参加。日本艦隊の砲雷撃を受け沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,04(First Up2003,12,06)