アッシュヴィル(2代)型 フリゲート

"Asheville(2)" Class Patrol Frigate

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS PF-2 Natchez
スペックデータ
 
 
スペックについては英フリゲート”リバー”型の項を参照してください。

(備砲は50口径3inch単装高角砲3基、40mm単装機関砲8基に変更された)

同型艦名(2隻)
アッシュヴィル(2代)[Asheville(2)]ナッチェズ[Natchez] 

アッシュヴィル(2代)型フリゲートについて
 第二次大戦が勃発した時点では中立を保っていたアメリカであったが、イギリスをはじめとした欧州方面への物資輸送など戦争協力は行っていたため、通商破壊作戦のドイツ潜水艦が本土東海岸やカリブ海を脅かすようになってきた。そこで自国の船団を護衛するためや対潜哨戒に使用する小型艦としてイギリスが建造した”リバー”型フリゲートを逆レンドリースすることにし貸与を受けたのが当クラスの2隻である。
 カナダで建造された両艦は竣工時点で米海軍籍に編入され、米本土東河岸沿いやカリブ海などで哨戒任務に従事しているが、終戦後は余剰艦として南米諸国へ売却されている。

アッシュヴィル(2代)型フリゲートの歴史
アッシュヴィル(2代)[Asheville(2)](PG-101 / PF-1)
1942年 3月10日カナディアン・ヴィッカース社にて英フリゲート「エイデュー」として起工
      8月22日進水
     12月 1日竣工。米海軍に就役。艦名を「アッシュヴィル」(PG-101)と改名
1943年〜東海岸やカリブ海にて哨戒任務に従事
      4月15日パトロール・フリゲート(PF-1)へ類別変更
1944年 5月〜対潜戦用ギヤの実験艦として使用される
1945年 4月〜哨戒任務に復帰
1946年 1月14日退役
      2月25日除籍
      6月15日ユナイテッド・ボート・サービス社に売却される
 アルゼンチンへ転売され、艦名を「ヘラクレス」、後に「ユアン・B・アゾパルド」と
改名、以降消息不明
ナッチェズ[Natchez](PG-102 / PF-2)
1942年 3月16日カナディアン・ヴィッカース社にて英フリゲート「アナン(初代)」として起工
      9月12日進水
     12月16日竣工。米海軍に就役。艦名を「ナッチェズ」(PG-102)と改名
1943年〜東海岸やカリブ海にて哨戒任務などに従事
      4月15日パトロール・フリゲート(PF-2)へ類別変更
1945年 4月30日ハッテラス岬沖にて独潜「U-879」を撃沈(他艦と共同)
     10月11日退役(除籍日不明)
1947年 7月29日ルイス・ムーア社に売却
1948年 3月19日ドミニカ共和国へ転売され、艦名を「ファン・パブロ・ドゥアルテ」と改名
1949年11月プエルト・プラタ沖にて座礁損傷。放棄され放置状態となる
 民間人(プエルトリコの技術者フェリクス・ベニテス氏)に売却され、修理後に
個人ヨット「モアノ」となるが、以降の消息不明(1957年沈没説などあり)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2005,10,21