ジョン・C・バトラー型(WGT型) 護衛駆逐艦

John C. Butler Class (WGT) Destroyer Escorts

アメリカ海軍


USS DE402 Richard S.Bull
スペックデータ
排水量:(基)1,350t ボイラー:Combustion-Engineeringまたは
      Babcock&Wilcox罐・重油専焼×2基
燃料搭載量:重油347t
全長:(全)93.27m
全幅:11.23m 主機:Westinghouse式またはGM式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.90m
出力:12,000hp
武装:
38口径5inch単装砲2基、40mm連装機関砲2基(DE-448〜450は4連装
1基、DE-537、538は4連装1基、連装3基)、20mm単装機関砲10基(DE-
448〜450は連装3基、単装10基)、21inch魚雷3連装発射管1基、ヘッジ
ホッグ投射機1基、爆雷搭載数不明(投射機8、投下軌条2)
最大速力:24.0kt
航続距離:12ktで6,000浬
乗員定数:200名

同型艦名(83隻+建造中止4隻+キャンセル206隻)
ジョン・C・バトラー
[John C. Butler]
オフラハティ[O'Flaherty]レイマンド[Raymond]
リチャード・W・スーザンス
[Richard W. Suesens]
アバークロンビー
[Abercrombie]
オバレンダー
[Oberrender]
ロバート・ブレイジア
[Robert Brazier]
エドウィン・A・ハワード
[Edwin A. Howard]
ジェシー・ラザフォード
[Jesse Rutherford]
キー[Key]ジェントリー[Gentry]トロー[Traw]
モーリス・J・マヌエル
[Maurice J. Manuel]
ネイフ[Naifeh]ドイル・C・バーンズ
[Doyle C. Barnes]
ケネス・M・ウィレット
[Kenneth M. Willett]
ジャカード[Jaccard]ロイド・E・アクリー
[Lloyd E. Acree]
ジョージ・E・デイヴィス
[George E. Davis]
マック[Mack]ウッドソン[Woodson]
ジョニー・ハッチンス
[Johnnie Hutchins]
ウォルトン[Walton]ロルフ[Rolf]
プラット[Pratt]ロムバッハ[Rombach]マギンティ[McGinty]
アルヴィン・C・コックレル
[Alvin C. Cockrell]
フレンチ[French]セシル・J・ドイル
[Cecil J. Doyle]
サディアス・パーカー
[Thaddeus Parker]
ジョン・L・ウィリアムソン
[John L. Williamson]
プレスリー[Presley]
ウィリアムス(2代)
[Williams(2)]
ウィリアム・C・ロー
[William C. Lawe]
ロイド・トーマス
[Lloyd Thomas]
ケップラー[Keppler]クレインスミス[Kleinsmith]ヘンリー・W・タッカー
[Henry W. Tucker]
ウェイス[Weiss]フランコビック[Francovich]リチャード・S・ブル
[Richard S. Bull]
リチャード・M・ローウェル
[Richard M. Rowell]
エバソール(初代)
[Eversole(1)]
デニス[Dennis]
エドモンズ[Edmonds]シェルトン[Shelton]ストラウス[Straus]
ラ・プラード[La Prade]ジャック・ミラー
[Jack Miller]
スタフォード[Stafford]
ウォルター・C・ワン
[Walter C. Wann]
サミュエル・B・ロバーツ(初代)
[Samuel B. Roberts(1)]
ルレー・ウィルソン
[Le Ray Wilson]
ローレンス・C・テイラー
[Lawrence C. Taylor]
メルヴィン・R・ナウマン
[Melvin R. Nawman]
オリバー・ミッチェル
[Oliver Mitchel]
タッブラー[Tabberer]ロバート・F・ケラー
[Robert F. Keller]
リーランド・E・トーマス
[Leland E. Thomas]
チェスター・T・オブライエン
[Chester T. O'Brien]
ダグラス・A・マンロー
[Douglas A. Munro]
デュフィロ[Dufilho]
ハース[Haas]コービジェ[Corbesier]コンクリン[Conklin]
マッコイ・レイノルズ
[McCoy Reynolds]
ウィリアム・セイバーリング
[William Seiverling]
アルバート・M・ムーア
[Ulvert M. Moore]
ケンドール・C・キャンベル
[Kendall C. Campbell]
ゴス[Goss]グラディ[Grady]
チャールズ・E・ブラノン
[Charles E. Brannon]
アルバート・T・ハリス
[Albert T. Harris]
クロス[Cross]
ハンナ[Hanna]ジョセフ・E・コノリー
[Joseph E. Connolly]
ウッドロー・R・トンプソン
[Woodrow R. Thompson]
ステイネーカー[Steinaker]ギリガン[Gilligan]フォルモー[Formoe]
ヘイリガー[Heyliger]エドワード・H・アレン
[Edward H. Allen]
ツィーディ[Tweedy]
ハワード・F・クラーク
[Howard F. Clark]
シルバスタイン[Silverstein]ルイス[Lewis]
ビヴィン[Bivin]リッツィ[Rizzi]オスバーグ[Osberg]
ワグナー[Wagner]ヴァンディヴィア
[Vandivier]
シーハン[Sheehan]
オズワルド・A・パワーズ
[Oswald A. Powers]
グローブス[Groves]アルフレッド・ウルフ
[Alfred Wolf]
ハロルド・J・エリソン
[Harold J. Ellison]
マイルズ・C・フォックス
[Myles C. Fox]
チャールズ・R・ウェア
[Charlse R. Ware]
カルペロッティ[Carpellotti]ユージン・A・グリーン
[Eugene A. Greene]
ジィアット[Gyatt]
ベンナー[Benner]ケネス・D・ベイリー
[Kenneth D. Bailey]
デニス・J・バックレー
[Dennis J. Backley]
エヴェレット・F・ラーソン
[Everett F. Larson]
ロジャース・ブラッド
[Rogers Blood]
ウィリアム・R・ラッシュ
[William R. Rush]
ウィリアム・M・ウッド
[William M. Wood]
他未命名艦184隻 

ジョン・C・バトラー型護衛駆逐艦について
 減速ギアの生産が間に合わないとして電気推進の護衛駆逐艦を建造していたアメリカであったが、大戦 中期になって減速ギアの生産能力が強化され、護衛駆逐艦のような小型艦艇にも供給できるようになって きたため、ようやく本来の計画どおりのギヤードタービン推進艦として建造が行われることとなった。一 般にネームシップから名前を取って「ジョン・C・バトラー」型と呼称されるが、搭載機関からWGT( Westinghouse Geared-Turbine)型とも呼ばれている。
 「ラッデロウ」(TEV)型と同じ 低い艦橋を持つ船体をしており、機関のみがギヤードタービン化されている他はTEV型と兵装や能力に変 化は無い(一部の艦は対空兵装が強化されている)。全部で290隻あまりの建造が計画されたが、起工で きたのは100隻程度(うち竣工したのが81隻)で、残りは戦況の変化などにより建造中止もしくはキャ ンセルとなっている。
 建造着手が護衛駆逐艦シリーズの中で最も遅くなったため戦線への投入も大戦末期となり、あまり活躍の 場は残されていなかったが、それでも大西洋や太平洋で護衛・哨戒任務に従事しており(大西洋で護衛任務 などに従事した艦も1945年になって順次太平洋戦線へ転戦している)、一部の艦は太平洋戦線でサマー ル沖海戦などに参加し対水上艦艇戦闘を行ったものもある。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
表内の略称について
建造所略号:
 CDS = コンソリデーテッド鉄工、 BSB = ブラウン造船、 FSB = フェデラル造船、 BNY = ボストン海軍工廠、 DVC = ドラーヴォ社、
 WPS = ウェスタン・パイプ&スティール社
貸与・供与先海軍略号(略号の後の「 」内は貸与(譲渡)後の艦名):
 PT = ポルトガルへ貸与
類別変更:
 DER = レーダー哨戒護衛艦へ類別変更、 NRT = 予備役練習船へ類別変更
ジョン・C・バトラー型護衛駆逐艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
339ジョン・C・バトラー
[John C. Butler]
CDS'43.10.05'43.12.11'44.03.31南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.05.20沖縄沖にて日特攻機の攻撃を
受け損傷、'46.06.12退役・保管船、
'50.12.27再就役、NRT、'57.12.18退役・
保管船、'70.06.01除籍、'71.12実艦標的
に使用され沈没
340オフラハティ[O'Flaherty]CDS'43.10.04'43.12.14'44.04.08南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.04.02沖縄沖にて日特攻機の攻撃を
受け損傷、'47.01退役・保管船、
'72.12.01除籍、'73年スクラップ
341レイマンド[Raymond]CDS'43.11.03'44.01.08'44.04.15南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.24退役・保管船、'51.04.27再就役、
訓練任務に従事、'58.09.22退役、NRT、
'60.05.31保管船、'72.07.01除籍、
'74.01.22実艦標的に使用され沈没
342リチャード・W・スーザンス
[Richard W. Suesens]
CDS'43.08.18'43.11.17'44.03.09'44.06.29習熟訓練中にバザーズ湾にて
米掃海艇「ヴァラー」と衝突(「ヴァラー」
は沈没)、その後は南太平洋などで護
衛哨戒任務に従事、'45.01.12リンガエ
ン湾にて日特攻機の攻撃を受け損傷、
'47.01.15退役・保管船、'72.03.15除籍、
'73年スクラップ
343アバークロンビー
[Abercrombie]
CDS'43.11.08'44.01.14'44.05.01南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.15退役・保管船、'67.05.01除籍、
'68.01.07実艦標的に使用され沈没
344オバレンダー
[Oberrender]
CDS'43.11.08'44.01.18'44.05.11南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.05.09沖縄沖にて日特攻機の攻撃を
受け損傷、損傷大のため'45.07.11退役、
'45.07.25除籍、'45.11.06慶良間列島沖
にて味方艦の砲撃により自沈処分
345ロバート・ブレイジア
[Robert Brazier]
CDS'43.11.16'44.01.22'44.05.18北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.09.16退役・保管船、'68.01.01除籍、
'69.01.09実艦標的に使用され沈没
346エドウィン・A・ハワード
[Edwin A. Howard]
CDS'43.11.15'44.01.25'44.05.25南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.09.25退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
347ジェシー・ラザフォード
[Jesse Rutherford]
CDS'43.11.22'44.01.29'44.05.31北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.21退役・保管船、'68.01.01除籍、
'68.12.08実艦標的に使用され沈没
348キー[Key]CDS'43.12.14'44.02.12'44.06.05北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.09退役・保管船、'72.03.01除籍、
同年スクラップ
349ジェントリー[Gentry]CDS'43.12.13'44.02.15'44.06.14北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.02退役・保管船、'72.01.15除籍、
'73年スクラップ
350トロー[Traw]CDS'43.12.19'44.02.12'44.06.20北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.07退役・保管船、'67.08.01除籍、
'68.08.17実艦標的に使用され沈没
351モーリス・J・マヌエル
[Maurice J. Manuel]
CDS'43.12.22'44.02.19'44.06.30北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.20退役・保管船、'51.04.27再就役
訓練任務に従事、'57.10.30退役・保管船
'66.05.01除籍、'66.08実艦標的に使用さ
れ沈没
352ネイフ[Naifeh]CDS'43.12.29'44.02.29'44.07.04北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.27退役・保管船、'51.01.26再就役
朝鮮戦争に参加、'60.06.17退役・保管船
'66.01.01除籍、'66.07.11実艦標的に使用
され沈没
353ドイル・C・バーンズ
[Doyle C. Barnes]
CDS'44.01.11'44.03.04'44.07.13南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
354ケネス・M・ウィレット
[Kenneth M. Willett]
CDS'44.01.10'44.03.07'44.07.19南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.10.24退役・保管船、'51.05.25再就役
NRT、'59.02.26退役・保管船、'72.07.01除
籍、'74.03.06実艦標的に使用され沈没
355ジャカード[Jaccard]CDS'44.01.25'44.03.18'44.07.26南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.09.30退役・保管船、'67.11.01除籍、
'68.10.04実艦標的に使用され沈没
356ロイド・E・アクリー
[Lloyd E. Acree]
CDS'44.01.24'44.03.21'44.08.01南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.10.10退役・保管船、'72.01.15除籍、
'73年スクラップ
357ジョージ・E・デイヴィス
[George E. Davis]
CDS'44.02.15'44.04.08'44.08.11南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.08.26退役・保管船、'51.07.11再就役
訓練任務に従事、'54.11.11退役・保管船
'72.12.01除籍、'74年スクラップ
358マック[Mack]CDS'44.02.14'44.04.11'44.08.16南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.12.11退役・保管船、'72.03.15除籍、
'73年スクラップ
359ウッドソン[Woodson]CDS'44.03.07'44.04.29'44.08.24南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'51.05.19再就役
本土東海岸の哨戒任務に従事、
'57.12.04NRT、'62.08.11退役、'65.07.01
除籍、'66年スクラップ
360ジョニー・ハッチンス
[Johnnie Hutchins]
CDS'44.03.06'44.05.02'44.08.28南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.14退役・保管船、'50.06.23再就役
NRT、'58.02.25退役・保管船、'72.07.01
除籍、'74年スクラップ
361ウォルトン[Walton]CDS'44.03.21'44.05.20'44.09.04南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.09.26仁川沖で米揚陸艦「LST-557」
と衝突損傷、'46.05.31退役・保管船、
'51.01.26再就役、朝鮮戦争に参加、
'68.09.20退役、'68.09.23除籍、
'69.08.07実艦標的に使用され沈没
362ロルフ[Rolf]CDS'44.03.20'44.05.23'44.09.07南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.03退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
363プラット[Pratt]CDS'44.04.11'44.06.01'44.09.18南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.14退役・保管船、'72.03.15除籍、
'73年スクラップ
364ロムバッハ[Rombach]CDS'44.04.10'44.06.06'44.09.20南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07NRT、'58.01.09退役・保管船、
'72.03.01除籍、同年スクラップ
365マギンティ[McGinty]CDS'44.05.03'44.08.05'44.09.25南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'51.03.28再就役
朝鮮戦争に参加、'59.09.19退役、NRT
'61.08.25再就役、太平洋にて艦隊行動
に参加、'62.08.01退役、NRT、'68.09.23
除籍、'69年スクラップ
366アルヴィン・C・コックレル
[Alvin C. Cockrell]
CDS'44.05.01'44.08.08'44.10.07南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.02退役・保管船、'51.06.27再就役
訓練任務や護衛任務に従事、'58.07.01
NRT、'59.01.17退役・保管船、'61.10.01
再就役太平洋にて艦隊行動に参加、
'62.08.01退役・保管船、'68.09.23除籍、
'69.09.19実艦標的に使用され沈没
367フレンチ[French]CDS'44.05.01'44.06.17'44.10.09南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.29退役・保管船、'72.05.15除籍、
'73年スクラップ
368セシル・J・ドイル
[Cecil J. Doyle]
CDS'44.05.12'44.07.01'44.10.16南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.02退役・保管船、'67.07.01除籍、
'67.12.02実艦標的に使用され沈没
369サディアス・パーカー
[Thaddeus Parker]
CDS'44.05.23'44.08.26'44.10.25南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'51.09.21再就役
訓練任務に従事、'57.11.11NRT、
'67.09.01除籍、'68年スクラップ
370ジョン・L・ウィリアムソン
[John L. Williamson]
CDS'44.05.22'44.08.29'44.10.31南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.14退役・保管船、'70.09.15除籍、
'73年スクラップ
371プレスリー[Presley]CDS'44.06.06'44.08.19'44.11.07南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.20退役・保管船、'68.06.30除籍、
'70年スクラップ
372ウィリアムス(2代)
[Williams(2)]
CDS'44.06.05'44.08.22'44.11.11南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.04退役・保管船、'67.07.01除籍、
'68.06.29実艦標的に使用され沈没
373ウィリアム・C・ロー
[William C. Lawe]
CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
374ロイド・トーマス
[Lloyd Thomas]
CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
375ケップラー[Keppler]CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
376クレインスミス[Kleinsmith]CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
377ヘンリー・W・タッカー
[Henry W. Tucker]
CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
378ウェイス[Weiss]CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
379フランコビック[Francovich]CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
380
〜381
未命名[Unnamed]CDSで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
402リチャード・S・ブル
[Richard S. Bull]
BSB'43.08.18'43.11.16'44.02.26南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.03退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69.06.24実艦標的に使用され沈没
403リチャード・M・ローウェル
[Richard M. Rowell]
BSB'43.08.18'43.11.17'44.03.09南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.10.03モロタイ沖にて米潜「シーウル
フ」
を誤射撃沈(推定)、'44.10.28スリガ
オ海峡にて日潜「イ-54」(2代)を撃沈、
'46.07.02退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69年スクラップ
404エバソール(初代)
[Eversole(1)]
BSB'43.09.15'43.12.03'44.03.21南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.10.28レイテ沖にて日潜「イ-45」(推
定)の雷撃を受け沈没
405デニス[Dennis]BSB'43.09.15'43.12.04'44.03.20南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
406エドモンズ[Edmonds]BSB'43.11.01'43.12.17'44.04.03南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'51.02.28再就役
朝鮮戦争に参加、'59.03NRT、
'65.04退役・保管船、'72.05.15除籍、
'73年スクラップ
407シェルトン[Shelton]BSB'43.11.01'43.12.18'44.04.04南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.10.03モロタイ沖にて日潜「ロ-41」
雷撃を受け大破、曳航中に転覆沈没
408ストラウス[Straus]BSB'43.11.18'43.12.30'44.04.06南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'66.05.01除籍、
'73.08実艦標的に使用され沈没
409ラ・プラード[La Prade]BSB'43.11.18'43.11.31'44.04.20南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.11退役・保管船、'72.01.15除籍、
'73年スクラップ
410ジャック・ミラー
[Jack Miller]
BSB'43.11.29'44.01.10'44.04.13南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.01退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69年スクラップ
411スタフォード[Stafford]BSB'43.11.29'44.01.11'44.04.19南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.01.05リンガエン湾にて日特攻機の
攻撃を受け損傷、'46.05.16退役・保管
船、'72.03.15除籍、'73年スクラップ
412ウォルター・C・ワン
[Walter C. Wann]
BSB'43.12.06'44.01.19'44.05.02北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05(?)退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69年スクラップ
413サミュエル・B・ロバーツ(初代)
[Samuel B. Roberts(1)]
BSB'43.12.06'44.01.20'44.04.28南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.10.25サマール沖にて日艦隊と交戦
戦艦・重巡の砲撃を受け沈没
414ルレー・ウィルソン
[Le Ray Wilson]
BSB'43.12.20'44.01.28'44.05.10南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.01.10リンガエン湾にて日特攻機の
攻撃を受け損傷、'47.01.15退役・保管
船、'51.03.28再就役、朝鮮戦争に参加
'59.01.30退役・保管船、'72.05.15除籍、
'73年スクラップ
415ローレンス・C・テイラー
[Lawrence C. Taylor]
BSB'43.12.20'44.01.29'44.05.13南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.11.18フィリピン沖にて日潜「イ-41」
を撃沈、'45.07.16日本本土沖にて日潜
「イ-13」を撃沈(航空機と共同)、
'46.04.23退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
416メルヴィン・R・ナウマン
[Melvin R. Nawman]
BSB'44.01.03'44.02.07'44.05.16南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.04.24退役・保管船、'51.03.28再就役
訓練任務に従事、'58.06NRT、
'60.08.30退役・保管船、'72.07.01除籍、
'73年スクラップ
417オリバー・ミッチェル
[Oliver Mitchel]
BSB'44.01.03'44.02.08'44.06.14南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.04.24退役・保管船、'72.03.15除籍、
'73年スクラップ
418タッブラー[Tabberer]BSB'44.01.12'44.02.18'44.05.23南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.04.24退役・保管船、'51.04.07再就役
訓練任務に従事、'60.05退役・保管船、
'72.07.01除籍、'73年スクラップ
419ロバート・F・ケラー
[Robert F. Keller]
BSB'44.01.12'44.02.19'44.06.17南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.04.24退役・保管船、'46.09NRT、
'50.11.18再就役、訓練任務に従事、
'59.09.21退役、NRT、'61.10.02再就役、
訓練任務に従事、'62.08.01退役、NRT
'65.01保管船、'72.07.01除籍、'74年スク
ラップ
420リーランド・E・トーマス
[Leland E. Thomas]
BSB'44.01.21'44.02.28'44.06.19北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.03退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
421チェスター・T・オブライエン
[Chester T. O'Brien]
BSB'44.01.21'44.02.29'44.07.03北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.02退役・保管船、'51.03.28再就役
訓練任務に従事、'58.09.05NRT、
'59.02.21退役・保管船、'72.07.01除籍、
'74年スクラップ
422ダグラス・A・マンロー
[Douglas A. Munro]
BSB'44.01.31'44.03.08'44.07.11南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'51.02.28再就役
朝鮮戦争に参加、'60.06.24退役・保管
船、'65.12.01除籍、'66.01実艦標的に使
用され沈没
423デュフィロ[Dufilho]BSB'44.01.31'44.03.09'44.07.21南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.14退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
424ハース[Haas]BSB'44.02.23'44.03.20'44.08.02南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'51.05.19再就役
NRT、訓練任務に従事、'58.01.24退役・
保管船、'66.07.01除籍、'67年スクラップ
425
〜437
未命名[Unnamed]BSBで起工予定だったが'44.03.13キャンセル
438コービジェ[Corbesier]FSB'43.11.04'44.02.13'44.03.31南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.01.23ヤップ島沖にて日潜「イ-48」
撃沈(共同)、'46.07.02退役・保管船、
'72.12.01除籍、'73年スクラップ
439コンクリン[Conklin]FSB'43.11.04'44.02.13'44.04.21南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.11.19パラオ沖にて日潜「イ-37」
撃沈(共同)、'45.01.23ヤップ島沖にて
日潜「イ-48」を撃沈(共同)、'46.01.17
退役・保管船、'70.10.01除籍、'72年ス
クラップ
440マッコイ・レイノルズ
[McCoy Reynolds]
FSB'43.11.18'44.02.22'44.05.02南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'44.09.26パラオ沖にて日潜「ロ-47」を撃
沈、'44.11.19パラオ沖にて日潜「イ-37」
を撃沈(共同)、'46.05.31退役・保管船、
'51.03.28再就役、朝鮮戦争に参加、
'57.02.07退役、同日PT「コルト・リアル」
'68.11.01米除籍(同日PTからも除籍)、
同年ポルトガルにてスクラップ
441ウィリアム・セイバーリング
[William Seiverling]
FSB'43.12.02'44.03.07'44.06.01南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.03.21退役・保管船、'50.12.27再就役
朝鮮戦争に参加、'57.09.27退役・保管
船、'72.12.01除籍、'73年スクラップ
442アルバート・M・ムーア
[Ulvert M. Moore]
FSB'43.12.02'44.03.07'44.07.18南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.22退役・保管船、'51.01.27再就役
朝鮮戦争に参加、'51.10.17興南沖にて
共産軍海岸砲台の砲撃を受け損傷、
'58.10.10退役・保管船、'65.12.01除籍、
'66.07.13実艦標的に使用され沈没
443ケンドール・C・キャンベル
[Kendall C. Campbell]
FSB'43.12.16'44.03.19'44.07.31南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'72.01.15除籍、
'73年スクラップ
444ゴス[Goss]FSB'43.12.16'44.03.19'44.08.26南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.15退役・保管船、'50.12.27再就役
訓練任務に従事、'51.01NRT、'58.10.10
退役・保管船、'72.03.01除籍、同年スク
ラップ
445グラディ[Grady]FSB'44.01.03'44.04.02'44.09.11南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.02退役・保管船、'47.04.27NRT、
'50.11.21再就役、訓練任務に従事、
'57.12.18退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69年スクラップ
446チャールズ・E・ブラノン
[Charles E. Brannon]
FSB'44.01.13'44.04.23'44.11.01南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.21退役・保管船、'50.11.21再就役
訓練任務に従事、'60.06.18退役・保管
船、'68.09.23除籍、'69年スクラップ
447アルバート・T・ハリス
[Albert T. Harris]
FSB'44.01.13'44.04.16'44.11.29南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.26退役・保管船、'51.04.27再就役
訓練任務に従事、'57.09NRT、
'68.09.23除籍、'69.04.09実艦標的に使
用され沈没
448クロス[Cross]FSB'44.03.19'44.07.04'45.01.08南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.14退役・保管船、'51.06.06再就役
NRT、'58.01.02退役・保管船、'66.07.01
除籍、'68年スクラップ
449ハンナ[Hanna]FSB'44.03.23'44.07.04'45.01.27南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.31退役・保管船、'50.12.27再就役
朝鮮戦争に参加、'57.11.26NRT、
'59.12.11退役・保管船、'72.12.01除籍、
'73年スクラップ
450ジョセフ・E・コノリー
[Joseph E. Connolly]
FSB'44.04.06'44.08.06'45.02.28南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.06.20退役・保管船、'70.06.01除籍、
'72.02.24実艦標的に使用され沈没
451ウッドロー・R・トンプソン
[Woodrow R. Thompson]
FSBで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
452ステイネーカー[Steinaker]FSBで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
453
〜456
未命名[Unnamed]DVC他で起工予定だったが'44.06.06キャンセル
457
〜477
未命名[Unnamed]DVCで起工予定だったが'44.03.12キャンセル
478
〜507
未命名[Unnamed]FSBで起工予定だったが'43.10.02キャンセル
508ギリガン[Gilligan]FSB'43.11.18'44.02.22'44.05.12南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'45.01.12リンガエン湾にて日特攻機の
攻撃を受け損傷、'46.07.02退役・保管
船、'50.07.15再就役、訓練任務に従事、
'59.03.31退役・保管船、'72.03.01除籍、
'73年スクラップ
509フォルモー[Formoe]FSB'44.01.03'44.04.02'44.10.05南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.27退役・保管船、'51.06.27再就役
訓練任務に従事、'57.02.07退役、
同日PT「ディオゴ・カン」
'68.10.01米除籍(同日PTからも除籍)、
同年ポルトガルにてスクラップ
510ヘイリガー[Heyliger]FSB'44.04.27'44.08.06'45.03.24中部太平洋で訓練・守備任務に従事
'46.06.20退役・保管船、'51.03.28再就役
米本土東海岸にて哨戒任務に従事
'58.01.02退役・保管船、'66.05.01除籍、
'69年実艦標的に使用され沈没
511未命名[Unnamed]DVCで起工予定だったが'44.06.06キャンセル
512
〜515
未命名[Unnamed]WPSで起工予定だったが'44.03.12キャンセル
531エドワード・H・アレン
[Edward H. Allen]
BNY'43.08.31'43.10.07'43.12.16カリブ海にて訓練任務に従事
'46.05.10退役・保管船、'51.02.26再就役
北大西洋にて訓練・哨戒任務に従事
'58.01.09退役・保管船、'72.07.01除籍、
'74年スクラップ
532ツィーディ[Tweedy]BNY'43.08.31'43.10.07'44.02.12カリブ海にて訓練・哨戒任務に従事
'46.05.10退役・保管船、'52.04.02再就役
訓練・哨戒任務に従事、'69.06.30除籍、
'70.05実艦標的に使用され沈没
533ハワード・F・クラーク
[Howard F. Clark]
BNY'43.10.08'43.11.08'44.05.25南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.07.15退役・保管船、'72.05.15除籍、
'73年スクラップ
534シルバスタイン[Silverstein]BNY'43.10.08'43.11.08'44.07.14南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'51.02.28再就役
朝鮮戦争に参加、'58.05.28ハワイ沖に
て米潜「スティクルバック」と衝突損傷、
潜水艦は沈没、'59.01.30退役・保管船、
'72.12.01除籍、'73年スクラップ
535ルイス[Lewis]BNY'43.11.03'43.12.07'44.09.05南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'46.05.01退役・保管船、'52.03.28再就役
朝鮮戦争に参加、'60.05.27退役・保管
船、'66.01.01除籍、'66.07実艦標的に使
用され沈没
536ビヴィン[Bivin]BNY'43.11.03'43.12.07'44.10.31南太平洋などで護衛・哨戒任務に従事
'47.01.15退役・保管船、'68.06.30除籍、
'69.07.17実艦標的に使用され沈没
537リッツィ[Rizzi]BNY'43.11.03'43.12.07'45.06.26第二次大戦への参加なし。訓練任務
に従事、'46.06.18退役・保管船、
'51.03.28再就役、訓練任務に従事、
'58.02.28退役・保管船、'72.08.01除籍、
'74年スクラップ
538オスバーグ[Osberg]BNY'43.11.03'43.12.07'45.12.10第二次大戦への参加なし。訓練任務
に従事、'47年退役・保管船、'51.02.26
再就役、訓練任務に従事、'58.02.25
退役・保管船、'72.08.01除籍、'74年
スクラップ
539ワグナー[Wagner]BNY'43.11.08'43.12.27'55.11.22'47.02.17進捗率61.5%で工事中止
'53.10.19DER-539、'54.07.01工事再開
'55.11.22就役、大西洋にて訓練・哨戒
任務に従事、'60.03.31退役・保管船、
'74.11.01除籍、後に実艦標的に使用さ
れ沈没
540ヴァンディヴィア
[Vandivier]
BNY'43.11.08'44.12.27'55.10.11'47.02.17工事中止(進捗率不明)
'54.07.01工事再開、'54.09.02DER-540
'55.10.11就役、カリブ海などで訓練・哨
戒任務に従事、'60.06.30退役・保管船、
'74.11.01除籍、'75.02.07実艦標的に使
用され沈没
541シーハン[Sheehan]BNY'43.11.08'43.12.17'--.--.--'46.01.07建造中止
船台上で解体される
542オズワルド・A・パワーズ
[Oswald A. Powers]
BNY'43.11.18'43.12.17'--.--.--'46.01.07建造中止
船台上で解体される
543グローブス[Groves]BNY'43.12.09'44.01.27'--.--.--'44.09.05建造中止
船台上で解体される
544アルフレッド・ウルフ
[Alfred Wolf]
BNY'43.12.09'44.01.27'--.--.--'44.09.05建造中止
船台上で解体される
545ハロルド・J・エリソン
[Harold J. Ellison]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
546マイルズ・C・フォックス
[Myles C. Fox]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
547チャールズ・R・ウェア
[Charlse R. Ware]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
548カルペロッティ[Carpellotti]BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
549ユージン・A・グリーン
[Eugene A. Greene]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
550ジィアット[Gyatt]BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
551ベンナー[Benner]BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
552ケネス・D・ベイリー
[Kenneth D. Bailey]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
553デニス・J・バックレー
[Dennis J. Backley]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
554エヴェレット・F・ラーソン
[Everett F. Larson]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
555ロジャース・ブラッド
[Rogers Blood]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
556ウィリアム・R・ラッシュ
[William R. Rush]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
557ウィリアム・M・ウッド
[William M. Wood]
BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
558
〜562
未命名[Unnamed]BNYで起工予定だったが'44.06.10キャンセル
801
〜904
未命名[Unnamed]BNY他で起工予定だったが'43.09.15キャンセル


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2018,06,17(FirstUp 2005,10,10)