ギアリング型 駆逐艦

"Gearing" Class Destroyers

アメリカ海軍


USS DD714 William R. Rush
スペックデータ(数値データは計画値)
排水量:(基)2,430t ボイラー:Babcock & Wilcox罐・重油専焼×4基(DD-766〜769、782
〜791、824、862〜872、887はForster Wheeler罐・重油専焼×4基)
燃料搭載量:
重油708t
全長:(全)119.02m
全幅:12.45m 主機:General Electric式ギヤードタービン(DD-710〜712、714、715、717、718、742、
743、822、823、850〜853、859、868〜870、879、880、886はWestinghouse式ギヤー
ドタービン)×2基、2軸推進
吃水:4.37m
出力:60.000hp
武装:
38口径5inch連装両用砲3基、40mmボフォース4連装機関砲2基、同連装2基、
20mmエリコン機関砲11門、21inch魚雷5連装発射管2基、爆雷26個搭載
(投射機6、投下軌条2)※一部艦は魚雷発射管1基もしくは全部を減じている。
また爆雷の替わりにヘッジホッグ投射機1基を搭載した艦もある
最大速力:34.8kt
航続距離:15ktで6,000浬
乗員定数:336〜367名

同型艦名(98隻+キャンセル54隻)
ギアリング
[Gearing]
ユージン・A・グリーン
[Eugene A. Greene]
ギャット
[Gyatt]
ケネス・D・ベイリー
[Kenneth D. Bailey]
ウィリアム・R・ラッシュ
[William R. Rush]
ウィリアム・M・ウッド
[William M. Wood]
ウィルツィー
[Wiltsie]
セオドア・E・チャンドラー
[Theodore E. Chandler]
ハムナー
[Hamner]
エパーソン
[Epperson]
キャッスル
[Castle]
ウッドロー・R・トンプソン
[Woodrow R. Thompson]
フランク・ノックス
[Frank Knox]
サウザーランド[Southerland]ウィリアム・C・ロー
[William C. Lawe]
ロイド・トーマス
[Lloyd Thomas]
ケップラー
[Keppler]
ランズデール
[Lansdale]
シーモア・D・オーウェンス
[Seymour D. Owens]
ホーエル
[Hoel]
アブナー・リード
[Abner Read]
ローワン(2代)
[Rowan(2)]
グーク
[Gurke]
マッケーン(2代)
[McKean(2)]
ヘンダーソン
[Henderson]
リチャード・B・アンダーソン
[Richard B. Anderson]
ジェームス・E・カイズ
[James E. Kyes]
ホリスター
[Hollister]
エバソール(2代)
[Eversole(2)]
シェルトン
[Shelton]
シーマン
[Seaman]
シェバリエ(2代)
[Chevalier(2)]
ヒグビー
[Higbee]
ベンナー
[Benner]
デニス・J・バックレー
[Dennis J. Buckley]
チャールズ・H・ローン
[Charles H. Roan]
ティンマーマン
[Timmerman]
コリー(3代)
[Corry(3)]
ニュー
[New]
ホルダー(2代)
[Holder(2)]
リッチ(2代)
[Rich(2)]
ジョンストン(2代)
[Johnston(2)]
ロバート・H・マッカード
[Robert H. McCard]
サミュエル・B・ロバーツ(2代)
[Samuel B. Roberts(2)]
バジロン
[Basilone]
カーペンター
[Carpenter]
エージャホルム
[Agerholm]
ロバート・A・オーウェンス
[Robert A. Owens]
ティンマーマン
[Timmerman]
マイルズ・C・フォックス
[Myles C. Fox]
エヴェレット・F・ラーソン
[Everett C. Larson]
グッドリッチ
[Goodrich]
ハンソン
[Hanson]
ハーバート・J・トーマス
[Herbert J. Thomas]
ターナー(3代)
[Turner(3)]
チャールズ・P・セシル
[Charles P. Cecil]
ジョージ・K・マッケンジー
[George K. MacKenzie]
サースフィールド
[Sarsfield]
アーネスト・G・スモール
[Ernest G. Small]
パワー
[Power]
グレンノン(2代)
[Glennon(2)]
ノア(2代)
[Noa(2)]
フィスク(2代)
[Fiske(2)]
ウォリントン(2代)
[Warrington(2)]
ペリー(2代)
[Perry(2)]
バウセル
[Bausell]
オズボーン
[Ozbourn]
ロバート・L・ウィルソン
[Robert L. Wilson]
ウィテク
[Witek]
リチャード・E・クラウス
[Richard E. Kraus]
ジョセフ・P・ケネディ・Jr
[Joseph P. Kennedy Jr.]
ルパータス
[Rupertus]
レオナルド・F・メイソン
[Leonard F. Mason]
チャールズ・H・ローン
[Charles H. Roan]
ロバート・A・オーウェンス
[Robert A. Owens]
フレッド・T・ベリー
[Fred T. Berry]
ノリス
[Norris]
マッキャフェリー
[McCaffery]
ハーウッド
[Harwood]
ボーゲルゲサング
[Vogelgesang]
スタイネイカー
[Steinaker]
ハロルド・J・エリソン
[Harold J. Ellison]
チャールズ・R・ウェア
[Charles R. Ware]
コーン
[Cone]
ストリブリング(2代)
[Stribling(2)]
ブラウンソン(2代)
[Brownson(2)]
アーノルド・J・イズベル
[Arnold J. Isbell]
フェクテラー(2代)
[Fechteler(2)]
ダマート
[Damato]
フォレスト・ロイヤル
[Forrest Royal]
ホーキンス
[Hawkins]
ダンカン(2代)
[Duncan(2)]
ヘンリー・W・タッカー
[Henry W. Tucker]
ロジャース
[Rogers]
パーキンス(2代)
[Perkins(2)]
ヴェソール
[Vesole]
リアリー(2代)
[Leary(2)]
ダイス
[Dyess]
ボーダロン
[Bordelon]
ファース
[Furse]
ニューマン・K・ペリー
[Newman K. Perry]
フロイド・B・パークス
[Floyd B. Parks]
ジョン・R・クレイグ
[John R. Craig]
オーレック
[Orleck]
ブリンクレイ・バス
[Brinkley Bass]
スティッケル
[Stickell]
オヘア
[O'hare]
メレディス(4代)
[Meredith(4)]
他未命名艦44隻  

ギアリング型駆逐艦について
 戦時急造の大型駆逐艦「フレッチャー」型の 改良型として「アレン・M・サムナー」型( 以下「サムナー」型と略す)を建造開始した米海軍だったが、「サムナー」型は燃料搭載量の不足から戦時航続距離が短く なり、排水量増加から最高速度も低下していたため途中で建造計画を打ち切り、航続距離や速度を増した改良型へ建造を移 行することにした。そこで改設計を加えられ登場したのが、当「ギアリング」型である。
 前部機関室と後部機関室の間の胴体を4メートル程延長し燃料タンクを大型化することで航続距離を延伸させ、船体延長に より細長くなった船体で最高速度の増加も狙った設計であったが、航続距離こそ伸びた(平時巡航の距離は一緒だが、戦時 速度では「サムナー」型が20ノットで3,240浬だったものが当クラスは4,380浬となった)ものの、更なる排水 量の増加から最高速度は逆に低下してしまい、平均34ノット程度と同時期の列強駆逐艦中最低レベルにまで落ち込んでし まっている。
 計画では152隻(うち2隻(「カーペンター(DD-825)」と「ロバート・A・オーウェンス(DD-827)」)は対潜兵装が強 化されているため資料によっては「カーペンター」型として別に分類されているものもある)の建造が予定されたが、実際 に着工したのは107隻で、うち9隻は建造中止となっているため最終的に竣工したのは98隻となっている。しかし大半は 大戦末期から戦後にかけて竣工しているため第二次大戦ではほとんど活躍しておらず。戦後に米海軍駆逐艦戦力の中核として 朝鮮戦争やベトナム戦争に従軍した後、一部の艦は1970年代になって海外へ譲られている。
註:当クラスには同じ艦名の艦が複数存在するが、これはキャンセルにより後続艦などに艦名が引き 継がれているためなので、未竣工艦は代としてカウントしない当サイトのルールに従って、何代目の表記は行っていない。な お、「シェルトン」(DD-790)の台湾海軍供与後の艦名はJISコードではなくUniコードで記述してあるため、お使いの コンピュータ環境によっては見ることができない可能性があります。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
表内の略称について
建造所略号:
 FSB= フェデラル造船、BIW= バス鉄工所、BSF= ベスレヘム造船サン・フランシスコ造船所、BSS= ベスレヘム造船スタテン・アイランド造船所、
 BSSP= ベスレヘム造船サン・ペドロ造船所、BSQ= ベスレヘム造船クインシー造船所、TOD= トッド・パシフィック造船、CDS= コンソリデーテッド鉄工、
 BNY= ボストン海軍工廠
貸与・供与・売却先国略号:
 AR= アルゼンチン、EC= エクアドル、EG= エジプト、ES= スペイン、GR= ギリシア、IR= (帝政)イラン、IT= イタリア、KR= 大韓民国、MX= メキシコ、
 PK= パキスタン、TR= トルコ、TW= 台湾(中華民国)(国略号の後の「 」内は貸与・供与後の艦名)
類別変更:
 DDG= 誘導ミサイル駆逐艦へ類別変更、DDR= レーダーピケット駆逐艦へ類別変更、DDE= 護衛駆逐艦へ類別変更、DDK= 対潜駆逐艦へ類別変更、
 EDD= 実験駆逐艦へ類別変更、AG= 雑役艦へ類別変更、DD= 駆逐艦へ(再度)類別変更
 (類別変更年月日の項に( )書きで国略号を付記している場合は、その国での類別変更を示す)
ギアリング型駆逐艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工経歴など
710ギアリング
[Gearing]
FSB'44.08.10'45.02.18'45.05.03'70年退役、'73.07.01除籍、
'74年スクラップ
711ユージン・A・グリーン
[Eugene A. Greene]
FSB'44.08.17'45.03.18'45.06.08'52.07.18DDR-711、'63.03.15DD-711、
'72.08.31退役、同日ES「チュルカ」
'75.06.02米除籍、'78.05.17ESへ売却、
'89.09.15ES除籍、'91.12.12実艦標的
として使用され沈没
712ギャット
[Gyatt]
FSB'44.09.07'45.04.15'45.07.02'55.12.01DDG-1、'56.12.30DDG-712、
'57.05.23DDG-1、'62.10.01DD-712、
'69.10.22除籍、'70.06.11実艦標的
として使用され沈没
713ケネス・D・ベイリー
[Kenneth D. Bailey]
FSB'44.09.21'45.06.17'45.07.31'53.04.09DDR-713、'69.01.01DD-713、
'70.01.20退役、'74.02.01除籍、
'75.01.13IR部品取り用売却
714ウィリアム・R・ラッシュ
[William R. Rush]
FSB'44.10.19'45.07.08'45.09.21'52.07.18DDR-714、'64.07.01DD-714、
'78.07.01除籍、同日KR「カンウォン」
2000.12.29KR退役、記念艦として公開
715ウィリアム・M・ウッド
[William M. Wood]
FSB'44.11.02'45.07.29'45.11.24'53.04.09DDR-715、'64.07.01DD-715、
'76.12.01除籍、'83.03実艦標的として
使用され沈没
716ウィルツィー
[Wiltsie]
FSB'45.03.13'45.08.31'46.01.12'76.01.30除籍、'77.04.29PK「タリク」
'90.01.25艦名を「ナジム」と改名
'98年PK除籍、スクラップ
717セオドア・E・チャンドラー
[Theodore E. Chandler]
FSB'45.04.23'45.10.20'46.03.22'75.04.01除籍、'75年スクラップ
718ハムナー
[Hamner]
FSB'45.04.25'45.11.24'46.07.12'79.10.01除籍、'80.12.17
TW「雲陽(ユン・ヤン)」
2003.12.16TW除籍
719エパーソン
[Epperson]
FSB'45.06.20'45.12.22'49.03.19'48.01.28DDR-718、'62.06.30DD-719、
'76.01.30除籍、'77.04.29
PK「タイムール」
'99年PK除籍、2000.03実艦標的
として使用され沈没
720キャッスル
[Castle]
FSB'45.07.11'46.??.??'46.02.11建造中止、
'54.11.02除籍、'55年スクラップ
721ウッドロー・R・トンプソン
[Woodrow R. Thompson]
FSB'45.08.01'46.??.??'46.02.11建造中止
'54.11.02除籍、'55年スクラップ
742フランク・ノックス
[Frank Knox]
BIW'44.05.08'44.09.17'44.12.11'49.03.18DDR-742、'69.01.01DD-742、
'71.01.23GR「テミストクレス」
'71.01.30米除籍、'92年GR除籍、
2001.09.11実艦標的使用、沈没
743サウザーランド
[Southerland]
BIW'44.05.27'44.10.05'44.12.22'49.03.18DDR-743、'64.04.01DD-743、
'81.02.23除籍、'83年以降標的船、
'97.08.02実艦標的使用、沈没
763ウィリアム・C・ロー
[William C. Lawe]
BSF'44.03.12'45.05.21'46.12.18'83.10.01除籍、'99.07.14以降標的船
764ロイド・トーマス
[Lloyd Thomas]
BSF'44.03.26'45.10.05'47.03.21'50.03.04DDE-764、'62.06.30DD-764、
'73.10.12除籍、同日TW「漢陽(2)(ハン・
ヤン)」、'99.03.16TW除籍、2002.10.31
人工岩礁として自沈
765ケップラー
[Keppler]
BSF'44.04.23'46.06.24'47.05.23'50.03.04DDE-765、'62.06.30DD-765、
'72.07.01除籍、同日
TR「ティナズテーペ」
'82年TR除籍、スクラップ
766ランズデール
[Lansdale]
BSSF'44.04.02'46.12.20'46.01.07建造中止となるが進水まで工事続行、
'59年スクラップ(一部DD-884修理用に使用)
767シーモア・D・オーウェンス
[Seymour D. Owens]
BSSF'44.04.03'47.02.24'46.01.07建造中止となるが進水まで工事続行、
'59年スクラップ(一部DD-883修理用に使用)
768ホーエル
[Hoel]
BSSF'44.04.21'46.09.12建造中止、後に船台上で解体
769アブナー・リード
[Abner Read]
BSSF'44.05.21'46.09.12建造中止、後に船台上で解体
782ローワン(2代)
[Rowan(2)]
TOD'44.03.25'44.12.29'45.03.31'76.01.30除籍、'77.06.10
TW「朝陽(チャオ・ヤン)」
'77.08.22台湾へ向けて曳航中に
遭難、消息不明となる
783グーク
[Gurke]
TOD'44.07.01'45.02.15'45.05.12'76.01.30除籍、'77.03.17
GR「トンバジス」
'87.01.12GR除籍、
'98年以降クレタ島に係留
784マッケーン(2代)
[McKean(2)]
TOD'44.09.15'45.03.31'45.06.09'81.10.01除籍、
'82.11.02TR部品取り用として売却
785ヘンダーソン
[Henderson]
TOD'44.10.27'45.05.28'45.08.04'80.09.30除籍、'80.10.01
PK「トゥグリル」
'98年艦名を「ナジム」と改名
2001年TR退役
786リチャード・B・アンダーソン
[Richard B. Anderson]
TOD'44.12.01'45.07.07'45.10.26'76.01.30除籍、'77.06.10
TW「開陽(カイ・ヤン)」
'99.11.16TW除籍、以降係留
787ジェームス・E・カイズ
[James E. Kyes]
TOD'44.12.27'45.08.04'46.02.08'73.03.31除籍、'73.04.18
TW「建陽(チェン・ヤン)」、
'98.05DDG-912(TW)
788ホリスター
[Hollister]
TOD'45.01.18'45.10.09'46.03.29'79.08.31除籍、'83.03.03
TW「邵陽(シェン・ヤン)」
'98.05DDG-929(TW)
789エバソール(2代)
[Eversole(2)]
TOD'45.02.28'46.01.08'46.05.10'73.09.21除籍、'73.07.11
TR「ゲイレット」
'95年TR除籍、記念艦となる
790シェルトン
[Shelton]
TOD'45.05.31'46.03.08'46.06.21'73.03.31除籍、'73.04.18
TW「萊陽(ラオ・ヤン)」
'99.03.16TW除籍、'99.11.02人工
岩礁として自沈
791シーマン
[Seaman]
TOD'45.07.10'46.05.29'46.01.07建造中止、後にスクラップ
805シェバリエ(2代)
[Chevalier(2)]
BIW'44.06.12'44.10.29'45.01.09'49..03.18DDR-805、'62.07.13DD-805、
'75.06.02除籍、'72.07.05
KR「チュンバク」
2000年KR除籍、解体
806ヒグビー
[Higbee]
BIW'44.06.26'44.11.12'45.01.27'49.03.18DDR-806、'63.07.01DD-806、
'79.07.15除籍、'86.04.24実艦標的
として使用され沈没
807ベンナー
[Benner]
BIW'44.07.10'44.11.30'45.02.13'49.03.18DDR-807、'62.11.15DD-807、
'74.02.01除籍、'75年スクラップ
808デニス・J・バックレー
[Dennis J. Buckley]
BIW'44.07.24'44.12.20'45.03.02'73.07.01除籍、'74年スクラップ
809〜
  812
未命名[Unnamed]BIWにて起工予定だったが'45.08.12キャンセル
813〜
  814
未命名[Unnamed]BSSにて起工予定だったが'45.08.12キャンセル
815チャールズ・H・ローン
[Charles H. Roan]
CDSにて起工予定だったが'45.08.12キャンセル
816ティンマーマン
[Timmerman]
CDSにて起工予定だったが'45.08.12キャンセル
817コリー(3代)
[Corry(3)]
CDS'45.04.05'45.07.28'46.02.26'53.04.09DDR-817、'64.01.01DD-817、
'81.02.27除籍、'81.07.08
GR「クリエジス」
'94年GR除籍、2002年解体
818ニュー
[New]
CDS'45.04.14'45.08.18'46.04.05'76.07.01除籍、'77.02.23KR「テジョン」
2001.02KR除籍
819ホルダー(2代)
[Holder(2)]
CDS'45.04.23'45.08.25'46.05.18'76.10.01除籍、'77.02.23
EC「エルロイ・アルファロ」
'91年EC除籍、スクラップ
820リッチ(2代)
[Rich(2)]
CDS'45.05.16'45.10.05'46.07.03'77.12.15除籍、'79年スクラップ
821ジョンストン(2代)
[Johnston(2)]
CDS'45.06.05'45.10.19'46.08.23'81.02.27除籍、同日
TW「正陽(シェン・ヤン)」
'98.05DDG-928(TW)、2003.12.16TW退役
822ロバート・H・マッカード
[Robert H. McCard]
CDS'45.06.20'45.11.09'46.10.26'80.06.06退役、
同日TR「キリク・アリ・パシャ」
'87.08.06米除籍、'99年TR除籍、
2000年スクラップ
823サミュエル・B・ロバーツ(2代)
[Samuel B. Roberts(2)]
CDS'45.06.27'45.11.30'46.12.20'70.11.02除籍、'71.11.11実艦標的
として使用され沈没
824バジロン
[Basilone]
CDS'45.07.07'45.12.21'49.07.26'48.01.28DDR-824、'62.06.30DD-824、
'77.11.01除籍、'82.04.09実艦標的
として使用され沈没
825カーペンター
[Carpenter]
CDS'45.07.30'45.12.28'49.12.15'48.01.28DDK-825、'50.03.04DDE-825、
'62.06.30DD-825、'80年映画撮影に
協力(20th cent.Fox "Raise the Titanic")
'81.02.20TR「アニトゥテペ」
'87.08.06米除籍、'97.11TR除籍、解体
826エージャホルム
[Agerholm]
BIW'45.09.10'46.03.30'46.06.20'78.12.01除籍、'82.07.18実艦標的
として使用され沈没
827ロバート・A・オーウェンス
[Robert A. Owens]
BIW'45.10.29'46.07.15'49.11.05'82.02.22TR「アルジテペ」
'87.08.06米除籍
828ティンマーマン
[Timmerman]
BIW'45.10.01'51.05.19'52.09.26'50.03.04EDD-828、'54.01.11AG-152、
'56.07.27退役、'58.04.04除籍、
'59年スクラップ
829マイルズ・C・フォックス
[Myles C. Fox]
BIW'44.08.14'45.01.13'45.03.20'79.10.01除籍、'80.08.02GR部品取り
用として売却
830エヴェレット・F・ラーソン
[Everett C. Larson]
BIW'44.09.04'45.01.28'45.04.06'49.03.18DDR-830、'62.11.30DD-830、
'72.10.30KR「ジョンボク」
'75.06.02米除籍、'99.12KR除籍、
記念艦として公開
831グッドリッチ
[Goodrich]
BIW'44.09.18'45.02.25'45.04.24'49.03.18DDR-831、'69.01.01DD-831、
'74.02.01除籍、'77年スクラップ
832ハンソン
[Hanson]
BIW'44.10.07'45.03.11'45.05.11'49.03.18DDR-832、'64.04.01DD-832、
'73.03.31除籍、'73.04.18TW「遼陽(リャ
オ・ヤン)」、'98.05DDG-921(TW)
833ハーバート・J・トーマス
[Herbert J. Thomas]
BIW'44.10.30'45.03.25'45.05.29'49.03.18DDR-833、'64.04.01DD-833、
'74.02.01除籍、'74.05.06TW「當陽(ハン・
ヤン)」、'99.08.16TW除籍、人工岩礁と
して自沈
834ターナー(3代)
[Turner(3)]
BIW'44.11.13'45.04.08'45.06.12'49.03.18DDR-834、'69.01.01DD-834、
'69.09.26除籍、スクラップ
835チャールズ・P・セシル
[Charles P. Cecil]
BIW'44.12.02'45.04.22'45.06.29'49.03.18DDR-835、'63.07.30DD-835、
'79.10.01除籍、'80.08.02
GR「アポストリス」、'93年GR除籍、
'98年以降クレタ島係留
836ジョージ・K・マッケンジー
[George K. MacKenzie]
BIW'44.12.21'45.05.13'45.07.13'76.10.01除籍、'76.10.15実艦標的
として使用され沈没
837サースフィールド
[Sarsfield]
BIW'45.01.15'45.05.27'45.07.31'77.10.01除籍、同日TW「コ陽(テ・
ヤン)」、'98.05DDG-925(TW)
838アーネスト・G・スモール
[Ernest G. Small]
BIW'45.01.30'45.06.14'45.08.21'52.07.18DDR-838、'69.01.01DD-838、
'70.11.13除籍、'71.04.13TW「富陽(フ・
ヤン)」'99.12TW除籍、2000.10.08実艦
標的として使用され沈没
839パワー
[Power]
BIW'45.02.26'45.06.30'45.09.13'77.10.01除籍、同日TW「瀋陽(シェン・
ヤン)」、'98年DDG-923(TW)
840グレンノン(2代)
[Glennon(2)]
BIW'45.03.12'45.07.14'45.10.04'76.10.01除籍、'81.02.26実艦標的
として使用され沈没
841ノア(2代)
[Noa(2)]
BIW'45.03.26'45.07.30'45.11.02'73.10.31退役、同日貸与
ES「ブラス・デ・レゾ」
'75.06.02米除籍、'78.05.17ESへ売却、
'91年ES除籍、スクラップ
842フィスク(2代)
[Fiske(2)]
BIW'45.04.09'45.09.08'45.11.28'52.07.18DDR-842、'64.04.01DD-842、
'80.06.05TR「ピヤレ・パサ」
'87.08.06米除籍、'96年座礁大破、
'99年TR除籍、スクラップ
843ウォリントン(2代)
[Warrington(2)]
BIW'45.04.23'45.09.27'45.12.20'72.10.01除籍、'73.04.24TW部品取り
用として売却
844ペリー(2代)
[Perry(2)]
BIW'45.05.14'45.10.25'46.01.17'73.07.01除籍、'74年スクラップ
845バウセル
[Bausell]
BIW'45.05.28'45.11.19'46.02.07'78.05.30除籍、'87.07.17実艦標的
として使用され沈没
846オズボーン
[Ozbourn]
BIW'45.06.16'45.12.22'46.03.05'75.06.01除籍、スクラップ
847ロバート・L・ウィルソン
[Robert L. Wilson]
BIW'45.07.02'46.01.05'46.03.28'74.09.30除籍、'80.01.25実艦標的
として使用され沈没
848ウィテク
[Witek]
BIW'45.07.16'46.02.02'46.04.25'68.09.17除籍、'69.07.04実艦標的
として使用され沈没
849リチャード・E・クラウス
[Richard E. Kraus]
BIW'45.07.31'46.03.02'46.05.23'76.07.01除籍、'77.02.23
KR「クワンジュ」
2000.12.29KR退役
850ジョセフ・P・ケネディ・Jr
[Joseph P. Kennedy Jr.]
BSQ'45.04.02'45.07.26'45.12.15'73.07.01除籍、記念艦として公開
851ルパータス
[Rupertus]
BSQ'45.05.02'45.09.21'46.03.08'73.07.10除籍、同日
GR「クントウリオティス」
'95年GR除籍、
'98年以降クレタ島係留
852レオナルド・F・メイソン
[Leonard F. Mason]
BSQ'45.08.06'46.01.04'46.06.28'76.11.02除籍、'78.03.10
TW「綏陽(シュエイ・ヤン)」
2000.02.16TW除籍、人工岩礁
として自沈
853チャールズ・H・ローン
[Charles H. Roan]
BSQ'45.09.27'46.03.15'46.09.12'73.09.21除籍、同日TR
「マレサル・フェブジ・カクマク」
'95.04TR除籍
854ロバート・A・オーウェンス
[Robert A. Owens]
BSS'45.07.07'45.08.12建造中止、後に解体
855未命名[Unnamed]BSS'45.08.06'45.08.12建造中止、後に解体
856未命名[Unnamed]BSSにて起工予定だったが'45.08.12キャンセル
858フレッド・T・ベリー
[Fred T. Berry]
BSSP'44.07.1645.01.28'45.05.12'70.09.15除籍、'72.05.14キー・ウェ
スト沖にて自沈処分
859ノリス
[Norris]
BSSP'44.08.29'45.02.25'45.06.09'74.02.01除籍、'74.07.07
TR「コジャテペ」
'93年TR除籍、スクラップ
860マッキャフェリー
[McCaffery]
BSSP'44.10.01'45.04.12'45.07.26'73.09.30除籍、'74年スクラップ
861ハーウッド
[Harwood]
BSSP'44.10.29'45.05.22'45.09.28'73.02.01除籍、'71.12.17
TR「コジャテペ」
'74.07.22誤爆により沈没
862ボーゲルゲサング
[Vogelgesang]
BSS'44.08.03'45.01.15'45.04.28'82.02.24除籍、同日
MX「ケツァルコアトル」
2002年MX退役
863スタイネイカー
[Steinaker]
BSS'44.09.01'45.02.13'45.05.26'82.02.24除籍、同日
MX「ネツァワルコヨトル」
864ハロルド・J・エリソン
[Harold J. Ellison]
BSS'44.10.03'45.03.14'45.06.23'83.10.01除籍、同日
PK「シャー・ジャハン」
'94年PK除籍、部品取りの後に
実艦標的として使用され沈没
865チャールズ・R・ウェア
[Charles R. Ware]
BSS'44.11.01'45.04.12'45.07.21'74.11.30除籍、'81.11.15実艦標的
として使用され沈没
866コーン
[Cone]
BSS'44.11.30'45.05.10'45.08.18'82.10.01除籍、同日
PK「アラムギール」
'98.12.04PK除籍、スクラップ
867ストリブリング(2代)
[Stribling(2)]
BSS'45.01.15'45.06.08'45.09.29'76.07.01除籍、'80.07.27実艦標的
として使用され沈没
868ブラウンソン(2代)
[Brownson(2)]
BSS'45.02.13'45.07.07'45.11.17'76.09.30除籍、'77年スクラップ
869アーノルド・J・イズベル
[Arnold J. Isbell]
BSS'45.03.14'45.08.06'46.01.05'73.12.04GR「サクトゥリス」
'74.02.01米除籍、'93年GR除籍、
2002年スクラップ
870フェクテラー(2代)
[Fechteler(2)]
BSS'45.04.12'45.09.19'46.03.02'70.09.11除籍、'72年スクラップ
871ダマート
[Damato]
BSS'45.05.10'45.11.21'46.04.27'80.09.30PK「チップ・サルタン」
'80.10.01米除籍、'95年PK除籍解体
872フォレスト・ロイヤル
[Forrest Royal]
BSS'45.06.08'46.01.17'46.06.29'71.03.27TR「アダテペ」
'73.02.01米除籍、'93年TR除籍解体
873ホーキンス
[Hawkins]
CDS'44.05.14'44.10.07'45.02.10'79.10.01除籍、
'83.03.17TW「資陽(シャオ・ヤン)」
874ダンカン(2代)
[Duncan(2)]
CDS'44.05.22'44.10.27'45.02.25'71.01.15退役、'73.09.01除籍、
'80.07.31実艦標的として使用
され沈没
875ヘンリー・W・タッカー
[Henry W. Tucker]
CDS'44.05.29'44.11.08'45.03.12'73.12.03除籍、同日
BR「マルシリオ・ディアス」
'92年BR除籍、スクラップ
876ロジャース
[Rogers]
CDS'44.06.03'44.11.20'45.03.26'80.10.01除籍、'81.07.25
KR「チョン・ジュ」、'99.12.31
KR除籍、記念艦として公開
877パーキンス(2代)
[Perkins(2)]
CDS'44.06.19'44.12.07'45.04.04'73.01.15除籍、同日
AR「コモドロ・ピー」
'84年AR除籍、スクラップ
878ヴェソール
[Vesole]
CDS'44.07.03'44.12.29'45.04.23'76.12.01除籍、'83.04.14実艦標的
として使用され沈没
879リアリー(2代)
[Leary(2)]
CDS'44.08.11'45.01.20'45.05.07'73.10.31退役、同日ES「ランガラ」
'75.06.02米除籍、'78.05.17ESへ売却、
'92年ES除籍、スクラップ
880ダイス
[Dyess]
CDS'44.08.17'45.01.26'45.05.21'79.10.01除籍、'81.07.08GR部品取り
用として売却
881ボーダロン
[Bordelon]
CDS'44.09.09'45.03.03'45.06.05'77.02.01除籍、'77.07IT部品取り用
として売却
882ファース
[Furse]
CDS'44.09.23'45.03.09'45.07.10'72.08.31退役、同日ES「グラヴィーナ」
'75.06.02米除籍、'78.05.17ESへ売却、
'91年ES除籍、スクラップ
883ニューマン・K・ペリー
[Newman K. Perry]
CDS'44.10.10'45.03.17'45.07.26'81.02.27除籍、同日KR「キョンカイ」
'97年KR除籍、'99年解体
884フロイド・B・パークス
[Floyd B. Parks]
CDS'44.10.30'45.03.31'45.07.31'83.07.02除籍、'84年スクラップ
885ジョン・R・クレイグ
[John R. Craig]
CDS'44.11.17'45.04.14'45.08.20'79.07.27除籍、'80.06.17実艦標的
として使用され沈没
886オーレック
[Orleck]
CDS'44.11.28'45.05.12'45.09.15'82.10.01退役、同日TR「ユジェテペ」
'87.08.06米除籍、'98年TR除籍、
米返還後、記念艦として公開予定
887ブリンクレイ・バス
[Brinkley Bass]
CDS'44.12.20'45.05.26'45.10.01'73.12.03除籍、同日
BR「マリゼ・バロス」
'97.09.01BR除籍、係留練習船となり、
後に標的船となる
888スティッケル
[Stickell]
CDS'45.01.05'45.06.16'45.10.31'72.07.01除籍、同日GR「カナリス」
'94年GR除籍、2002年スクラップ
889オヘア
[O'hare]
CDS'45.01.27'45.06.22'45.11.29'73.10.31退役、同日
ES「メンデス・ヌニェス」
'75.06.02米除籍、'78.05.17ESへ売却、
'92年ES除籍、スクラップ
890メレディス(4代)
[Meredith(4)]
CDS'45.01.27'45.06.28'45.12.31'79.06.29TR「サワステペ」
'79.12.07米除籍、'94年TR除籍、
'95年スクラップ
891〜
  893
未命名[Unnamed]FSBにて起工予定だったが'45.03.08キャンセル
894〜
  895
未命名[Unnamed]CDSにて起工予定だったが'45.03.27キャンセル
896〜
  904
未命名[Unnamed]BIWにて起工予定だったが'45.03.28キャンセル
905〜
  908
未命名[Unnamed]BNYにて起工予定だったが'45.03.27キャンセル
909〜
  916
未命名[Unnamed]BSSにて起工予定だったが'45.03.28キャンセル
917〜
  924
未命名[Unnamed]CDSにて起工予定だったが'45.03.27キャンセル
925〜
  926
未命名[Unnamed]CDSにて起工予定だったが'45.03.27キャンセル


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,02