アレン・M・サムナー型 駆逐艦

"Allen M. Sumner" Class Destroyers

アメリカ海軍


USS DD693 Moale
スペックデータ(数値データは計画値)
排水量:(基)2,200t ボイラー:Babcock & Wilcox罐・重油専焼×4基(DD-747〜749、
752〜762、777〜781はFoster Wheeler罐・重油専焼×4基)
燃料搭載量:
重油538t
全長:(全)114.76m
全幅:12.45m 主機:General Electric式ギヤードタービン×2基、2軸推進
    (DD-748〜754、759はWestinghouse式ギヤードタービン×2基、2軸推進)
吃水:4.32m
出力:60,000hp
武装:
38口径5inch連装両用砲3基、40mmボフォース4連装機関砲2基、同連装
機関砲2基、20mmエリコン機関砲11門、21inch魚雷5連装発射管2基、爆
雷26個(投射機6、投下軌条2)(高速敷設艦として竣工したDD-735〜740、
749〜751、771〜773は機関砲、魚雷発射管等を減じ機雷100個を搭載した)
最大速力:36.5kt
航続距離:15ktで6,000浬
乗員定数:300〜350名

同型艦名(70隻)
アレン・M・サムナー
[Allen M. Sumner]
モール
[Moale]
イングラム(3代)
[Ingraham(3)]
クーパー
[Cooper]
イングリッシュ
[English]
チャールズ・S・スペリー
[Charles S. Sperry]
オールト
[Ault]
ウォルドロン
[Waldron]
ヘインズワース
[Haynsworth]
ジョン・W・ウィークス
[John W. Weeks]
ハンク
[Hank]
ウォリス・L・リンド
[Wallace L. Lind]
ボリー(2代)
[Borie(2)]
コンプトン
[Compton]
ゲイナード
[Gainard]
ソーレイ
[Soley]
ハーラン・R・ディクソン
[Harlan R. Dickson]
ヒュー・パービス
[Hugh Purvis]
バートン(2代)
[Barton(2)]
ウォーク(2代)
[Walke(2)]
ラフェイ(2代)
[Laffey(2)]
オブライエン(2代)
[O'Brien(2)]
メレディス(3代)
[Meredith(3)]
ド・ヘイヴン(2代)
[De Haven(2)]
マンスフィールド
[Mansfield]
ライマン・K・スウェンソン
[Lyman K. Swenson]
コレット
[Collett]
マドックス(3代)
[Maddox(3)]
ハイマン
[Hyman]
マナート・L・アベール
[Mannert L. Abele]
パーディ
[Purdy]
ロバート・H・スミス
[Robert H. Smith]
トーマス・E・フレーザー
[Thomas E. Fraser]
シャノン
[Shannon]
ハリー・F・バウアー
[Hurry F. Bauer]
アダムズ
[Adams]
トールマン
[Tolman]
ドレックスラー
[Drexler]
ブルー(2代)
[Blue(2)]
ブラッシュ
[Brush]
タウシグ
[Taussig]
サミュエル・N・ムーア
[Samuel N. Moore]
ハリー・E・ハバード
[Hurry E. Hubbard]
ヘンリー・A・ウィリー
[Henry A. Wiley]
シー
[Shea]
J・ウィリアム・ディッター
[J. William Ditter]
アルフレッド・A・カニンガム
[Alfred A. Cunningham]
ジョン・R・ピアース
[John R. Pierce]
フランク・E・エヴァンズ
[Frank E. Evans]
ジョン・A・ボール
[John A. Bole]
ビーティ(2代)
[Beatty(2)]
パットナム(2代)
[Putnam(2)]
ストロング(2代)
[Strong(2)]
ロフバーグ
[Lofburg]
ジョン・W・トマソン
[John W. Thomason]
バック(2代)
[Buck(2)]
ヘンリー(2代)
[Henley(2)]
ロゥリー
[Lowry]
リンゼイ
[Lindsey]
グウィン(3代)
[Gwin(3)]
アーロン・ワード(3代)
[Aaron Ward(3)]
ヒュー・W・ハドリー
[Hugh W. Hadley]
ウィラード・キース
[Willard Keith]
ジェームズ・C・オーエンス
[James C. Owens]
ゼラーズ
[Zellars]
マシー
[Massey]
ダグラス・H・フォックス
[Douglas H. Fox]
ストームズ
[Storms]
ロバート・K・ハンティントン
[Robert K. Huntington]
ブリストル(2代)
[Bristol(2)]
  

アレン・M・サムナー型駆逐艦について
 「フレッチャー」型に続い て建造された急造駆逐艦。当初は「フレッチャー」型の火力強化型として5インチ単装砲6基を搭載する 予定だったが、新型の連装砲塔が実用化されたため、これに計画を変更した。砲塔配置は艦前部に2基、 後部に1基としたが、単装砲塔よりも重量のある連装砲塔を前部に2基集中させたため艦首部が重くなり、 荒天時に波を被りやすい艦となってしまっている。魚雷発射管や爆雷装備は「フレッチャー」型と同程度 となっている。
 当初は100隻の建造が予定されていたが、当クラスは排水量の増加により最高速度が低下し機動部隊 への追随が困難となったため70隻で建造がうち切られている。うち12隻は建造途中で高速敷設艦へ改 修されており、魚雷発射管や対空兵装の一部を減じ、換わりに機雷搭載設備を付与して完成している。
 大戦を生き残った艦の大半は近代化改修を施され1970年代まで現役として使用されており、その後 米軍を退役して海外へ供与された艦も少なくない。
注意:「マドックス」(DD-731)の台湾海軍供与後の艦名はJISコードではなく Uniコードで記述してあるため、お使いのコンピュータ環境によっては見ることができない可能性があり ます。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
表内の略称について
建造所略号:
 FSB= フェデラル造船、BIW= バス鉄工所、BSS= ベスレヘム鉄工スタテン・アイランド造船所、BSF=ベスレヘム鉄工サン・フランシスコ造船所、
 BSSP= ベスレヘム鉄工サン・ペドロ造船所、TOD= トッド・パシフィック造船
貸与・供与・売却先国略号:
 AR= アルゼンチン、BR= ブラジル、CH= チリ、CO= コロンビア、GR= ギリシア、IR= 帝政イラン、KR= 大韓民国、TR= トルコ、TW= 台湾(中華民国)、
 VE= ベネズエラ(国略号の後の「 」内は貸与・供与後の艦名)
類別変更:
 DM= 高速敷設艦へ類別変更(竣工日の項が灰色のものは当初から高速敷設艦として竣工したもの)、MMD= 高速敷設艦(類別略号変更)
アレン・M・サムナー型駆逐艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工経歴など
692アレン・M・サムナー
[Allen M. Sumner]
FSB'43.07.07'43.12.15'44.01.26'45.01.06リンガエン湾にて
日特攻機の攻撃を受け損傷
'73.08.15除籍、'74年スクラップ
693モール
[Moale]
FSB'43.08.05'44.01.16'44.02.28'45.02.25硫黄島近海にて荒天の
ため損傷を負う
'73.07.02除籍、'74年スクラップ
694イングラム(3代)
[Ingraham(3)]
FSB'43.08.04'44.01.16'44.03.10'71.07.16除籍、
同日GR「ミアオゥリス」
'92年GR除籍、2001.10.09実艦
標的として使用され沈没
695クーパー
[Cooper]
FSB'43.08.30'44.02.09'44.03.27'44.12.03オルモック湾にて日駆
「竹」の雷撃を受け沈没
696イングリッシュ
[English]
FSB'43.10.19'44.02.27'44.05.04'70.05.15除籍、
'70.08.11TW「惠陽(フェイ・ヤン)」
'99.08.16TW除籍
697チャールズ・S・スペリー
[Charles S. Sperry]
FSB'43.10.19'44.03.13'44.05.17'73.12.15除籍、'74.01.08
CH「ミニストロ・センテノ」
'90年CH除籍、スクラップ
698オールト
[Ault]
FSB'43.11.15'44.03.26'44.05.31'50.05.31退役、'50.11.15再就役、
'73.09.01除籍、'74年スクラップ
699ウォルドロン
[Waldron]
FSB'43.11.16'44.03.26'44.06.08'50.05.17退役、'50.11.20再就役、
'73.10.30CO「サンタンデール」
'73.10.31米除籍、'86年CO除籍
700ヘインズワース
[Haynsworth]
FSB'43.12.16'44.04.15'44.07.22'50.05.19退役、'50.09.22再就役、
'70.01.30除籍、'70.05.12
TW「岳陽(ユェン・ヤン)」
'99.01.06TW除籍、2001.10.13実
艦標的として使用され沈没
701ジョン・W・ウィークス
[John W. Weeks]
FSB'44.01.17'44.05.21'44.07.21'50.02.08退役、'50.10.24再就役、
'70.08.12除籍、'70.11.19実艦
標的として使用され沈没
702ハンク
[Hank]
FSB'44.01.17'44.05.21'44.08.28'72.07.01除籍、同日AR「セギー」
'83年AR除籍、スクラップ
703ウォリス・L・リンド
[Wallace L. Lind]
FSB'44.02.14'44.06.14'44.09.08'73.12.04除籍、同日KR「テグ」
'94年KR除籍、スクラップ
704ボリー(2代)
[Borie(2)]
FSB'44.02.29'44.07.04'44.09.21'72.07.01除籍、同日
AR「イポリト・ブシャール」
'84年AR除籍、スクラップ
705コンプトン
[Compton]
FSB'44.03.28'44.09.17'44.11.04'72.09.27除籍、同日
BR「マット・グラッソ」
'90年BR除籍、スクラップ
706ゲイナード
[Gainard]
FSB'44.03.29'44.09.17'44.11.23'71.02.26除籍、'74年スクラップ
707ソーレイ
[Soley]
FSB'44.04.18'44.09.08'44.12.07'47.04.15退役、'49.01.29再就役、
'70.07.01除籍、'70.09.18実艦
標的として使用され沈没
708ハーラン・R・ディクソン
[Harlan R. Dickson]
FSB'44.05.23'44.12.17'45.02.17'72.07.01除籍、'73年スクラップ
709ヒュー・パービス
[Hugh Purvis]
FSB'44.05.23'44.12.17'45.03.01'72.06.15退役、'72.07.01
TR「ザフェル」、'73.02.01米除籍、
'93年TR除籍、'94年スクラップ
722バートン(2代)
[Barton(2)]
BIW'43.05.24'43.10.10'43.12.30'47.01.22退役、'49.04.11再就役、
'68.10.01除籍、'69.10.08実艦
標的として使用され沈没
723ウォーク(2代)
[Walke(2)]
BIW'43.06.07'43.10.27'44.01.21'47.05.30退役、'50.10.05再就役、
'70.11.30退役、'74.02.01除籍、
'75年スクラップ
724ラフェイ(2代)
[Laffey(2)]
BIW'43.06.28'43.11.21'44.02.08'45.04.15沖縄沖にて日特攻機の
攻撃を受け大破(修理実施)
'45.09.11サンディエゴ沖にて米
駆潜艇「PC-815」と衝突
'47.06.30退役、'51.01.26再就役、
'75.03.01除籍、チャールストンにて
記念艦として公開
725オブライエン(2代)
[O'Brien(2)]
BIW'43.07.12'43.12.08'44.02.25'47.10.04退役、'50.10.05再就役、
'72.02.18除籍、'72.07.13実艦
標的として使用され沈没
726メレディス(3代)
[Meredith(3)]
BIW'43.07.26'43.12.21'44.03.14'44.06.08ノルマンディ沖にて
触雷、大破、'44.06.09独軍機
の攻撃により沈没
727ド・ヘイヴン(2代)
[De Haven(2)]
BIW'43.08.09'44.01.09'44.03.31'73.12.03除籍、'73.12.05
KR「インチョン」
'93年KR除籍、スクラップ
728マンスフィールド
[Mansfield]
BIW'43.08.28'44.01.29'44.04.14'71.02.04退役、'74.02.01除籍、
'74.06.04AR部品取り用売却
729ライマン・K・スウェンソン
[Lyman K. Swenson]
BIW'43.09.11'44.02.12'44.05.02'71.02.12退役、'74.02.01除籍、
'74.05.06TW部品取り用売却
730コレット
[Collett]
BIW'43.10.11'44.03.05'44.05.16'70.12.18退役、'74.02.01除籍、
'74.06.04AR「ピエドラ・ブエナ」
'88年実艦標的使用、沈没
731マドックス(3代)
[Maddox(3)]
BIW'43.10.28'44.03.19'44.06.02'72.07.02除籍、'72.07.06
TW「鄱陽(ポー・ヤン)」
'85年TW除籍、係留練習船と
なり、後にスクラップ
732ハイマン
[Hyman]
BIW'43.11.22'44.04.08'44.06.16'69.11.16除籍、'70年スクラップ
733マナート・L・アベール
[Mannert L. Abele]
BIW'43.12.09'44.04.23'44.07.04'45.04.12沖縄沖にて日特攻機の
攻撃を受け沈没
734パーディ
[Purdy]
BIW'43.12.22'44.05.07'44.07.18'73.07.01除籍、'74年スクラップ
735ロバート・H・スミス
[Robert H. Smith]
BIW'44.01.10'44.05.25'44.08.04DM-23として竣工、
'55.06.30退役、'69.01.01MMD-23、
'71.02.26除籍、'73年スクラップ
736トーマス・E・フレーザー
[Thomas E. Fraser]
BIW'44.01.31'44.06.10'44.08.22DM-24として竣工、
'55.06.30退役、'69.01.01MMD-24、
'70.11.01除籍、'74年スクラップ
737シャノン
[Shannon]
BIW'44.02.12'44.06.24'44.09.08DM-25として竣工、
'55.06.30退役、'69.01.01MMD-25、
'70.11.01除籍、'73年スクラップ
738ハリー・F・バウアー
[Hurry F. Bauer]
BIW'44.03.06'44.07.09'44.09.22DM-26として竣工、
'56.03.12退役、'69.01.01MMD-26、
'71.08.15除籍、'74年スクラップ
739アダムズ
[Adams]
BIW'44.03.20'44.07.23'44.10.10DM-27として竣工、
'47.01.29退役、'69.01.01MMD-27、
'70.12.01除籍、'71年スクラップ
740トールマン
[Tolman]
BIW'44.04.10'44.08.13'44.10.27DM-28として竣工、
'47.01.29退役、'69.01.01MMD-28、
'70.12.01除籍、'97.01.25実艦
標的として使用され沈没
741ドレックスラー
[Drexler]
BIW'44.04.24'44.09.03'44.11.14'45.05.28沖縄沖にて日特攻機の
攻撃を受け沈没
744ブルー(2代)
[Blue(2)]
BSS'43.06.30'43.11.28'44.03.20'45.08.29三陸(金華山)沖にて
日潜「イ−400」を拿捕、
'47.02.14退役、'49.05.14再就役、
'71.01.27退役、'74.02.01除籍、
'77.04.28実艦標的として使用
され沈没
745ブラッシュ
[Brush]
BSS'43.07.30'43.12.28'44.04.17'69.10.27除籍、'69.12.09
TW「襄陽(シャン・ヤン)」
'84年TW除籍、係留練習船と
なり、後にスクラップ
746タウシグ
[Taussig]
BSS'43.08.30'44.01.25'44.05.20'70.12.01退役、'74.02.01除籍、
'74.05.06TW「洛陽(2)(ロー・ヤン)」
2000.02.15TW除籍、保管船
747サミュエル・N・ムーア
[Samuel N. Moore]
BSS'43.09.30'44.02.23'44.06.24'69.10.24除籍、'69.12.09
TW「衡陽(ヘン・ヤン)」
'95.05TW除籍、スクラップ
748ハリー・E・ハバード
[Hurry E. Hubbard]
BSS'43.10.30'44.03.24'44.07.22'69.10.17除籍、'70年スクラップ
749ヘンリー・A・ウィリー
[Henry A. Wiley]
BSS'43.11.28'44.04.21'44.08.31DM-29として竣工、
'47.01.29退役、'69.01.01MMD-29、
'70.10.15除籍、'72年スクラップ
750シー
[Shea]
BSS'43.12.28'44.05.20'44.09.30DM-30として竣工、
'58.04.09退役、'69.01.01MMD-30、
'73.09.01除籍、'74年スクラップ
751J・ウィリアム・ディッター
[J. William Ditter]
BSS'44.01.25'44.07.04'44.10.28DM-31として竣工、
'45.06.06沖罠沖にて日特攻機の
攻撃を受け大破
'45.10.11除籍、'46年スクラップ
752アルフレッド・A・カニンガム
[Alfred A. Cunningham]
BSS'44.02.23'44.08.03'44.11.23'71.02.24退役、'74.02.01除籍、
'79.10.12実艦標的として使用
され沈没
753ジョン・R・ピアース
[John R. Pierce]
BSS'44.03.24'44.09.01'44.12.30'73.07.01除籍、'74年スクラップ
754フランク・E・エヴァンズ
[Frank E. Evans]
BSS'44.04.21'44.10.03'45.02.03'69.06.03ルソン沖にて濠空母
「メルボルン」と衝突大破、船体
が切断され一部は沈没、
'69.07.01除籍、'69.10.10残存船
体も実艦標的として使用、沈没
755ジョン・A・ボール
[John A. Bole]
BSS'44.05.20'44.11.01'45.03.03'70.11.06退役、'74.02.01除籍、
'74.05.06TW部品取り用売却
756ビーティ(2代)
[Beatty(2)]
BSS'44.07.04'44.11.30'45.03.31'72.07.14除籍、同日VE「カラボボ」
'81年VE除籍、スクラップ
757パットナム(2代)
[Putnam(2)]
BSSF'43.07.11'44.03.26'44.10.12'73.08.06除籍、'74年スクラップ
758ストロング(2代)
[Strong(2)]
BSSF'43.07.25'44.04.23'45.03.08'73.10.31除籍、同日BR「リオ・グ
ランデ・デル・ノルテ」
'96年BR除籍、インドへスクラッ
プとして売却、'97年インドへ
曳航中南ア沖にて転覆沈没
759ロフバーグ
[Lofburg]
BSSF'43.11.04'44.08.12'45.04.26'71.01.15退役、'73.02.01除籍、
'74.05.06TW部品取り用売却
760ジョン・W・トマソン
[John W. Thomason]
BSSF'43.11.21'44.09.30'45.10.11'70.12.08退役、'74.02.01除籍、
'74.05.06TW「南陽(2)(ナン・ヤン)」
2000.01.16TW除籍、保管船
761バック(2代)
[Buck(2)]
BSSF'44.02.01'45.03.11'46.06.28'73.07.15除籍、'73.07.16
BR「アラゴアス」
'95.06.30BR除籍、スクラップ
762ヘンリー(2代)
[Henley(2)]
BSSF'44.02.08'45.04.08'46.10.08'73.07.01除籍、'74年スクラップ
770ロゥリー
[Lowry]
BSSP'43.08.01'44.02.06'44.07.23'73.10.31除籍、同日
BR「エスピリト・サント」
'96.02.02BR除籍、スクラップ
771リンゼイ
[Lindsey]
BSSP'43.09.12'44.03.05'44.08.20DM-32として竣工
'46.05.23退役、'69.01.01MMD-32、
'70.10.01除籍、'72.05.09実艦
標的として使用され沈没
772グウィン(3代)
[Gwin(3)]
BSSP'43.10.31'44.04.09'44.09.30DM-33として竣工、
'58.04.03退役、'69.01.01MMD-33、
'71.8.15TR「ムアヴェネト」
'71.10.22米除籍、'92.10.02米空
「サラトガ」(CV-60)と衝突大破、
後に除籍スクラップとなる
773アーロン・ワード(3代)
[Aaron Ward(3)]
BSSP'43.12.12'44.05.05'44.10.28DM-34として竣工、
'45.09.28沖縄沖にて日特攻機の
攻撃を受け大破、
'45.10.11除籍、'46年スクラップ
774ヒュー・W・ハドリー
[Hugh W. Hadley]
BSSP'44.02.06'44.07.16'44.11.25'45.05.11沖縄沖にて日特攻機の
攻撃を受け大破、
'46.01.08除籍、'47年スクラップ
775ウィラード・キース
[Willard Keith]
BSSP'44.03.05'44.08.29'44.12.27'72.07.01除籍、同日CO「カルダス」
'77年CO除籍、スクラップ
776ジェームズ・C・オーエンス
[James C. Owens]
BSSP'44.04.09'44.10.01'45.02.17'73.07.15除籍、同日BR「セルジペ」
'95.10.17BR除籍、スクラップ
777ゼラーズ
[Zellars]
TOD'43.12.24'44.07.19'44.10.25'71.03.19除籍、同日IR「バブー」
'94年以降消息不明
778マシー
[Massey]
TOD'44.01.14'44.04.19'44.11.24'69年退役、'73.09.17除籍、
'74年スクラップ
779ダグラス・H・フォックス
[Douglas H. Fox]
TOD'44.01.31'44.09.30'44.12.26'50.04.21退役、'50.11.15再就役、
'73.12.15除籍、'74.01.08
CH「ミニストロ・ポルタレス」
'90年CH除籍
780ストームズ
[Storms]
TOD'44.02.15'44.11.04'45.01.27'70.12.05退役、'72.02.16除籍、
同日IR「パラン」
'94年以降消息不明
781ロバート・K・ハンティントン
[Robert K. Huntington]
TOD'44.02.29'44.12.05'45.03.03'73.10.31除籍、同日
VE「ファルコン」
'81年VE除籍
857ブリストル(2代)
[Bristol(2)]
BSSP'44.05.05'44.10.29'45.03.17'69.11.21除籍、'69.12.09
TW「華陽(ファ・ヤン)」
'93年TW除籍、スクラップ


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,04,29