水上機母艦 シャンデラー

Seaplane Tender "Chandeleur"

アメリカ海軍 アメリカ海軍


USS Chandeleur
「シャンデラー」(1943年)
スペックデータ(竣工時:兵装は終戦時のデータ)
排水量:(常)11,500t ボイラー:Foster-Wheeler罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 1,309t
全長:(全)149.96m
全幅:(船)21.18m 主機:General Electric式蒸気タービン×2基、1軸推進
吃水:7.24m
出力:9,350hp
武装:
38口径5inch単装砲1基、50口径3inch単装高角砲4基、56口径40mm連装機関砲4基、
12.7mm単装機銃15基、水上機24機搭載(ヴォート「OS2U」、カーチス「SOC」「SO3C」
最大速力:18.0kt
航続距離:不明
乗員定数:1,077名

同型艦名(1隻)
シャンデラー [Chandeleur] 

水上機母艦 シャンデラーについて

 ヨーロッパにおいて第二次大戦が勃発したことにより、アメリカ海軍は水上機母艦の不足を補うため、貨物船改造の水上機母艦2隻の建造を行った(「タンジール」型を参照)。この2隻の竣工により大型の水上機母艦は4隻となったが、1941年に対日戦が勃発し大西洋だけでなく広大な太平洋までカバーするためには、まだ数が不足している状況であった。そこで、米海軍は「タンジール」型と同様、建造中の貨物船を徴発し水上機母艦へ改造することにした。
 対日戦開戦の直前に進水した米海事委員会C3−S型貨物船の艦後部甲板を水上機の整備用デッキとしたため、通常の貨物船より後甲板デッキは一段高くなり、艦尾には大型クレーンを搭載されている。また船倉は水上機の整備用機材や燃料を搭載するよう改造されて、当艦は1942年に竣工している。自衛用兵装として対水上・対空両用の5インチ砲や3インチ砲が搭載されたが、戦時中に対空火器として40ミリボフォース機関砲や12.7ミリ機銃が大量に追加されている。

 竣工した当艦は太平洋戦線に投入され、ガダルカナルへの航空機輸送や南方島嶼攻略戦での航空支援などに従事し、戦争末期にはフィリピンや沖縄攻略にも参加している。終戦により余剰艦とされるようになると、日本の占領任務に従事した後は本国へ帰還して退役、長年予備役艦としてモスボールされていたが1971年に除籍廃艦となった。


水上機母艦 シャンデラーの歴史
シャンデラー [Chandeleur] (AV-10)
1941年 5月29日ウェスタン・パイプ&スチール社[Western Pipe and Steel Co.]にて
C3型貨物船として起工
      11月29日進水
1941年末?水上機母艦として完成させることに決定
1942年11月19日竣工
1943年 1月〜サンディエゴ〜中部太平洋地域への輸送・船団護衛任務などに従事
       7月〜エスピリット・サントへ進出。哨戒飛行隊の母艦任務に従事
      10月〜ブーゲンビル方面へ進出。ガダルカナルへの航空機輸送などに従事
1944年 6月〜エニウェトクへ進出。パラオ方面などの哨戒飛行を支援
       9月〜ウルシー方面へ進出。哨戒飛行隊の母艦任務に従事
1945年 3月〜沖縄方面へ進出。沖縄攻略戦の支援を実施
       7月〜東シナ海などで日本本土への攻撃部隊を支援
       8月〜終戦後は、大湊にて日本本土の占領任務を支援
      11月米本土へ帰還。オーバーホール後は待機となる
1947年 2月12日退役。予備役艦となる
1971年 4月 1日除籍。同年スクラップとして解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,05,28