アラスカ型 大型巡洋艦

"Alaska" Class Large Cruisers

アメリカ海軍


USS CB1 Alaska
スペックデータ
排水量:(満)34,253t ボイラー:Babcock&Wilcox罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:重油3,619t
全長:(全)246.43m
全幅:27.67m 主機:General Electric式ギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:9.20m
出力:150,000hp
武装:
50口径12inch3連装砲3基、38口径5inch連装両用砲6基、
56口径40mmボフォース4連装機関砲14基、70口径20mmエリコン
機関砲34門、水偵4機搭載
最大速力:32.0kt
航続距離:15ktで12,000浬
乗員定数:1,500〜1,900名

同型艦名(3隻+キャンセル3隻)
アラスカ[Alaska]グアム[Guam]ハワイ[Hawaii]
フィリピン[Phillipines]プエルト・リコ[Puerto Rico]サモア[Samoa]

アラスカ型大型巡洋艦について
 1930年代末の無条約時代に入って、米国海軍は日本が秘かに開発していると伝えられていた超大 型巡洋艦(超甲巡)やドイツの装甲艦 (「ドイッチュランド」型 など)に対抗するため重巡洋艦よりも大型・大火力で戦艦よりも小回りの利く『クルーザー・キラー』 の建造を計画した。
 主砲には第一次大戦前に就役した戦艦「ワイオミング」型と同じ12インチ砲を採用(ただし仰角を 改良したMark8と呼ばれるモデルであるため射程は延伸している)、戦艦 「ノースカロライナ」型 に似た艦橋を持った艦として設計された。しかも船体は「ノースカロライナ」型よりも長く(逆に艦幅は かなり細かった)、アメリカ海軍では当クラスのために大型巡洋艦(Large Cruiser、艦種記号はCB)と いう類別を新たに設定したが、巡洋艦というよりは巡洋戦艦と考えた方が良い艦に仕上がっている。 実際に他国の海軍であれば巡洋戦艦に類別されるであろう艦であるが、当サイ トでは米海軍の類別に従い、当クラスを巡洋艦の項で扱った。
 しかし戦艦として行動するには防御力が弱すぎ、巡洋艦と組んで行動するには大型すぎる艦であったた め使い道の無い無駄な建造であったという説も無いわけではない。
 当初6隻の建造が予定されていたが、4番艦以降の艦は対日戦開戦のためキャンセルされてしまってい る。建造が進められた3隻のうちネームシップである「アラスカ」と2番艦「グアム」は1944年中に 相次いで竣工し、大戦末期の太平洋戦線へ投入された。3番艦「ハワイ」は終戦までに完成せず、194 7年に建造中止となってしまっている。

アラスカ型大型巡洋艦の歴史
アラスカ[Alaska](CB-1)
1941年12月17日ニューヨーク造船にて起工
1943年 8月15日進水
1944年 6月17日竣工
1945年 1月〜太平洋戦線へ投入。硫黄島や沖縄の上陸戦を支援
      3月豊後水道へ侵入し、大分、佐伯、宇佐の各海軍航空隊基地を砲撃
      9月〜占領任務のため朝鮮半島・中国東北部近海で行動
     11月〜復員兵輸送任務に従事
1947年 2月17日退役。保管船となる
1960年 6月30日除籍。同年7月スクラップとして売却される
グアム[Guam](CB-2)
1942年 2月 2日ニューヨーク造船にて起工
1943年11月10日進水
1944年 9月17日竣工
1945年 3月〜太平洋戦線へ投入。沖縄上陸、日本本土攻撃を支援
      9月〜占領任務のため朝鮮半島・中国東北部近海で行動
     11月〜復員兵輸送任務に従事
1947年 2月17日退役。保管船となる
1960年 6月 1日除籍。翌年5月スクラップとして売却される
ハワイ[Hawaii](CB-3)
1943年12月20日ニューヨーク造船にて起工
1945年 3月11日進水
1947年 9月建造中止となる(工事進捗率84%)。未完成のまま大西洋艦隊予備役艦となる
 一時はミサイル艦などへの改装案もあったが実現せず
1952年 2月26日大型指揮艦(CBC-1)に類別変更
1954年10月 9日再度、大型巡洋艦(CB-3)へ類別変更
1958年 6月 9日除籍。翌年スクラップとして売却される
フィリピン[Phillipines](CB-4)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、43年6月24日キャンセル
プエルト・リコ[Puerto Rico](CB-5)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、43年6月24日キャンセル
サモア[Samoa](CB-6)
 ニューヨーク造船にて起工予定だったが、43年6月24日キャンセル


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2003,12,28