”V”型 潜水艦

SSubmarine "V" Class
Подводная лодка Тип"В"


(英国海軍)→ソビエト海軍 (イギリス海軍) ソビエト海軍


V-2
В−2(1945年頃)
スペックデータ
各艦のスペックは英潜水艦のページを参照のこと

同型艦名
В−1[V−1(V-1)]В−2[V−2(V-2)]
В−3[V−3(V-3)]В−4[V−4(V-4)]

”V”型潜水艦について

 1943年にイタリアが降伏した際、ソビエト政府は連合国主力である米英に対してイタリア海軍が保有していた戦力のうち3分の1を戦勝国の権利として引き渡すよう要求した。しかし米英はドイツとの戦闘が継続していることなどを理由に引き渡しを拒否した。
 だがドイツと交戦中であるのはソビエトも同じであり、海軍力の増強が必要であることは理解できたため、英国は旧式戦艦「ロイヤル・ソヴァレン」などと一緒に潜水艦4隻の貸与を行った。
 貸与された艦はサイズも武装も異なる3種類のクラスから選び出されていたが、ソビエト海軍はこれらの艦に一連の艦番号を付与し、ひとまとめのクラスとして扱い、主に乗員訓練や哨戒任務に使用している。

 なお貸与されたうちの1隻「В−1」(旧艦名「サンフィッシュ」)は回航途中に英軍機の誤爆を受け沈没しているため、ソビエトに到着できずに終わっている。


”V”型潜水艦の歴史
В−1[V−1(V-1)]
 旧艦名「サンフィッシュ」。経歴等は英潜水艦の項を参照
1944年 4月10日ソビエト海軍籍へ編入。艦名を「В−1」と改名
       7月25日ムルマンスク近海にて英軍機の誤爆を受け沈没(触雷説もある)
В−2[V−2(V-2)]
 旧艦名「アンブロークン」。経歴等は英潜水艦の項を参照
1944年 4月10日ソビエト海軍籍へ編入。艦名を「В−2」と改名
       8月 3日〜ムルマンスクへ到着。哨戒任務等に従事(敵船1隻撃沈)
1949年 2月英国へ返還
В−3[V−3(V-3)]
 旧艦名「ユーニスン」。経歴等は英潜水艦の項を参照
1944年 4月10日ソビエト海軍籍へ編入。艦名を「В−3」と改名
       8月 6日〜ムルマンスクへ到着。哨戒任務等に従事(戦果無し)
1950年英国へ返還
В−4[V−4(V-4)]
 旧艦名「ウルスラ」。経歴等は英潜水艦の項を参照
1944年 4月10日ソビエト海軍籍へ編入。艦名を「В−4」と改名
       8月 4日〜ムルマンスクへ到着。哨戒任務等に従事(敵船2隻撃沈)
1950年英国へ返還


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,06,18(FirstUp 2004,10,10)