”S”型 潜水艦

"S" Class Submarines (IX series)
Подводная лодка Тип"С" (IX серия)


ソビエト海軍 他 ソビエト海軍 人民軍海軍


S-1
S-bis
(上段)С−1(公試時のため砲を搭載していない)/(下段)IX−bis型(艦名不詳)
スペックデータ(IXシリーズ)
排水量(水上):840t排水量(水中):1,070t全長:(全)77.75m
出力(水上):4,000hp出力(水中):1,100hp全幅:6.4m
最大速力(水上):19.5kt最大速力(水中):9.0kt吃水:4.4m
航続距離(水上):10.4ktで9,800浬航続距離(水中):3ktで148浬乗員数:46名
燃料搭載量:重油100t安全潜行深度:100m
主機関:MAN式M6V49/48ディーゼル機関(S-3のみ1D型ディーゼル機関×2基)×2基+P72/35電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
10cm単装砲1基、45mm単装機関砲1基
スペックデータ(IX-bisシリーズ:( )内は艦番号別 a=4-30/b=31-47/c=51-56/d=101-104)
排水量(水上):844t(a)
          837t(b)
          856t(c)
          845t(d)
排水量(水中):1,077t(a)
          1,084.5t(b)
          1,090t(c)
          1,078t(d)
全長:(全)77.7m(a/b/d)
    (全)77.75m(c)
出力(水上):4,000hp出力(水中):1,100hp全幅:6.4m(a/b/d)
    6.3m(c)
最大速力(水上):19.4kt(a)
           19.8kt(b)
           18.9kt(c)
           19.0kt(d)
最大速力(水中):9.5kt(a)
           8.9kt(b)
           8.6kt(c)
          10.1kt(d)
吃水:3.98m(a)
    4.35m(b)
    4.04m(c)
    4.03m(d)
航続距離(水上):8.5ktで8,340浬(a)
           9.7ktで8,170浬(b)
           8.5ktで9,500浬(c)
           8.5ktで8,600浬(d)
航続距離(水中):3ktで140浬(a/b)
           3ktで135浬(c)
           2.5ktで136浬(d)
乗員数:45〜46名
燃料搭載量:重油110t安全潜行深度:100m
主機関:1D型ディーゼル機関×2基+P72/35電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
10cm単装砲1基、45mm単装機関砲1基、(b)は12.7mm単装
機銃1基も搭載
スペックデータ(IX-bis2シリーズ:( )内は艦番号別 e=14-26/f=103-104)
排水量(水上):844t(e)
          845t(f)
排水量(水中):1,077t(e)
          1,078t(f)
全長:(全)77.7m
出力(水上):4,000hp出力(水中):1,100hp全幅:6.4m
最大速力(水上):19.4kt(e)
           19.0kt(f)
最大速力(水中):9.5kt(e)
          10.1kt(f)
吃水:3.98m(e)
    4.03m(f)
航続距離(水上):8.5ktで8,340浬(e)
           8.5ktで8,600浬(f)
航続距離(水中):3ktで140浬(e)
          2.5ktで136浬(f)
乗員数:46名
燃料搭載量:重油110t安全潜行深度:100m
主機関:1D型ディーゼル機関×2基+P72/35電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
10cm単装砲1基、45mm単装機関砲1基(e/f)

同型艦名(41隻+建造中止15隻)
(IXシリーズ:3隻)
С−1[С-1(S-1)]С−2[С-2(S-2)]С−3[С-3(S-3)]
(IX-bisシリーズ:38隻)
С−4[С-4(S-4)]С−5[С-5(S-5)]С−6[С-6(S-6)]
С−7[С-7(S-7)]С−8[С-8(S-8)]С−9[С-9(S-9)]
С−10[С-10(S-10)]С−11[С-11(S-11)]С−12[С-12(S-12)]
С−13[С-13(S-13)]С−27[С-27(S-27)]С−28[С-28(S-28)]
С−29[С-29(S-29)]С−30[С-30(S-30)]С−31[С-31(S-31)]
С−32[С-32(S-32)]С−33[С-33(S-33)]С−34[С-34(S-34)]
С−35[С-35(S-35)]С−36[С-36(S-36)]С−37[С-37(S-37)]
С−38[С-38(S-38)]С−39[С-39(S-39)]С−40[С-40(S-40)]
С−41[С-41(S-41)]С−42[С-42(S-42)]С−43[С-43(S-43)]
С−44[С-44(S-44)]С−45[С-45(S-45)]С−46[С-46(S-46)]
С−51[С-51(S-51)]С−52[С-52(S-52)]С−53[С-53(S-53)]
С−54[С-54(S-54)]С−55[С-55(S-55)]С−56[С-56(S-56)]
С−101[С-101(S-101)]С−102[С-102(S-102)] 
(IX-bis2シリーズ:15隻)
С−14[С-14(S-14)]С−15[С-15(S-15)]С−16[С-16(S-16)]
С−17[С-17(S-17)]С−18[С-18(S-18)]С−19[С-19(S-19)]
С−20[С-20(S-20)]С−21[С-21(S-21)]С−22[С-22(S-22)]
С−23[С-23(S-23)]С−24[С-24(S-24)]С−25[С-25(S-25)]
С−26[С-26(S-26)]С−103[С-103(S-103)]С−104[С-104(S-104)]

”S”型潜水艦について

 第一次大戦に敗戦したドイツが製造保有を禁じられた潜水艦の建造技術を温存するためにオランダへ設立した”IvS”(Ingeneer Kontor vor Shiffbau)社の技術協力を得て建造された航洋型潜水艦。ソビエト海軍では当クラスを航洋型潜水艦の標準とし、『スレドニャーヤ』[Средняя]型(中型という意味か)と呼称した。
 ドイツが第一次大戦で蓄積した潜水艦造艦技術を設計に反映させた当クラスは、これまでのソビエト潜水艦とは一味違う高性能なもので、まず1930年代前半にプロトタイプとして3隻が建造され、引き続いて改良型となるbisおよびbis2の建造が行われている。デザイン的にドイツが第一次大戦後に建造したUボート”IA型”と似ており、性能的にも劣るところは無かった。なお一部の艦はドイツ軍の侵攻が開始されたことにより工事中止となっている。

 なお当サイトでX-bis2シリーズとして記載した艦のうち一部はX-bisシリーズからX-bis2準拠へ改修された物も含まれている点に注意願いたい。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 #112 = クラスノエ・ソルモヴォ造船所 [Красное Сормово]  #189 = バルチック工廠 [Балтийский завод им]
 #194 = マルティ・レニングラード工廠 [им. А. Марти]  #202 = ダルザヴォド工廠 [Дальзавод]
 #402 = モロトフスク工廠 [Молотовск]  #638 = スターリン工廠 [Завод имени Сталина]
”S”型潜水艦の歴史
艦名造船所起工進水竣工戦歴など
С−1[С-1(S-1)]#189'34.12.25
('34.12.31?)
'35.08.08'36.09.11'37.10.20艦名を「Н−1」と改名
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1、戦果1)
'40.02.07赤旗勲章を受章
WW2開戦時はリェパヤにて改修工事を実施中だったが、'41.06.25侵攻した独軍の接収をおそれ爆破処分となる。'41.07.27除籍
С−2[С-2(S-2)]#189'34.12.31'35.12.21'36.09.11'37.10.20艦名を「Н−2」と改名
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
'40.01.03ボスニア沖にて触雷沈没
'40.03.28除籍
С−3[С-3(S-3)]#189'35.04.25'36.04.30'38.07.08'37.10.20艦名を「Н−3」と改名
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
WW2開戦時はリェパヤにて改修工事を実施中で、'41.06.24侵攻した独軍の接収をおそれ脱出するも同日独水雷艇の砲撃を受け沈没
'41.07.27除籍
С−4[С-4(S-4)]#189'36.01.03'36.09.17'39.10.30'37.10.20艦名を「Н−4」と改名
第二次大戦に参加(哨戒6、戦果9)
'42.08.15レニングラード沖にて触雷大破
修理の後'43.04戦線復帰するが、'43.04.30艦内爆発事故のため再度損傷
'43.05〜修理及び改修工事を実施
'44.09戦線復帰、'45.01.06バルト海(ポーランド沖)にて独魚雷艇「T−3」の攻撃を受け沈没(触雷沈没説もある)。'45.03.31除籍
С−5[С-5(S-5)]#189'35.12.28'37.05.16'39.10.30'37.10.20艦名を「Н−5」と改名
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒2)
'41.08.28フィンランド湾にて触雷沈没
'41.09.10除籍
С−6[С-6(S-6)]#189'35.12.28'38.03.31'40.06.30'37.10.20艦名を「Н−6」と改名
第二次大戦に参加(哨戒2)
'41.08.21フィンランド湾にて触雷沈没
'41.10.06除籍
С−7[С-7(S-7)]#112'36.12.14'37.04.05'40.06.30'37.10.20艦名を「Н−7」と改名
第二次大戦に参加(哨戒5、戦果9)
'42.10.21フィンランド潜「ヴェシヒイシ」の雷撃を受け沈没、'41.12.25除籍
С−8[С-8(S-8)]#112'36.12.14'37.04.05'40.06.30'37.10.20艦名を「Н−8」と改名
第二次大戦に参加(哨戒2)
'41.10.10出撃後帰還せず(10.12〜14の間に触雷沈没と推定)、'41.12.15除籍
С−9[С-9(S-9)]#112'37.06.20'38.04.20'40.10.31
('40.10.30?)
'37.10.20艦名を「Н−9」と改名
第二次大戦に参加(哨戒4、戦果3)
'43.08.13フィンランド湾にて触雷沈没
'43.09.29除籍
С−10[С-10(S-10)]#112'37.06.10'38.04.20'40.12.25'37.10.20艦名を「Н−10」と改名
第二次大戦に参加(哨戒1)
'41.06.28ピラウ沖にて独艦と交戦
損傷を負い撤退中に触雷沈没
'41.07.27除籍
С−11[С-11(S-11)]#112'37.10.20
('37.10.25?)
'38.04.24'41.06.27第二次大戦に参加(哨戒1、戦果1)
'41.08.02バルト海にて触雷沈没
'41.08.31除籍、'55年浮揚解体
С−12[С-12(S-12)]#112'37.10.20
('37.10.25?)
'38.04.20'41.07.24第二次大戦に参加(哨戒2、戦果9)
'43.08.01フィンランド湾にて触雷沈没
'43.09.29除籍
С−13[С-13(S-13)]#112'38.10.19'39.04.25'41.07.31第二次大戦に参加(哨戒4、戦果19)
'45.04.20赤旗勲章を受章
'49.01.12普通潜水艦に類別変更
'54.09.07非武装練習艦へ類別変更
'54.10.06艦名を「КБП−38」と改名
'56.03.23科学研究協会へ移管
'56.12.17除籍、翌年解体
С−27[С-27(S-27)]#112'40.12.31'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−28[С-28(S-28)]#112'41.03.??'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−29[С-29(S-29)]#112'41.03.??'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−30[С-30(S-30)]#112'41.03.??'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−31[С-31(S-31)]#198'37.10.05'39.02.22'40.06.19第二次大戦に参加(哨戒20、戦果8)
'42.05セヴァストーポリ防衛に参加
'44.11.05赤旗勲章を受章
'49.01.12普通潜水艦に類別変更
'55.03.14退役、予備役艦
'55.04.06艦名を「ПЗС−23」と改名
'57.03.14除籍、解体
С−32[С-32(S-32)]#198'37.10.15
('37.10.05?)
'39.04.27'40.06.19第二次大戦に参加(哨戒13)
'42.05セヴァストーポリ防衛に参加
'42.06.26ケルチ海峡近海にて独軍機の攻撃を受け沈没、'42.07.11除籍
С−33[С-33(S-33)]#198'37.11.16'39.05.30'40.11.18第二次大戦に参加(哨戒15、戦果9)
'42.03.23ツァプセ沖にて独軍機の攻
撃を受け損傷を負う
'44.07.22親衛称号を受章
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.03.14退役、予備役艦
'55.04.06艦名を「ПЗС−22」と改名
'74.03.12除籍、'75.03.14再度艦籍編入、技術評価や各種試験に使用される
'77.10.12艦名を「РЗС−422」と改名
'78.01.03除籍、解体
С−34[С-34(S-34)]#198'37.11.29'39.09.02'41.03.29第二次大戦に参加(哨戒4、戦果1)
'41.11出撃後帰還せず(ブルガリア沖にて触雷沈没と推定)、'42.02.11除籍
С−35[С-35(S-35)]#198'40.02.23'41.07.17'48.02.06'41.08.14独軍侵攻を受け避難のためポチへ曳航
'46.07.23ニコライエフへ曳航、工事再開
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'54.04.08カスピ海艦隊へ転属
'56.02.17退役、予備役艦
'56.03.26艦名を「ПЗС−36」と改名
'56.12.27艦名を「ЗАС−6」と改名
'62.03.15除籍
С−36[С-36(S-36)]#198'40.02.23'41.07.20工事中止、'41.08.15独軍侵攻のため爆破処分
С−37[С-37(S-37)]#198'40.11.28'41.07.20工事中止、'41.08.15独軍侵攻のため爆破処分
С−38[С-38(S-38)]#198'41.02.22'41.07.20工事中止、'41.08.15独軍侵攻のため爆破処分
С−39[С-39(S-39)]#112第二次大戦勃発のため計画中止('41年初頭に起工はしたとの説もある)
С−40[С-40(S-40)]#112第二次大戦勃発のため計画中止('41年初頭に起工はしたとの説もある)
С−41[С-41(S-41)]#112第二次大戦勃発のため計画中止
С−42[С-42(S-42)]#112第二次大戦勃発のため計画中止
С−43[С-43(S-43)]#112第二次大戦勃発のため計画中止
С−44[С-44(S-44)]#112第二次大戦勃発のため計画中止
С−45[С-45(S-45)]#194'40.12.??'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−46[С-46(S-46)]#194'40.12.??'41.06.22工事中止、終戦後解体処分
С−51[С-51(S-51)]#189→
 #202
'37.04.29'40.08.30'41.11.30#189からパーツの形で#202へ移管
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒7、戦果7)
'43.09.03独特務駆潜艇「Uj-1202」を撃沈
'44.07.15赤旗勲章を受章
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'54.09.07非武装練習艦へ類別変更
'54.10.06艦名を「КБП−39」と改名
'56.12.27退役、予備役艦
同日艦名を「УТС−19」と改名
'72.02.11除籍、記念艦として保存
С−52[С-52(S-52)]#189→
 #202
'37.04.29'40.08.30'43.06.09#189からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'54.08.24除籍、中国海軍へ供与
'70年頃中国海軍除籍
С−53[С-53(S-53)]#189→
 #202
'38.09.28'41.10.30'43.01.30
('42.12.31?)
#189からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'54.08.24除籍、中国海軍へ供与
'70年頃中国海軍除籍
С−54[С-54(S-54)]#194→
 #202
'36.11.24'38.11.05
('38.11.04?)
'40.12.31#194からパーツの形で#202へ移管
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒4、戦果1)
'44.03出撃後帰還せず(ノルウェー沖にて触雷沈没と推定)、'44.04.21除籍
С−55[С-55(S-55)]#194→
 #202
'36.11.24'39.11.27'41.07.25#194からパーツの形で#202へ移管
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒4、戦果3)
'43.12出撃後帰還せず(ノルウェー沖にて触雷沈没と推定)、'44.01.18除籍
С−56[С-56(S-56)]#194→
 #202
'36.11.24'39.12.25'41.10.20#194からパーツの形で#202へ移管
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒7、戦果13)
'44.03.31赤旗勲章を受章
'45.02.23親衛称号を受章
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'53年太平洋艦隊へ転属
'55.03.14退役、予備役艦
'55.06.13艦名を「ПЗС−55」と改名
'57.01.12艦名を「ЗАС−8」と改名
'64.04.20脱出訓練用練習艦となる
'64.09.15艦名を「УТС−14」と改名
'75.05.09記念艦として公開
'75.09.11除籍
С−101[С-101(S-101)]#112'37.06.20'38.04.20'40.12.15第二次大戦に参加(哨戒12、戦果16)
'41.07.15タリン沖にて独軍機の攻撃を
受け損傷を負う(同年9月戦線復帰)
'43.08.28独潜「U-639」を撃沈
'45.05.24赤旗勲章を受章
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'56.02.17非武装練習艦へ類別変更
'57年沈没救難訓練用の練習船として使用される、除籍年月日不明
С−102[С-102(S-102)]#112'37.06.20'38.04.20'40.12.16第二次大戦に参加(哨戒13、戦果4)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'54年太平洋艦隊へ転属
'55.03.14退役、予備役艦
'55.06.13艦名を「ПЗС−56」と改名
'57.01.12艦名を「ЗАС−9」と改名
'66.06.08艦名を「ПЗС−19」と改名
'67.01.30除籍、解体
С−14[С-14(S-14)]#112'38.09.29'39.04.25'42.04.21艤装は#638で実施
'43.06.18艦名を「ジェロイチェスキー・セヴァストーポリ」[Героический Севастополь (Geroicheskiy Sevastopol')]と改名
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒7、戦果3)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.29退役、予備役艦
'56.06.20艦名を「ПЗС−26」と改名
'56.08.17救難訓練用練習艦となる
同日艦名を「УТС−4」と改名
'78.02.09除籍、翌年解体
С−15[С-15(S-15)]#112'39.08.10'40.04.24'42.12.20艤装は#638で実施
'43年末北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒7、戦果3)
'44年艦名を「コルホーズニーツァ」[Колхозница (kolkhoznitsa)]と改名(改名していないとの説あり)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.29退役、予備役艦
'56.01.18艦名を「ПЗС−27」と改名
'56.06.20除籍、'58年解体
С−16[С-16(S-16)]#112'39.08.10'40.04.24'43.02.10艤装は#638で実施
'44.04.24艦名を「ジェロイ・ソヴィエツカガ・ソユーザ・ナルセイトフ」[Герой Советского Союза Нурсеитов (Geroy Sovetskogo Soyuza Nurseitov)]と改名
'44年秋北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.29退役、予備役艦
'56.01.18艦名を「ПЗС−28」と改名
'56.12.27艦名を「ЗАС−3」と改名
'58.03.12除籍、解体
С−17[С-17(S-17)]#112'39.08.10'40.04.24'45.04.20艤装は#402で実施
'44.11.22艦名を「ソビエツカヤ・スヴァネティーヤ」[Советская Сванетия (Sovetskaya Svanetiya)]と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.29退役、予備役艦
'56.01.18艦名を「ПЗС−29」と改名
'56.12.27艦名を「ЗАС−4」と改名
'58.03.12除籍、解体
С−18[С-18(S-18)]#112'39.08.10
('39.08.01?)
'40.04.24
('40.04.25?)
'45.06.20艤装は#638で実施
第二次大戦への参加なし
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'56.02.17退役、救助訓練用練習艦
'56.11.03艦名を「УТС−12」と改名
'57.10.04除籍、DOSAAF(ドサフ:ソ連邦陸空海軍義勇協力会。軍と民間が協力するために設立された自発的組織)へ練習船として貸与される
'60年代解体処分
С−19[С-19(S-19)]#194'39.09.30
('39.11.30?)
'41.03.14'44.02.21艤装は#638で実施
'44年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.30退役、ノヴァヤ・ゼムリヤにて原爆実験の評価に使用される
'57.10.10原爆実験の標的艦として大破
'58.01.28除籍、解体
С−20[С-20(S-20)]#194'39.09.30
('39.11.30?)
'41.03.14'45.02.19艤装は#638で実施
第二次大戦への参加なし
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'56.02.17退役、各種試験評価に使用
'57.10.10原爆実験の標的艦として大破
'58.03.01除籍、解体
С−21[С-21(S-21)]#194'39.12.31
('39.12.01?)
'41.04.25
('41.05.29?)
'46.03.29
('46.03.28?)
艤装は#638で実施
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'50年太平洋艦隊へ転属
'57.03.29退役、予備役艦
'57.04.17艦名を「ЗАС−13」と改名
'59.11.27除籍、'61年解体
С−22[С-22(S-22)]#112'40.06.25'41.05.02'46.05.25'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.03.14退役、予備役艦
'55.06.19艦名を「ПЗС−54」と改名
'57.01.12艦名を「ЗАС−7」と改名
'66.10.15艦名を「ПЗС−14」と改名
'67.01.30除籍、解体
С−23[С-23(S-23)]#112'40.06.25'41.05.02'47.06.27'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'58.04.18退役、予備役艦
同日艦名を「ЗАС−15」と改名
&60.09.15除籍、解体
С−24[С-24(S-24)]#112'40.06.25'41.05.02'47.12.18'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'50年太平洋艦隊へ転属
'55.06.06除籍、中国海軍へ供与
中国海軍除籍年月日不明
С−25[С-25(S-25)]#112'40.06.25'41.05.02'48.03.29'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'50年太平洋艦隊へ転属
'55.06.06除籍、中国海軍へ供与
中国海軍除籍年月日不明
С−26[С-26(S-26)]#112'40.06.25'41.05.02'48.03.29'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'50年太平洋艦隊へ転属
'58.04.18退役、予備役艦
同日艦名を「ЗАС−16」と改名
'61.07.22救難訓練用練習艦となる
同日艦名を「УТС−1」と改名
'73.02.05除籍、解体
С−103[С-103(S-103)]#112'38.09.13
('39.11.13?)
'39.04.25'42.06.30艤装は#638で実施
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒5、戦果3)
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.12.29除籍、'57年解体
С−104[С-104(S-104)]#112'38.09.04
('38.11.13?)
'39.04.25'42.09.22艤装は#638で実施
'43年北海艦隊へ転属
第二次大戦に参加(哨戒4、戦果3)
'44.10.12独特設駆潜艇「Uj-1209」を撃沈
'45.05.24赤旗勲章を受章
'49.01.12普通潜水艦へ類別変更
'55.03.14退役、予備役艦
'55.06.13艦名を「ПЗС−57」と改名
'57.01.12艦名を「ЗАС−10」と改名
'57.12.10暴風のため座礁
'58.10.06除籍、翌年解体


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,06,17(FirstUp 2004,09,12)