”M”型 潜水艦

"M" Class Submarine (VI / XII / XV Series)
Подводная лодка Тип"М" (VI / XII / XV серия)


ソビエト海軍 他 ソビエト海軍 ブルガリア海軍


M-32
VI-bis
(上段)「M−32」(XII型)/(下段)VI−bis型(艦名不詳)
スペックデータ(VIシリーズ:【 】内はVI-bisのデータ)
排水量(水上):158t【161t】排水量(水中):197.8t【201.8t】全長:(全)36.9m【(全)37.81m】
出力(水上):685hp出力(水中):240hp全幅:3.1m【3.11m】
最大速力(水上):10.7kt【13.1kt】最大速力(水中):5.5kt【7.3kt】吃水:2.4m【2.58m】
航続距離(水上):9.6ktで1,000浬
          【10ktで1,065浬】
航続距離(水中):2ktで40浬
          【2.5ktで55浬】
乗員数:17名【16名】
燃料搭載量:重油13t安全潜行深度:60m
主機関:38B8型ディーゼル機関×1基+PG60/34型電動モーター×1基、1軸推進
武装:
《魚雷10発搭載》21inch魚雷発射管2門(艦首)、
45mm単装機関砲1基
スペックデータ(XIIシリーズ)
排水量(水上):206t排水量(水中):256t全長:(全)44.5m
出力(水上):800hp出力(水中):400hp全幅:3.3m
最大速力(水上):14.0kt最大速力(水中):8.2kt吃水:2.58m
航続距離(水上):9ktで3,440浬航続距離(水中):2.8ktで110浬乗員数:20名
燃料搭載量:重油14t安全潜行深度:60m
主機関:38KM8型ディーゼル機関×1基+PG60/53型電動モーター×1基、1軸推進
武装:
《魚雷10〜15発搭載》21inch魚雷発射管2門(艦首)、
45mm単装機関砲1基
スペックデータ(XVシリーズ)
排水量(水上):280t排水量(水中):351t全長:(全)49.5m
出力(水上):1,200hp出力(水中):436hp全幅:4.4m
最大速力(水上):15.5kt最大速力(水中):7.9kt吃水:2.8m
航続距離(水上):8ktで4,500浬航続距離(水中):3ktで85浬乗員数:28名
燃料搭載量:重油14t安全潜行深度:60m
主機関:11D型ディーゼル機関×2基+PG17型電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷15発搭載》21inch魚雷発射管4門(艦首)、
45mm単装機関砲1基、7.62mm単装機関銃2基

同型艦名(152隻+キャンセル(未竣工含む)20隻)
(VIシリーズ:30隻)
M−1[М−1(M-1)]M−2[М−2(M-2)]M−3[М−3(M-3)]
M−4[М−4(M-4)]M−5[М−5(M-5)]M−6[М−6(M-6)]
M−7[М−7(M-7)]M−8[М−8(M-8)]M−9[М−9(M-9)]
M−10[М−10(M-10)]M−11[М−11(M-11)]M−12[М−12(M-12)]
M−13[М−13(M-13)]M−14[М−14(M-14)]M−15[М−15(M-15)]
M−16[М−16(M-16)]M−17[М−17(M-17)]M−18[М−18(M-18)]
M−19[М−19(M-19)]M−20[М−20(M-20)]M−21[М−21(M-21)]
M−22[М−22(M-22)]M−23[М−23(M-23)]M−24[М−24(M-24)]
M−25[М−25(M-25)]M−26[М−26(M-26)]M−27[М−27(M-27)]
M−28[М−28(M-28)]M−51[М−51(M-51)]M−52[М−52(M-52)]
(VI-bisシリーズ:20隻)
M−53[М−53(M-53)]M−54[М−54(M-54)]M−55[М−55(M-55)]
M−56[М−56(M-56)]M−71[М−71(M-71)]M−72[М−72(M-72)]
M−73[М−73(M-73)]M−74[М−74(M-74)]M−75[М−75(M-75)]
M−76[М−76(M-76)]M−77[М−77(M-77)]M−78[М−78(M-78)]
M−79[М−79(M-79)]M−80[М−80(M-80)]M−81[М−81(M-81)]
M−82[М−82(M-82)]M−83[М−83(M-83)]M−84[М−84(M-84)]
M−85[М−85(M-85)]M−86[М−86(M-86)] 
(XIIシリーズ:46隻)
M−30[М−30(M-30)]M−31[М−31(M-31)]M−32[М−32(M-32)]
M−33[М−33(M-33)]M−34[М−34(M-34)]M−35[М−35(M-35)]
M−36[М−36(M-36)]M−57[М−57(M-57)]M−58[М−58(M-58)]
M−59[М−59(M-59)]M−60[М−60(M-60)]M−62[М−62(M-62)]
M−63[М−63(M-63)]M−90[М−90(M-90)]M−92[М−92(M-92)]
M−94[М−94(M-94)]M−95[М−95(M-95)]M−96[М−96(M-96)]
M−97[М−97(M-97)]M−98[М−98(M-98)]M−99[М−99(M-99)]
M−102[М−102(M-102)]M−103[М−103(M-103)]M−104[М−104(M-104)]
M−105[М−105(M-105)]M−106[М−106(M-106)]M−107[М−107(M-107)]
M−108[М−108(M-108)]M−111[М−111(M-111)]M−112[М−112(M-112)]
M−113[М−113(M-113)]M−114[М−114(M-114)]M−115[М−115(M-115)]
M−116[М−116(M-116)]M−117[М−117(M-117)]M−118[М−118(M-118)]
M−119[М−119(M-119)]M−120[М−120(M-120)]M−121[М−121(M-121)]
M−122[М−122(M-122)]M−171[М−171(M-171)]M−172[М−172(M-172)]
M−173[М−173(M-173)]M−174[М−174(M-174)]M−175[М−175(M-175)]
M−176[М−176(M-176)]  
(XVシリーズ:76隻)
M−200[М−200(M-200)]M−201[М−201(M-201)]M−202[М−202(M-202)]
M−203[М−203(M-203)]M−204[М−204(M-204)]M−205[М−205(M-205)]
M−206[М−206(M-206)]M−210[М−210(M-210)]M−211[М−211(M-211)]
M−212[М−212(M-212)]M−213[М−213(M-213)]M−214[М−214(M-214)]
M−215[М−215(M-215)]M−216[М−216(M-216)]M−217[М−217(M-217)]
M−218[М−218(M-218)]M−219[М−219(M-219)]M−220[М−220(M-220)]
M−221[М−221(M-221)]M−222[М−222(M-222)]M−223[М−223(M-223)]
M−224[М−224(M-224)]M−225[М−225(M-225)]M−226[М−226(M-226)]
M−227[М−227(M-227)]M−228[М−228(M-228)]M−229[М−229(M-229)]
M−230[М−230(M-230)]M−231[М−231(M-231)]M−232[М−232(M-232)]
M−233[М−233(M-233)]M−234[М−234(M-234)]M−235[М−235(M-235)]
M−236[М−236(M-236)]M−237[М−237(M-237)]M−238[М−238(M-238)]
M−239[М−239(M-239)]M−240[М−240(M-240)]M−241[М−241(M-241)]
M−242[М−242(M-242)]M−243[М−243(M-243)]M−244[М−244(M-244)]
M−245[М−245(M-245)]M−246[М−246(M-246)]M−247[М−247(M-247)]
M−248[М−248(M-248)]M−249[М−249(M-249)]M−250[М−250(M-250)]
M−251[М−251(M-251)]M−252[М−252(M-252)]M−253[М−253(M-253)]
M−270[М−270(M-270)]M−271[М−271(M-271)]M−272[М−272(M-272)]
M−273[М−273(M-273)]M−274[М−274(M-274)]M−275[М−275(M-275)]
M−276[М−276(M-276)]M−277[М−277(M-277)]M−278[М−278(M-278)]
M−279[М−279(M-279)]M−280[М−280(M-280)]M−281[М−281(M-281)]
M−282[М−282(M-282)]M−283[М−283(M-283)]M−284[М−284(M-284)]
M−285[М−285(M-285)]M−286[М−286(M-286)]M−287[М−287(M-287)]
M−288[М−288(M-288)]M−289[М−289(M-289)]M−290[М−290(M-290)]
M−291[М−291(M-291)]M−292[М−292(M-292)]M−293[М−293(M-293)]
M−294[М−294(M-294)]  

”M”型潜水艦について

 中型(後に普通潜水艦と類別)の潜水艦建造を計画したソビエト海軍だったが、中型以上のサイズの艦を量産することは技術的にもコスト的にも難しく、元々の戦略方針である沿岸防御という観点から、小型かつ安価の沿岸防御用潜水艦を量産することとし、第一次5カ年計画から建造を開始したのが当”M”型潜水艦である。
 まずプロトタイプとしてVIシリーズが設計建造されたが、この艦は航続力が短く活動日数が不足したため、後に航続距離を延伸した改良型(VI-bis)が建造されるようになった。沿岸防御用ということで機動性は求めず、魚雷発射管も艦首に2門のみと必要最小限の規模で設計されており、船体をいくつかのパーツに分けて内陸部の工場でも生産を行い、海辺の工廠で組み立てることで量産化と工期の短縮が図られている。

 船体を拡大することで更に航続距離を伸ばし搭載魚雷数を増やしたXIIシリーズや、エンジンを2基に増やし推進軸も2軸とすることで機動力を高めたXVシリーズも改良型として続けて生産されているが、XVシリーズは大半が戦後完成となっている。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 #112 = クラスノエ・ソルモヴォ造船所 [Красное Сормово]  #196 = スドメク工廠 [Судомех]
 #198 = マルティ工廠 [Завод Марти]  #200 = ニコライエフ工廠 [имени 61 коммунара]
 #202 = ダルザヴォド工廠 [Дальзавод]  #402 = モロトフスク工廠 [Молотовск]
 #638 = スターリン工廠 [Завод имени Сталина]  
”M”型潜水艦の歴史
艦名造船所起工進水竣工戦歴など
M−1[М−1(M-1)]#198→
 #202
'32.10.03'33.04.09'34.04.26#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'45.11.05〜訓練任務に従事
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.08除籍、解体
M−2[М−2(M-2)]#200→
 #202
'32.08.29'33.04.08'34.04.28#200からパーツの形で#202へ移管
(起工は#198という説もある)
'40年史上初の氷塊下潜行航過を実施
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18退役、予備役艦
同日艦名を「ПЗС−14」と改名
'52.09.20除籍、解体
M−3[М−3(M-3)]#198→
 #202
'32.11.02'33.06.08'34.05.22#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18退役、予備役艦
同日艦名を「ПЗС−15」と改名
'52.09.20除籍、解体
M−4[М−4(M-4)]#200→
 #202
'33.04.01'33.11.18
('33.06.16?)
'34.06.02#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.10.01除籍、解体
M−5[М−5(M-5)]#200→
 #202
'33.??.??'33.10.29'34.06.06#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.10.08除籍、解体
M−6[М−6(M-6)]#200→
 #202
'32.??.??'33.04.24'34.06.13#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28DOSFLOT(ドスフローテ:ソ連邦海軍義勇協会)の練習艦となる
'51.01.18除籍、陸上へ移され訓練施設に転用される
M−7[М−7(M-7)]#200→
 #202
'33.04.19'33.08.05'34.07.06#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18退役、'51.09.01DOSFLOTの練習艦となる、'51.09.19除籍
M−8[М−8(M-8)]#198→
 #202
'32.10.31'33.08.11'34.07.05#198からパーツの形で#202へ移管
'34年後半浸水事故により沈没
二日後に浮揚され修理を実施
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.09.08除籍、解体
M−9[М−9(M-9)]#198→
 #202
'33.01.10
('33.01.20?)
'33.09.27'34.07.05#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、予備役艦
'51.01.19DOSFLOTの練習艦となる
'51.09.19除籍、解体
M−10[М−10(M-10)]#200→
 #202
'33.??.??'33.08.24'34.07.05#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、浮き桟橋として使用
'51.01.18救難訓練用練習艦として使用
'51.08.10除籍、解体
M−11[М−11(M-11)]#198→
 #202
'33.05.16'33.11.29'34.07.05#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.09.08除籍、解体
M−12[М−12(M-12)]#198→
 #202
'33.05.26'33.12.02'34.07.05#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦に参加(哨戒1)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.09.08除籍、解体
M−13[М−13(M-13)]#198→
 #202
'33.06.07'33.12.21
('33.10.03?)
'34.07.14#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−14[М−14(M-14)]#200→
 #202
'33.??.??'33.12.26'34.07.10#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、浮き桟橋として使用
'51.01.18救難訓練用練習艦として使用
'51.08.10除籍、解体
M−15[М−15(M-15)]#200→
 #202
'33.??.??'33.12.28'34.07.14#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、予備役艦
'51.01.18聴音索敵訓練標的として使用
'51.08.10除籍、解体
M−16[М−16(M-16)]#198→
 #202
'33.08.05'33.12.28'34.07.22#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.08.10除籍、解体
M−17[М−17(M-17)]#198→
 #202
'33.07.16'33.12.27'34.07.21#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、練習艦として使用
'51.09.01除籍、解体
M−18[М−18(M-18)]#198→
 #202
'33.07.18'33.12.24'34.07.22#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.11.28退役、練習艦として使用
'51.09.19除籍、解体
M−19[М−19(M-19)]#198→
 #202
'33.07.20
('33.07.12?)
'34.05.14'34.08.29#198からパーツの形で#202へ移管
'40年史上初の氷塊下潜行航過を実施
第二次大戦への参加なし
'48.06.01訓練中の事故により沈没
翌日救難船により浮揚、修理を実施
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−20[М−20(M-20)]#198→
 #202
'33.08.25
('33.09.17?)
'34.03.17'34.09.23#198からパーツの形で#202へ移管
'40年史上初の氷塊下潜行航過を実施
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.09.08除籍、解体
M−21[М−21(M-21)]#198→
 #202
'33.09.17
('33.09.27?)
'34.03.20
('34.05.11?)
'34.09.23#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.09.08除籍、解体
M−22[М−22(M-22)]#198→
 #202
'33.10.06'34.05.15'34.10.10#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−23[М−23(M-23)]#200→
 #202
'33.??.??'34.05.16'34.10.10#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.10〜12分解後鉄路でポチへ輸送
'44.12.11黒海艦隊へ転属
'46.06.26除籍、破壊試験に使用
M−24[М−24(M-24)]#198→
 #202
'33.10.21'34.06.01'34.10.10#198からパーツの形で#202へ移管
'40年史上初の氷塊下潜行航過を実施
第二次大戦への参加なし
'44.10〜12分解後鉄路でポチへ輸送
'44.12.11黒海艦隊へ転属
'46.06.26除籍、破壊試験に使用
'55年スクラップ
M−25[М−25(M-25)]#198→
 #202
'33.??.??'34.06.16
('34.04.16?)
'34.11.18#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.08〜10分解後鉄路でポチへ輸送
'44.10.29黒海艦隊へ転属
'46.06.26除籍、破壊試験に使用
M−26[М−26(M-26)]#200→
 #202
'33.??.??'34.04.14'34.11.18#200からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.08〜10分解後鉄路でポチへ輸送
'44.10.29黒海艦隊へ転属
'46.05.31練習潜水艦となる
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、救助訓練用として自沈
M−27[М−27(M-27)]#198→
 #202
'33.06.14
'34.02.01
'34.07.23'34.12.31'33.06.14起工するも火災により焼失
'34.02.01再起工する
#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.08〜10分解後鉄路でポチへ輸送
'44.10.29黒海艦隊へ転属
'48.02.27除籍、救助訓練用として自沈
M−28[М−28(M-28)]#198→
 #202
'33.07.12'34.06.21'35.07.16#198からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.08〜10分解後鉄路でポチへ輸送
'44.10.29黒海艦隊へ転属
'46.05.31練習潜水艦となる
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、救助訓練用として自沈
M−51[М−51(M-51)]#198'32.11.17'33.06.22
('33.09.08?)
'34.09.09第二次大戦に参加(哨戒10)
'43.09.22黒海にて浸水事故のため沈没
'43.09.25浮揚、修理後部隊復帰
'46.10.12練習潜水艦となる
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'50.12.08除籍、対潜標的として使用
M−52[М−52(M-52)]#198'33.08.15
('32.11.17?)
'33.12.13
('34.01.18?)
'34.09.09第二次大戦に参加(哨戒6)
'42.12〜'43.01分解後鉄路でバクーへ輸送
'43.01.13カスピ海艦隊へ転属
'43.01.21練習潜水艦となる
'45.10.01除籍、解体
M−53[М−53(M-53)]#198'34.02.10'34.12.23
('34.10.18?)
'35.06.11'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−47」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−54[М−54(M-54)]#200'34.12.20'35.09.15'36.10.14'41年近代化改修を実施
第二次大戦に参加(哨戒19)
'41.12.10コサーカス沿岸で座礁
'42.06.30浮揚、'42.07.05ポチへ曳航される
'44.12.19除籍、翌年解体
M−55[М−55(M-55)]#200'35.03.25'35.11.20'36.10.17第二次大戦に参加(哨戒14)
'45.02.01除籍、解体
M−56[М−56(M-56)]#200'35.03.25'35.11.20'36.10.19'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−48」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−71[М−71(M-71)]#198'34.03.10'34.12.31'35.08.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、リェパヤにて改修工事中だったが、'41.06.24独軍侵攻により爆破処分
'41.07.27除籍
M−72[М−72(M-72)]#198'34.03.10'34.12.23'35.08.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、クロンシュタットにあり、独軍侵攻後は行動停止となった
'44.12.02除籍、解体
M−73[М−73(M-73)]#198'34.03.10'35.01.05'35.08.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
第二次大戦開戦時、クロンシュタットにあり、独軍侵攻後は行動停止となった
'44.12.02除籍、解体
M−74[М−74(M-74)]#198'34.03.10'34.12.31'35.06.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、クロンシュタットにあり、
'41.09.23独軍機の爆撃を受け沈没
'41.10.31除籍
'42.11.03浮揚、修理後艦籍編入され、予備艦となる、'44.12.02除籍、解体
M−75[М−75(M-75)]#198'34.03.10'35.02.08
('35.02.05?)
'35.08.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、クロンシュタットにあり、独軍侵攻後は行動停止となった
'44.12.02除籍、解体
M−76[М−76(M-76)]#198'34.03.10'35.02.08'35.08.24'35.09.13レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、クロンシュタットにあり、独軍侵攻後は行動停止となった
'44.12.02除籍、解体
M−77[М−77(M-77)]#198→
 #196
'34.03.10'36.03.21'36.06.19#198からパーツの形で#196へ移管
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦に参加(哨戒15)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'49.02.22除籍、解体
M−78[М−78(M-78)]#198→
 #196
'34.03.20'36.03.21'36.06.19#198からパーツの形で#196へ移管
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦に参加(哨戒1)
'41.06.23ラトビア沖にて独潜「U-144」の雷撃を受け沈没、'41.07.27除籍
M−79[М−79(M-79)]#198'34.08.25'35.09.15'36.07.22'36.10.10レニングラードへ鉄路輸送
第二次大戦に参加(哨戒7)
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'49.02.22除籍、解体
M−80[М−80(M-80)]#198'34.08.25'35.09.15'36.07.15'36.07.22レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦開戦時、リェパヤにて改修工事中だったが、'41.06.24独軍侵攻により爆破処分
'41.07.27除籍
M−81[М−81(M-81)]#198'34.08.25'35.09.15'36.07.15'36.11.06レニングラードへ鉄路輸送
ソ・フィン戦争に参加(哨戒1)
第二次大戦に参加(哨戒1)
'41.07.01フィンランド湾にて触雷沈没
'41.07.27除籍、'65年浮揚、解体
M−82[М−82(M-82)]#196'34.02.02'35.06.10'35.11.06'39.08〜10ウラジオストクへ鉄路輸送
'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−43」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−83[М−83(M-83)]#196'34.02.10'35.06.01'35.11.08第二次大戦に参加(哨戒1)
'41.06.25リェパヤ防衛に際し損傷、爆破自沈
'41.07.27除籍
M−84[М−84(M-84)]#196'34.03.10'35.07.15'35.11.27'39.08〜10ウラジオストクへ鉄路輸送
'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−44」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−85[М−85(M-85)]#198'34.05.29'35.04.29'35.11.04当初艦名「М−77」
'35年艦名を「М−85」と改名
'39.08〜10ウラジオストクへ鉄路輸送
'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−45」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−86[М−86(M-86)]#198'34.08.29'35.05.25'35.11.04当初艦名「М−78」
'35年艦名を「М−86」と改名
'39.08〜10ウラジオストクへ鉄路輸送
'39.10.27太平洋艦隊へ転属
同日艦名を「М−46」と改名
第二次大戦への参加なし
'49.01.12小型潜水艦へ類別変更
'51.01.18除籍、解体
M−30[М−30(M-30)]#112'38.01.20'39.10.05'40.07.31'40.07鉄路にて極東へ輸送
'40.07.31太平洋艦隊へ転属
第二次大戦への参加なし
'44.06鉄路にてポチへ輸送
'44.07.08黒海艦隊へ転属
'52.11.12除籍、繋留練習船となる
M−31[М−31(M-31)]#112'38.08.31'40.02.25'40.10.31第二次大戦に参加
'41.09.05ルーマニア沖にて触雷損傷
'42.12.14出撃後帰還せず('42.12.17独艦艇の攻撃により沈没もしくは12.19触雷沈没)
除籍年月日不明
M−32[М−32(M-32)]#112'38.08.31'40.02.26'40.10.31第二次大戦に参加
'42.06.23艦内爆発事故により損傷
'42.10.14ルーマニア沖にて触雷損傷
'43.01-10オーバーホールを実施
'53.03.17除籍、解体
M−33[М−33(M-33)]#112'38.08.31'40.06.23'40.12.18第二次大戦に参加
'42.06.23艦内爆発事故により損傷
'42.08.20出撃後帰還せず(08.21味方機の誤爆を受けるが被害なし、08.22-25間にルーマニア艦の攻撃を受け沈没)
除籍年月日不明
M−34[М−34(M-34)]#112'39.02.22'40.06.23'40.12.31第二次大戦に参加
'41.10.28出撃後帰還せず(11.03触雷沈没)
除籍年月日不明
M−35[М−35(M-35)]#112'39.02.22'40.08.20'41.01.31第二次大戦に参加
'43.01.04ブルガリア船を誤射撃沈
'43.05.31親衛称号を受章
'53.08.17退役、予備役艦
'56.06.20除籍、解体
M−36[М−36(M-36)]#112'39.02.22'40.08.20'41.02.23第二次大戦に参加
'42.10〜12バクーへ鉄路輸送
'43.01.13カスピ海艦隊へ転属
'43.08〜10ポチへ鉄路輸送
'43.10.14黒海艦隊へ転属
'44.01.04試験航海へ出航後帰還せず(同日浸水事故で沈没)、除籍日不明
M−57[М−57(M-57)]#112'37.07.26'39.01.25'39.07.27'39年秋極東へ鉄路輸送
'39.10.27太平洋艦隊へ転属
'39.11.15艦名を「М−49」と改名
'41.08.10哨戒出撃後帰還せず(8.10-8.18間に自軍機雷に触雷沈没)
除籍年月日不明
M−58[М−58(M-58)]#112'37.10.25'39.04.28'39.09.27第二次大戦に参加
'41.10.16出撃後帰還せず(沈没原因不明)、除籍年月日不明
M−59[М−59(M-59)]#112'37.10.25'39.06.13'40.06.03第二次大戦に参加
'41.10.26出撃後帰還せず(11.05ルーマニア駆「レジェーレ・フェルディナンド」と衝突沈没もしくは10.31触雷沈没)、除籍年月日不明
M−60[М−60(M-60)]#112'37.10.25'39.08.28'40.05.31第二次大戦に参加
'42.06.22艦内火災事故により損傷
'42.09.16出撃後帰還せず(09.23-26の間にルーマニア沖にて触雷沈没)、除籍日不明
'51.07引き揚げ後スクラップ
M−62[М−62(M-62)]#112'38.01.20'39.10.05'40.07.31第二次大戦に参加
'44.07.22親衛称号を受章
'53.08.17除籍、解体
M−63[М−63(M-63)]#112'38.01.20'39.10.05
('39.01.25?)
'40.07.31
('39.10.05?)
'40年秋極東へ鉄路輸送
'40.12.21太平洋艦隊へ転属
'41.08.10哨戒出撃後帰還せず(ウラジオストク沖にて味方機雷に触雷沈没と推定)
除籍日不明
M−90[М−90(M-90)]#196'36.06.27'37.11.28'38.06.21'38.10.15浸水事故により着底、翌日浮揚
'39年〜ソ・フィン戦争に参加。'41.06.24ヘルシンキ沖にて味方機の誤爆を受け損傷
第二次大戦に参加。'42.04.30レニングラードにて独軍機の爆撃を受け損傷、応急修理実施後はレニングラード防衛に参加
'52.11.12退役、練習艦として使用
'54.06.26除籍、解体
M−92[М−92(M-92)]#196'36.09.05'38.08.04未就役'38.10〜電源装置やクローズドサイクルの実験艦として使用される
'40.09.25艦名を「С−92」と改名
'42.07独軍侵攻のため実験中断
'48年#196にて修理の後実験再開
'49年艦名を「М−92」と改名
'51年実験終了、翌年解体
M−94[М−94(M-94)]#196'38.12.25'39.09.11'39.11.20ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加
'41.07.21出撃後帰還せず(07.22独潜「U-140」と交戦沈没)、除籍日不明
M−95[М−95(M-95)]#196'38.12.25'39.09.11'39.11.20第二次大戦に参加
'42.06.14出撃後帰還せず(06.15触雷沈没もしくは06.16フィンランド軍機の攻撃を受け沈没)、除籍年月日不明
M−96[М−96(M-96)]#112'37.07.26
('37.07.20?)
'38.07.20'39.10.16第二次大戦に参加
'44.09.07出撃後帰還せず(09.07-09間に触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−97[М−97(M-97)]#112'37.07.26
('37.07.20?)
'38.07.20'39.10.10第二次大戦に参加
'41.09.18英軍機の誤射を受け損傷
'42.09.01出撃後帰還せず(09.10ヘルシンキ沖にて触雷沈没)、除籍年月日不明
M−98[М−98(M-98)]#196'39.06.22'40.04.15'40.07.10第二次大戦に参加
'41.11.13出撃後帰還せず(11.14タリン沖にて触雷沈没)、除籍年月日不明
M−99[М−99(M-99)]#196'39.06.26'40.04.15'40.07.03第二次大戦に参加
'41.06.24出撃後帰還せず(06.27独潜「U-149」と交戦沈没)、除籍年月日不明
M−102[М−102(M-102)]#196'40.05.15'40.10.12'40.12.05第二次大戦に参加
'41.10.20レニングラード沖にて貨物船と衝突損傷、'42年夏戦線復帰
'45.11.16退役、練習船となる
'53.09.15艦名を「КБП−30」と改名
'53.11.27除籍、解体
M−103[М−103(M-103)]#196'40.05.31'40.10.12'40.12.05第二次大戦に参加
'41.08.13出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−104[М−104(M-104)]#112→
 #402
'40.09.30
('40.10.30?)
'42.09.24'43.02.10'42.08#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加
'44.05ポチへ鉄路輸送、'44.07.09黒海艦隊へ転属
'53.08.17退役、予備役艦
'55年カスピ海へ回航、保管船
'60.09.19除籍、解体
M−105[М−105(M-105)]#112→
 #402
'40.10.30'42.09.30'43.02.20'42.09#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加(哨戒9)
'44.05ポチへ鉄路輸送、'44.07.09黒海艦隊へ転属('44.06.08説もある)
'53.08.17退役、練習潜水艦となる
'55.06.10除籍、解体
M−106[М−106(M-106)]#112→
 #402
'40.10.30
('40.09.30?)
'42.10.09
('42.10.10?)
'43.03.15'42.09#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加(哨戒3)
'43.07.01出撃後帰還せず(07.05独特設駆潜艇と交戦。「Uj-1217」と衝突沈没)
除籍年月日不明
M−107[М−107(M-107)]#112→
 #402
'40.10.30
('40.09.30?)
'42.12.16'43.06.24'42.10#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加(哨戒4)
'44.05ポチへ鉄路輸送、'44.07.09黒海艦隊へ転属
'53.08.17退役、予備役艦
'56.05.21除籍、解体
M−108[М−108(M-108)]#112→
 #402
'40.10.30
('40.09.30?)
'43.01.09'43.07.20'42.11#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加(哨戒3)
'44.02.21出撃後帰還せず(02.22-28間にノルウェー沖にて触雷沈没と推定)
除籍年月日不明
M−111[М−111(M-111)]#112'39.10.25'40.12.31'41.07.03第二次大戦に参加
'42.02.27艦内爆発事故により損傷
'43.08.30独特設駆潜艇と交戦、損傷
'43.12.02独軍機の攻撃を受け損傷
'44.07.22赤旗勲章を受章
'54.10.02除籍、解体
M−112[М−112(M-112)]#112'39.10.25'40.12.31'41.06.30第二次大戦に参加
'43.10.25敵船と交戦、損傷
'53.08.17除籍、解体
M−113[М−113(M-113)]#112'39.10.25'40.12.31'41.07.02第二次大戦に参加
'43.10.05触雷損傷、戦線復帰は翌年
'53.08.17退役、予備役艦
'57.02.21除籍、解体
M−114[М−114(M-114)]#112→
 #202
'39.11.27'41.05.07'41.10.25'41年#112からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.06ポチへ鉄路輸送
'44.07.31黒海艦隊へ転属
'53.08.17除籍、解体
M−115[М−115(M-115)]#112→
 #202
'39.11.27'41.05.07'41.09.20'41年#112からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.06ポチへ鉄路輸送
'44.07.31黒海艦隊へ転属
'53.08.17退役、予備役艦
'54.10.02('54.10.20?)除籍、解体
M−116[М−116(M-116)]#112→
 #202
'39.11.27'41.05.07'41.10.15'41年#112からパーツの形で#202へ移管
第二次大戦への参加なし
'44.06ポチへ鉄路輸送
'44.07.31黒海艦隊へ転属
'53.07.17退役、予備役艦
'56.06.20('56.06.02?)除籍、解体
M−117[М−117(M-117)]#112→
 #198
'40.10.29'41.02.12'41.10.28'41年#112からパーツの形で#198へ移管
第二次大戦に参加(哨戒14)
'44.07.22赤旗勲章を受章
'53.07.17除籍、'53.12解体前に浸水沈没
'54.05.05浮揚後、解体
M−118[М−118(M-118)]#112→
 #198
'40.10.29'41.04.12'41.10.28'41年#112からパーツの形で#198へ移管
第二次大戦に参加(哨戒6)
'42.08.22出撃後帰還せず(独軍機の攻撃もしくは触雷にて沈没と推定)、除籍日不明
M−119[М−119(M-119)]#112
 #402
'40.05.28'41.06.26
('42.07.26)
'42.10.22#112にて'41.06.26進水したが、#402へ
送られ'42.07.26に再度進水を行っている
第二次大戦に参加(哨戒12)
'44.06ポチへ鉄路輸送
'44.07.09黒海艦隊へ転属
'53.08.17退役、予備役艦
'56.09.02除籍、解体
M−120[М−120(M-120)]#112→
 #198
'40.01.28'41.02.12
'41.06.29
'41.11.08#112にて'41.02.12進水したが、#198へ送られ'41.06.29に再度進水を行っている
第二次大戦に参加(哨戒7)
'42.12バクーへ鉄路輸送
'43.01.13カスピ海艦隊に転属
'43.10ポチへ鉄路輸送
'43.10.16黒海艦隊へ転属
'53.08.17除籍、解体
M−121[М−121(M-121)]#112'40.05.28'41.08.19'42.04.10'42.06#402へ鉄路輸送
'42.08.12北海艦隊に転属
第二次大戦に参加(哨戒2)
'42.11.07出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−122[М−122(M-122)]#112→
 #402
'40.05.28'41.02.12'42.10.31'41年#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦に参加(哨戒4)
'43.05.12出撃後帰還せず(05.14独軍機の攻撃により沈没)、除籍年月日不明
M−171[М−171(M-171)]#196'36.09.10'37.07.10'37.12.11当初艦名「М−87」
'39.06.16艦名を「М−171」と改名
'39.06.21北海艦隊へ転属
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒28)
'42.04.03親衛称号を受章
'44.05プロジェクト604改修を実施
'45.07.01バルト海艦隊へ転属
'50.11.28退役、練習艦となる
'53.02.28非武装化、予備役艦
'60.06.30除籍、解体
M−172[М−172(M-172)]#196'36.06.17'37.07.23'37.12.11当初艦名「М−88」
'39.06.16艦名を「М−172」と改名
'39.06.21北海艦隊へ転属
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒20)
'42.04.03赤旗勲章を受章
'43.07.25親衛称号を受章
'43.10.01出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−173[М−173(M-173)]#196'36.06.27'37.10.09'38.06.22当初艦名「М−89」
'39.06.16艦名を「М−173」と改名
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒13)
'42.08.06出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−174[М−174(M-174)]#196'37.05.29'37.10.12'38.10.24当初艦名「М−91」
'39.06.16艦名を「М−174」と改名
'39.06.21北海艦隊へ転属
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒17)
'42.07.03親衛称号を受章
'43.03.24触雷により艦首切断の損傷を負うが自力にて帰還、後に修理復帰
'43.10.14出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)、除籍年月日不明
M−175[М−175(M-175)]#196'37.05.29'37.10.12'38.09.29当初艦名「М−92」
'39.06.16艦名を「М−175」と改名
'39.06.21北海艦隊へ転属
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒5)
'42.01.08出撃後帰還せず(02.10独潜「U-584」と交戦、沈没)、除籍日不明
M−176[М−176(M-176)]#196'37.05.29'37.10.12'38.10.11
('38.03.29?)
当初艦名「М−93」
'39.06.16艦名を「М−176」と改名
'39.06.21北海艦隊へ転属
ソ・フィン戦争に参加
第二次大戦に参加(哨戒16)
'42.06.21出撃後帰還せず(沈没原因不明)、除籍年月日不明
M−200[М−200(M-200)]#196→
 #638
'40.03.31'41.07.17'43.03.20艤装は#638にて実施
第二次大戦に参加
'43.06.18艦名を「メスト」[Месть (Mest')]と改名
'56.11.21衝突事故により沈没
M−201[М−201(M-201)]#196→
 #638
'40.03.31'41.07.17'43.04.16艤装は#638にて実施
詳細経歴不明
M−202[М−202(M-202)]#196→
 #638
'40.05.25'41.07.15'44.02.19当初艦名「М−202」
艤装は#638にて実施
竣工時艦名「リブニク・ドンバサ」[Рыбник Донбасса (Rybnik Donbassa)]
第二次大戦への参加なし
'54.08.18ブルガリアへ貸与
後にソビエトへ返還される
M−203[М−203(M-203)]#196→
 #638
'40.10.31'41.07.07'44.10.28当初艦名「М−203」
艤装は#638にて実施
竣工時艦名「イルクーツキー・リバク」[Иркутский Рыбак (Irkutskiy Rybak)]
第二次大戦への参加なし
'54.08.18ブルガリアへ貸与
後にソビエトへ返還される
M−204[М−204(M-204)]#196'40.10.31'46.07.17'47.06.25第二次大戦中は工事中断
'54.08.18ブルガリアへ貸与
後にソビエトへ返還される
M−205[М−205(M-205)]#196'40.12.30
('40.12.31?)
'46.11.10'47.07.22第二次大戦中は工事中断
詳細経歴不明
M−206[М−206(M-206)]#196'40.21.31'47.04.26'47.09.30第二次大戦中は工事中断
詳細経歴不明
M−210[М−210(M-210)]#196計画中止
M−211[М−211(M-211)]#196計画中止
M−212[М−212(M-212)]#196計画中止
M−213[М−213(M-213)]#196計画中止
M−214[М−214(M-214)]#112→
 #402
'41.04.03
('41.05.31?)
'46.09.24'48.08.14
('47.08.14?)
#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦中は工事中断
詳細経歴不明
M−215[М−215(M-215)]#112→
#402→
 #196
'41.04.30'47.07.22'47.10.31#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−216[М−216(M-216)]#112→
#402→
 #196
'41.04.30'47.07.26'47.11.05#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−217[М−217(M-217)]#112→
 #196
'41.04.30'47.07.26'47.11.10#112にて起工
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−218[М−218(M-218)]#112→
#402→
 #196
'41.04.30'47.09.10'47.11.10#112からパーツの形で#402へ移管
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−219[М−219(M-219)]#112→
 #402
'41.04.30#112からパーツの形で#402へ移管するも建造中止
M−220[М−220(M-220)]#196計画中止
M−221[М−221(M-221)]#196計画中止
M−222[М−222(M-222)]#196計画中止
M−223[М−223(M-223)]#196計画中止
M−224[М−224(M-224)]#196計画中止
M−225[М−225(M-225)]#196計画中止
M−226[М−226(M-226)]#196計画中止
M−227[М−227(M-227)]#196計画中止
M−228[М−228(M-228)]#196計画中止
M−229[М−229(M-229)]#196計画中止
M−230[М−230(M-230)]#196計画中止
M−231[М−231(M-231)]#196計画中止
M−232[М−232(M-232)]#196計画中止
M−233[М−233(M-233)]#196計画中止
M−234[М−234(M-234)]#112→
 #196
'41.06.20'48.04.25'48.07.31#112にて起工
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−235[М−235(M-235)]#112→
 #196
'41.06.20'48.04.25'48.08.25#112にて起工
第二次大戦中は工事中断
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−236[М−236(M-236)]#112→
 #196
'47.02.19'48.06.19'48.10.19#112にて起工
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−237[М−237(M-237)]#112→
 #196
'47.03.15'48.07.27'48.11.29#112にて起工
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−238[М−238(M-238)]#112→
 #196
'47.04.25'48.08.21'48.12.07#112にて起工
#196へ移管され竣工、詳細経歴不明
M−239[М−239(M-239)]#196'47.06.07'48.10.02'49.07.14詳細経歴不明
M−240[М−240(M-240)]#196'48.08.27'48.11.22'49.07.30DOSAAF(ドサフ:ソ連邦陸空海軍義勇協力会)の練習艦として使用されるが、'60年頃浸水事故により沈没
M−241[М−241(M-241)]#196'48.08.31'48.12.30'49.07.30詳細経歴不明
M−242[М−242(M-242)]#196'48.09.30'49.03.30'49.07.30詳細経歴不明
M−243[М−243(M-243)]#196'48.10.31'49.04.30'49.08.31詳細経歴不明
M−244[М−244(M-244)]#196'48.11.24'49.06.01'49.10.01詳細経歴不明
M−245[М−245(M-245)]#196'48.11.30'49.06.30'49.10.31詳細経歴不明
M−246[М−246(M-246)]#196'49.01.25'49.07.24'49.11.16詳細経歴不明
M−247[М−247(M-247)]#196'49.02.14'49.08.31'49.11.22詳細経歴不明
M−248[М−248(M-248)]#196'49.02.24'49.09.26'49.11.23詳細経歴不明
M−249[М−249(M-249)]#196'49.04.25'49.10.30'49.12.31詳細経歴不明
M−250[М−250(M-250)]#196'49.06.28'49.11.28'50.06.02詳細経歴不明
M−251[М−251(M-251)]#196'49.09.23'49.12.22'50.06.25詳細経歴不明
M−252[М−252(M-252)]#196'49.10.22'50.03.26'50.07.10詳細経歴不明
M−253[М−253(M-253)]#196'49.11.09'50.03.30'50.07.29詳細経歴不明
M−270[М−270(M-270)]#196'49.12.23'50.04.24'50.07.29詳細経歴不明
M−271[М−271(M-271)]#196'50.01.31'50.04.30'50.08.28詳細経歴不明
M−272[М−272(M-272)]#196'50.02.25'50.06.13'50.09.11詳細経歴不明
M−273[М−273(M-273)]#196'50.03.18'50.07.20'50.09.28詳細経歴不明
M−274[М−274(M-274)]#196'50.04.29'50.09.18'50.10.31詳細経歴不明
M−275[М−275(M-275)]#196'50.05.25'50.09.23'50.11.15詳細経歴不明
M−276[М−276(M-276)]#196'50.06.28'50.10.17'50.12.25詳細経歴不明
M−277[М−277(M-277)]#196'50.07.31'??.??.??'51.05.24詳細経歴不明
M−278[М−278(M-278)]#196'50.08.31'51.01.19'51.05.28詳細経歴不明
M−279[М−279(M-279)]#196'50.10.12'51.02.10'51.06.09詳細経歴不明
M−280[М−280(M-280)]#196'50.12.20'51.04.14'51.07.21詳細経歴不明
M−281[М−281(M-281)]#196'51.02.04'51.04.29'51.08.23詳細経歴不明
M−282[М−282(M-282)]#196'51.03.11'51.06.12'51.09.14詳細経歴不明
M−283[М−283(M-283)]#196'51.04.02'51.07.03'51.09.30詳細経歴不明
M−284[М−284(M-284)]#196'51.05.03'51.08.11'51.10.31詳細経歴不明
M−285[М−285(M-285)]#196'51.05.31'51.09.14'52.02.12詳細経歴不明
M−286[М−286(M-286)]#196'51.06.29'51.10.15'52.06.25詳細経歴不明
M−287[М−287(M-287)]#196'51.06.25'51.11.15'52.06.25詳細経歴不明
M−288[М−288(M-288)]#196'51.08.24'52.01.24'52.07.24詳細経歴不明
M−289[М−289(M-289)]#196'51.09.27'52.04.28'52.08.27詳細経歴不明
M−290[М−290(M-290)]#196'51.11.10'52.05.27'52.09.30詳細経歴不明
M−291[М−291(M-291)]#196'51.12.28'52.07.01'52.11.25詳細経歴不明
M−292[М−292(M-292)]#196'52.04.15'52.09.30'53.01.12詳細経歴不明
M−293[М−293(M-293)]#196'52.02.10'52.10.02'53.01.12詳細経歴不明
M−294[М−294(M-294)]#196'52.05.29'52.10.22'53.02.26
('53.03.03?)
詳細経歴不明


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,06,17(FirstUp 2004,10,09)