”K”型 潜水艦

"K" Class Submarines (XIV series)
Подводная лодка Тип"К" (XIV серия)


ソビエト海軍 ソビエト海軍


K-3
K-21
(上段)「К−3」(1940年代前半)/(下段)「К−21」(第二次大戦中)
スペックデータ
排水量(水上):1,500t排水量(水中):2,117t全長:(全)97.6m
出力(水上):8,400hp出力(水中):2,400hp全幅:7.4m
最大速力(水上):22.5kt最大速力(水中):10.3kt吃水:4.07m
航続距離(水上):9ktで16,500浬航続距離(水中):3ktで175浬乗員数:60〜66名
燃料搭載量:重油263t安全潜行深度:80m(100m説あり)
主機関:9DKRディーゼル機関×2基+PG11電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷24発搭載》21inch魚雷発射管10門(艦首6、艦尾4)、
10cm単装砲2基、45mm単装機関砲2基、機雷20個搭載

同型艦名(11隻+建造中止1隻)
К−1[K−1(K-1)]К−2[K−2(K-2)]К−3[K−3(K-3)]
К−21[K−21(K-21)]К−22[K−22(K-22)]К−23[K−23(K-23)]
К−51[K−51(K-51)]К−52[K−52(K-52)]К−53[K−53(K-53)]
К−54[K−54(K-54)]К−55[K−55(K-55)]К−56[K−56(K-56)]

”K”型潜水艦について

 1930年代初頭に建造された航洋型潜水艦(”P”型)の改良型として建造された潜水艦。国産ディーゼル機関の進化を受けて実現が可能となったもので、第二次大戦中のソビエト潜水艦隊では最大サイズを持っていた。
 ”P”型に比べ船体が大きくなり航続力も延伸し最高速度も向上するなど、他国の同クラス潜水艦と比較しても遜色のないものに仕上がっている。魚雷発射管は10門となっており、いくつかの発射管からは機雷敷設も可能なように設計されていた。

 計画では62隻もの大量建造が予定されていたが、航洋型潜水艦がソビエト海軍の戦略方針に合致しなかったためか、もしくは他の理由(例えばディーゼル機関製造の問題、信頼性・稼働率の低さ)から12隻が建造された(うち11隻が就役した)のみに終わっている。戦没しなかった艦もすでに現役を退いて長いが、現在も数隻が処分されずに赤錆びた姿を軍港周辺に晒しているという。


”K”型潜水艦の歴史
К−1[K−1(K-1)]
1936年12月27日マルティ・レニングラード(194)工廠[им. А. Марти]にて起工
1938年 4月29日進水
1939年12月16日竣工
1940年 5月26日バルト海艦隊に配属となる
       8月 6日北海艦隊へ転属
1941年 6月〜機雷敷設任務に従事
1943年 9月 5日〜出撃後帰還せず(沈没原因不明)
К−2[K−2(K-2)]
1936年12月27日マルティ・レニングラード(194)工廠にて起工
1938年 4月29日進水
1939年12月16日竣工
1940年 5月26日バルト海艦隊に配属となる
       7月18日北海艦隊へ転属
1941年 8月〜哨戒任務および機雷敷設任務に従事
1942年 8月26日〜出撃後帰還せず(触雷沈没と推定)
К−3[K−3(K-3)]
1936年12月27日マルティ・レニングラード(194)工廠にて起工
1938年 7月31日進水
1940年11月27日竣工
      12月19日バルト海艦隊に配属となる
1941年 1月〜哨戒任務および機雷敷設任務に従事
       9月17日北海艦隊へ転属
      12月 3日独特設駆潜艇と交戦、損傷を負う
1942年 3月18日ノルウェー北方にて触雷、損傷を負う
1943年初頭新型水中聴音装置の搭載工事を実施
       3月14日〜出撃後帰還せず(3月21日独特設駆潜艇と交戦、沈没)
К−21[K−21(K-21)]
1937年12月10日スドメク(196)工廠[Судомех]にて起工
1939年 8月16日進水
1940年11月30日竣工
1941年 2月 3日バルト海艦隊に配属
       6月〜哨戒任務や機雷敷設任務に従事
1942年10月23日赤旗勲章を受章
1949年 6月 9日艦名を「Б−4」と改名
1954年 9月11日退役、予備役艦となる
1956年 6月20日艦名を「ПЗС−51」と改名
1958年 8月17日艦名を「УТС−5」と改名
1982年〜セヴェロモルスクにて記念艦として公開される
К−22[K−22(K-22)]
1938年 1月 5日スドメク(196)工廠にて起工
      11月 3日進水
1940年 7月15日竣工
       8月 7日バルト海艦隊に配属
1941年 9月17日北海艦隊へ転属。哨戒任務や機雷敷設任務に従事
1943年初頭新型水中聴音装置の搭載工事を実施
1943年 2月 3日〜出撃後帰還せず(2月7日触雷沈没と推定)
К−23[K−23(K-23)]
1938年 2月 5日スドメク(196)工廠にて起工
1939年 4月28日進水
1940年 9月29日竣工
      10月25日バルト海艦隊に配属
1941年 9月17日北海艦隊へ転属。哨戒任務や機雷敷設任務に従事
1942年 4月29日〜出撃後帰還せず(5月12日独船団と交戦、沈没)
К−51[K−51(K-51)]
1938年 2月26日マルティ・レニングラード(194)工廠にて起工
1939年 7月30日進水
1941年 9月〜バルト海艦隊にて試験評価任務に従事
1943年11月17日正式就役。哨戒任務などに従事
1948年 7月27日北海艦隊へ転属
1949年 1月12日大型潜水艦へ類別変更。同年6月9日艦名を「Б−5」と改名
1952年巡航ミサイル試験用に改装されるが、試験には使用されず
1955年12月29日退役。翌年1月18日艦名を「ПЗС−24」と改名
1956年12月27日艦名を「ЗАС−1」と改名
1958年 3月12日雑役船に類別変更。同年5月12日艦名を「УТС−30」と改名
1975年 3月13日除籍。2002年時点において廃船として現存
К−52[K−52(K-52)]
1938年 2月26日マルティ・レニングラード(194)工廠にて起工
1939年 7月 5日進水
1941年 8月〜バルト海艦隊にて試験評価任務に従事
1942年10月11日正式就役。哨戒任務などに従事
1945年 4月20日赤旗勲章を受章
1948年 7月27日北海艦隊へ転属
1949年 1月12日大型潜水艦へ類別変更。同年6月9日艦名を「Б−6」と改名
1955年12月29日退役。翌年1月18日艦名を「ПЗС−25」と改名
1956年12月27日艦名を「ЗАС−2」と改名
1958年 3月12日雑役船に類別変更。同年3月18日艦名を「УТС−31」と改名
1978年 3月20日除籍、スクラップ
К−53[K−53(K-53)]
1938年 5月30日マルティ・レニングラード(194)工廠にて起工
1939年 9月 2日進水
1941年 9月〜バルト海艦隊にて試験評価任務に従事
1942年 7月22日独軍の地上砲火により損傷を負う
1943年 7月31日正式就役。哨戒任務などに従事
1948年 7月27日北海艦隊へ転属
1949年 1月12日大型潜水艦へ類別変更。同年6月9日艦名を「Б−7」と改名
1954年 9月11日退役。同年11月9日艦名を「ПЗС−53」と改名
1956年 8月25日雑役船に類別変更。58年3月18日艦名を「УТС−7」と改名
1960年 2月11日除籍、スクラップ
К−54[K−54(K-54)]
1937年 4月30日バルチック(189)工廠[Балтийский завод им]にて起工
1941年 3月 8日進水
1941年後半工事中止となる
1949年スクラップとして解体処分される
К−55[K−55(K-55)]
1937年 4月29日バルチック(189)工廠にて起工(起工は2月説もある)
1941年 2月 7日進水
       9月 6日〜分解検査、各種試験任務に使用
1944年12月25日正式就役。翌年3月5日バルト海艦隊へ配置
1948年 7月27日北海艦隊へ転属
1949年 1月12日大型潜水艦へ類別変更。同年6月9日艦名を「Б−8」と改名
1954年 9月11日退役。同年11月9日艦名を「ПЗС−52」と改名
1956年12月27日艦名を「ЗАС−5」と改名
1957年11月28日雑役船に類別変更。艦名を「УТС−58」と改名
1979年 3月31日除籍。2002年時点において廃船として現存
К−56[K−56(K-56)]
1937年10月17日バルチック(189)工廠にて起工
1940年12月29日進水
       9月 6日〜分解検査、各種試験任務に使用
1942年11月29日正式就役。バルト海艦隊へ配置
1944年10月23日海底への接触により損傷を負う
1948年 7月27日北海艦隊へ転属
1949年 1月12日大型潜水艦へ類別変更。同年6月9日艦名を「Б−9」と改名
1955年 9月21日核魚雷の実験標的として使用。至近距離の爆発により損傷着底
1955年〜56年再試験に使用するため浮揚修理
1956年12月30日退役。実験船となる
1957年 9月24日ノヴァヤ・ゼムリヤにて核実験の標的艦として使用され沈没
      10月16日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,06,18(FirstUp 2004,10,10)