砲艦(河川モニター艦) ケルチ

Gunboat(River Monitor) "Kerch'"
Канонерские Лодки(Речной Мониторы) "Керчь"


ソビエト赤軍(旧オーストリア・ハンガリー帝国→ハンガリー評議会→ユーゴスラビア→ルーマニア)
 ソビエト海軍 オーストリア・ハンガリー海軍 ハンガリー評議会 ユーゴスラビア海軍 ルーマニア海軍


Inn
Kerch
砲艦「ケルチ」((上段)オーストリア・ハンガリー海軍「イン」時代/(下段)ソビエト海軍時代の側面図)
スペックデータ
排水量:(基)541t ボイラー:Yarrow罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 60t
全長:(全)62.0m
全幅:10.5m 主機:(メーカー不詳)三段膨張式レシプロ機関×2基、2軸推進
吃水:1.8m
出力:1,600hp
武装:
50口径12cm連装砲2基、63口径37mm単装機関砲5基、70口径
20mm単装機関砲2基、12.7mm単装機銃4基
最大速力:12.2kt
航続距離:9ktで700浬
乗員定数:133名

同型艦名(1隻)
ケルチ [Керчь (Kerch')]

砲艦(河川モニター艦)ケルチについて

 元はルーマニア海軍のドナウ川用モニター艦「ベッサラビア」[Basarabia]だが、1944年にルーマニアがソビエトに降伏した際に鹵獲、艦籍編入となったものである。最初はオーストリア・ハンガリー帝国のモニター艦として建造されたが、第一次大戦後はハンガリー評議会共和国からユーゴスラビアを経由してルーマニアへ渡っている。
 当艇は「イズマイール」(オーストリア・ハンガリー帝国で建造時点は「サヴァ」)の改良型(ただし建造は同時期のため、比較試験的な意味合いがあったと思われる)だが、ボイラーを重油焚きとしたほか、主砲の砲身が長砲身となった以外にあまり大きな変化は見られない。

 第二次大戦での経歴や、戦後の扱いなども他のルーマニア砲艦と同様となっている。
 なお、ルーマニア海軍から鹵獲した河川モニター5隻(「ベルジャンスク」「アゾフ」型「イズマイール」および当艇)を「アゾフ」型とひとまとめにしている資料も見受けられるので、注意願いたい。


砲艦(河川モニター艦)ケルチの歴史
ケルチ [Керчь (Kerch')]
1913年11月ブダペストのハンツ&ダヌビウス社[Hanz & Co Danubius]にて起工
1915年 2月25日進水
       4月11日竣工。オーストリア・ハンガリー帝国海軍モニター艦「イン」[Inn]となる
 第一次大戦に参加
1917年11月28日ドナウ川にて触雷し浸水着底
1919年 3月敗戦のためハンガリー評議会へ譲渡。艇名を「マルクス」[Marx]と改名
      11月ハンガリー・ルーマニア戦争に敗れ評議会共和国は崩壊
当艇はユーゴスラビアへ逃れる
1920年 4月15日オーストリア・ハンガリー艦隊の分割条約に基づきルーマニアへ割譲
艇名を「ベッサラビア」[Basarabia]と改名し、ルーマニア海軍へ編入
1940年第二次大戦に参加。ドナウ川で対ソ戦に従事
1944年 8月26日ルーマニアは連合国へ降伏。同日枢軸国へ宣戦布告
ルーマニア艦艇はソビエト海軍の監視下に置かれる
      10月10日ソビエト海軍ドナウ小艦隊へ編入。同月30日艇名を「ケルチ」と改名
1945年 3月磁気機雷の掃海に従事
       4月バチュカパランカ(現ゼルビア・クロアチア国境)付近にて対地砲撃に従事
1948年 2月28日退役
1951年 7月 3日ルーマニアへ返還。ルーマニア海軍へ編入。艇名を「M206」と改名
1960年頃除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,01,28