砲艦(河川モニター艦) イズマイール

Gunboat(River Monitor) "Izmail"
Канонерские Лодки(Речной Мониторы) "Измаил"


ソビエト赤軍(旧オーストリア・ハンガリー帝国→ユーゴスラビア→ルーマニア) ソビエト海軍 オーストリア・ハンガリー海軍 ユーゴスラビア海軍 ルーマニア海軍


Sava
Izmail
砲艦「イズマイール」((上段)オーストリア・ハンガリー海軍「サヴァ」時代/(下段)ソビエト海軍時代の側面図)
スペックデータ(兵装はソビエト海軍編入時)
排水量:(基)550t ボイラー:Yarrow罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 62t
全長:(全)62.2m
全幅:10.5m 主機:(メーカー不詳)三段膨張式レシプロ機関×2基、2軸推進
吃水:1.7m
出力:1,600hp
武装:
44口径12cm連装砲2基、63口径37mm単装機関砲5基、70口径
20mm単装機関砲2基、12.7mm単装機銃4基
最大速力:12.0kt
航続距離:9ktで700浬
乗員定数:125名

同型艦名(1隻)
イズマイール [Измаил (Izmail)]

砲艦(河川モニター艦)イズマイールについて

 元はルーマニア海軍のドナウ川用モニター艦「ブコヴィナ」[Bucovina]だが、1944年にルーマニアがソビエトに降伏した際に鹵獲、艦籍編入となったものである。最初はオーストリア・ハンガリー帝国のモニター艦として建造され、ユーゴスラビアからルーマニアへ渡った経緯は、「ベルジャンスク」(旧艇名「アーデアル」)と同様である。

 第二次大戦での経歴や、戦後の扱いなども他のルーマニア砲艦と同様となっている。


砲艦(河川モニター艦)イズマイールの歴史
イズマイール [Измаил (Izmail)]
1914年リンツのオーストリア・ヴェルフト社[Austria-Werft]にて起工
1915年 5月31日進水
       9月15日竣工。オーストリア・ハンガリー帝国海軍モニター艦「サヴァ」[Sava]となる
 第一次大戦に参加
1918年12月31日敗戦のためユーゴスラビアへ譲渡。艇名を「ソカ」[Soca]と改名
1920年 4月15日オーストリア・ハンガリー艦隊の分割条約に基づきルーマニアへ割譲
艇名を「ブコヴィナ」[Bucovina]と改名し、ルーマニア海軍へ編入
1940年第二次大戦に参加。ドナウ川で対ソ戦に従事
1944年 8月26日ルーマニアは連合国へ降伏。同日枢軸国へ宣戦布告
ルーマニア艦艇はソビエト海軍の監視下に置かれる
      10月10日ソビエト海軍ドナウ小艦隊へ編入。同月30日艇名を「イズマイール」と改名
1948年 2月28日退役
1951年 7月 3日ルーマニアへ返還。ルーマニア海軍へ編入。艇名を「M205」と改名
1960年頃除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,01,27