ポーチュギース型(およびブラジリアン型) 掃海(対潜)トローラ

"Portuguese"(and "Brazilian") Class (ex-"P" Class) Minesweep(Antisubmarine) Trawler

英国海軍 他 イギリス海軍 ギリシア海軍 ブラジル海軍


HMT Promise
HMT Prong
(上段)HMT「プロミス」(第二次大戦時:Photo from Imperial War Museum "FL17669"
(下段)HMT「プロング」(第二次大戦時:Photo from Imperial War Museum "FL17672"

スペックデータ(「ポーチュギース」型。数値は標準的なもの。【 】内は木造船体のもの)
排水量:(基)452t【500t】 ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油80t【60t】
全長:45.4m【(垂)40.0m】
全幅:7.8m【8.3m】 主機:(メーカー不詳)ディーゼル機関×1基、1軸推進
吃水:3.5m【3.7m】
出力:560hp【500hp】
武装:
40口径12pdr(76mm)単装砲1基、70口径20mm単装機関砲3基、
爆雷25個搭載(投射機4、投下軌条2)、掃海具一式
最大速力:11.5kt【11.0kt】
航続距離:不明
乗員定数:30名
スペックデータ(「ブラジリアン」型。数値は計画値)
排水量:(基)813t ボイラー:(メーカー・形式不詳)罐・石炭専焼×1基 燃料搭載量:石炭(搭載量不明)
全長:(全)53.8m
全幅:8.5m 主機:直立往復動蒸気機関(3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:4.8m
出力:1,000hp
武装:
40口径12pdr(76mm)単装砲2基、
爆雷搭載(搭載数不明:投射機4)、掃海具一式
最大速力:12.5kt
航続距離:不明
乗員定数:70名

同型艦名(12隻)
「ポーチュギース」型・木造船体(第一グループ:6隻)
プロング [Prong]プルーフ [Proof]プロパティ [Property]
プロフェット [Prophet]プロテスト [Protest]プロヴォスト [Provost]
「ポーチュギース」型・鋼鉄船体(第二グループ:6隻)
プローブ [Probe]プロクター [Proctor]プロディガル [Prodigal]
プロダクト [Product]プロフェッサー [Professor]プロミス [Promise]
「ブラジリアン」型(英海軍での計画名:6隻)
パンパーノ [Pampano]パパテッラ [Papaterra]パラチ [Parati]
パーゴ [Pargo]パル [Paru]ペレグリン [Pelegrime]

ポーチュギース型(およびブラジリアン型)掃海(対潜)トローラについて

 第二次大戦が勃発し、沿岸部での対潜哨戒や機雷掃海、船団護衛などに使用する小型艇の不足を補うため、英国海軍本部はポルトガルおよびブラジルに対して海軍トローラの建造を発注した。
ポルトガルでは比較的小型(500トン程度)の木造船体および鋼鉄船体の艇が、ブラジルでは大型(800トン程度)の艇が建造されることになった。兵装は英国で建造された海軍トローラと同様に12ポンド砲が装備され、他に対潜爆雷や掃海具も搭載されている。

 ブラジルは1942年8月に連合軍側として第二次大戦に参戦したため、建造予定の当クラスは全艇がブラジル海軍に譲渡されることになったが、中立を保っていたポルトガルで建造された計12隻は全艇がイギリスへ引き渡された。ただし中立の立場であるポルトガルが戦闘用艦艇を建造したとして、ナチスドイツからイギリス・ポルトガルの両国に対して抗議が行われている。

 1942年から43年にかけて順次竣工した当クラス12隻はイギリス海軍で任務に従事したが、第二次大戦が終結すると大半の艇は戦後すぐに売却されている。
 なお、当クラス(ブラジルで建造予定だった艇を含む)の艇名は全艇がPで始まるものだったため、まとめて「P」型と呼ばれることもあるが、通常は「ポーチュギース」(”ポルトガルの”という意味)型および「ブラジリアン」(”ブラジルの”という意味)型と呼ばれる。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 ADA = アルフィアイト造船(ポルトガル) [Arsenal do Alfeite]  AMO = A・モニカ社(ポルトガル) [A.Mônica]
 MBM = MMB・モニカ社(ポルトガル) [M.M.B.Mônica]  UFB = ウニアオ・ファブリル(ポルトガル) [União Fabril]
 HQL = エンリケ・ラジェ社(ブラジル) [Henrique Lage]  
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
ギリシア海軍 = ギリシア ブラジル海軍 = ブラジル イギリス海軍 = イギリス  
ポーチュギース型(およびブラジリアン型)掃海(対潜)トローラの歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
T190プロング [Prong]AMO'??.??.??'42.07.15'43.05.??当初計画名「ポート・スタンレー」[Port Stanley]。'43年「プロング」と改名。'46年退役、売却
T191プルーフ [Proof]AMO'??.??.??'42.07.14'43.03.08当初計画名「ポート・ロイヤル」[Port Royal]。
'43年「プルーフ」と改名。'46年退役、売却
T192プロパティ [Property]AMO'??.??.??'42.08.28'43.01.09当初計画名「ポートラッシュ」[Portrush]。
'43年「プロパティ」と改名。'46年退役、売却
T194プロフェット [Prophet]AMO'??.??.??'42.04.02'43.01.12当初計画名「ポルトベッロ」[Portobello]。
'43年「プロフェット」と改名。'46年退役、売却
T195プロテスト [Protest]MBM'??.??.??'41.08.12'42.12.12当初名「ポート・パトリック」[Port Patrick]。
'43年「プロテスト」と改名。'46年退役、売却
T196プロヴォスト [Provost]MBM'??.??.??'43.02.21'43.03.08当初計画名「ポーツレス」[Portreath]。
'43年「プロヴォスト」と改名。後に「プロウェス」[Prowess]と改名。'46年退役、売却
T186プローブ [Probe]ADA'??.??.??'42.10.24'43.06.15当初計画名「ポーターフェリー」[Portaferry]。
'43年「プローブ」と改名。'46年退役、売却
T185プロクター [Proctor]ADA'??.??.??'42.10.23'43.04.21当初計画名「ポータダウン」[Portadown]。
'43年「ポーティシャム」[Portisham]と改名。同年「プロクター」と改名。'46年退役、売却
T187プロディガル [Prodigal]UFB'??.??.??'41.04.26'42.08.17当初名「ポースレーヴェン」[Porthleven]。'43年「プロティガル」と改名。'46年退役、売却
T188プロダクト [Product]UFB'??.??.??'41.04.12'42.06.16当初名「ポートジャクソン」[Portjackson]。'43年「プロダクト」と改名。'46年売却、ギリシア海軍「ヘルメス」[Ερμής (Hermes)]。以降の消息不明
T189プロフェッサー [Professor]UFB'??.??.??'41.05.28'42.06.16当初名「ポートマドック」[Portmadoc]。'43年「プロフェッサー」と改名。'46年退役、売却
T193プロミス [Promise]UFB'??.??.??'41.09.20'42.08.17当初名「ポート・ナタール」[Port Natal]。'43年「プロミス」と改名。'46年退役、売却
 パンパーノ [Pampano]HQL'??.??.??'42.10.10'43.11.20'42.08月譲渡、ブラジル海軍「マティアス・ジ・アルバカーキ」[Mathias de Albuqerque]。詳細は別項参照
 パパテッラ [Papaterra]HQL'??.??.??'42.02.??'43.06.11'42.08月譲渡、ブラジル海軍「フェリペ・カマロン」[Felipe Camarão]。詳細は別項参照
 パラチ [Parati]HQL'??.??.??'42.10.10'43.11.20'42.08月譲渡、ブラジル海軍「フェルナンデス・ヴィエラ」[Fernandes Vieira]。詳細は別項参照
 パーゴ [Pargo]HQL'??.??.??'42.08.28'43.09.09'42.08月譲渡、ブラジル海軍「エンリケ・ディアス」[Henrique Dias]。詳細は別項参照
 パル [Paru]HQL'??.??.??'44.02.??'44.10.28'42.08月譲渡、ブラジル海軍「バレト・ジ・メンゼス」[Barreto de Menezes]。詳細は別項参照
 ペレグリン [Pelegrime]HQL'??.??.??'42.12.11'44.01.14'42.08月譲渡、ブラジル海軍「ビダル・ジ・ネグレイロス」[Vidal de Negreiros]。詳細は別項参照


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,12,03