ブラック・スワン型 スループ

"Black Swan" Class Sloops

英国海軍 他 イギリス海軍 インド海軍


HMS Flamingo
HMIS Sutlej
(上段)HMS「フラミンゴ」/(下段)HミS「サトレジ」
スペックデータ
排水量:(基)1,250t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油403t〜428t
全長:(全)91.3m
全幅:11.43m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.6m
出力:3,600hp
武装:
45口径4inch連装高角砲3基、2pdr(40mm)4連装ポンポン砲1基(計画)、
(後に20mm連装機関砲2基、同単装機関砲4基を追加搭載)、12.7mm
4連装機銃2基、ヘッジホッグ投射機1基、爆雷搭載数不明(投射機、投下
軌条装備)
最大速力:19.3kt
航続距離:10ktで9,500浬
乗員定数:180名

同型艦名(4隻+インド海軍向け4隻)
ブラック・スワン[Black Swan]アーン[Erne]フラミンゴ[Flamingo]
アイビス[Ibis]ゴダヴァリ[Godavari]ヤムナー[Jumna]
ナーバダ[Narbada]サトレジ[Sutlej] 

ブラック・スワン型スループについて

 護衛スループの最終型として建造されたクラス。当初は6隻(うち2隻はインド向け)の建造が計画されたが、後に7隻(うち2隻はインド向け)が追加され全部で12隻(うち4隻が後期生産型。また1隻は計画自体をキャンセルされたため当ページに掲載せず)が建造された。
 防空能力を高めるため計画では3基の連装高角砲塔と1基の4連装ポンポン砲を搭載する予定であったが、ポンポン砲は搭載されず開戦後に20ミリ機関砲が追加搭載されている。これまで建造されたスループ同様にタービン機関を搭載し贅沢な造りの艦であったが、第二次大戦が勃発し多くの護衛艦が必要になってくると、量産性の低い護衛スループよりも、建造が容易で貴重なタービン機関も使用しないフリゲートやコルベットへ建造の主流が移り、スループの新造は当クラス(および改良型(改「ブラック・スワン」型))を最後に終了した。
 なお、後期生産型4隻は改良型に準ずる兵装を搭載していたため、当サイトでは改「ブラック・スワン」型のページへ掲載した。


ブラック・スワン型スループの歴史
ブラック・スワン [Black Swan] (L57 / U57)
1938年 6月20日ヤーロー社[Yarrow Shipbuilders Ltd.]にて起工
1939年 7月 7日進水
1940年 1月27日竣工
       3月〜北海にて護衛・哨戒任務に従事
      11月 1日北海にて機雷の爆発により損傷を負う
1941年 5月〜修理完了後、大西洋にて船団護衛などに従事
1942年10月〜地中海へ転戦。北アフリカ上陸を支援
1943年 3月〜大西洋にて船団護衛などに従事
       4月 2日オポルト(ポルトガル)西方沖にて独潜「U-124」を撃沈(他艦と共同)
       6月至近距離での爆発(原因不明。敵魚雷や機雷の早発と思われる)により損傷を負う
同年8月修理完了
1944年 1月〜地中海にて警備任務などに従事
       4月〜大西洋にて船団護衛や哨戒任務に従事
1945年 6月〜地中海へ転戦。マルタ島にて訓練に従事
       9月香港へ進出(移動途中で終戦を迎える)。再占領の支援を実施
1949年 4月アメジスト号事件(長江事件)に際し支援のため派遣される
1950年 7月〜朝鮮戦争に参加。朝鮮半島西岸の警備に従事
1952年 3月ポーツマスへ帰還。退役。予備艦となる
1956年 9月13日除籍。スクラップ
アーン [Erne] (U03)
1939年 9月21日ファーネス造船[Furness Shipbuilding Ltd.]にて起工
1940年 8月 5日進水
1941年 4月26日竣工。受け入れのための動作試験を開始
       4月30日ベルファストにて独軍機の爆撃を受け大破。タインへ曳航して修理実施
1942年 6月修理完了。動作試験後に部隊配備
       7月〜大西洋などで護衛・哨戒任務に従事
       7月31日アゾレス諸島沖にて独潜「U-213」を撃沈(他艦と共同)
      10月〜ジブラルタル・地中海方面へ転戦。北アフリカ上陸を支援
1943年 1月〜地中海にて船団護衛や上陸作戦支援を実施
1944年 1月〜大西洋にて船団護衛に従事
       4月〜地中海にて船団護衛に従事
1945年 1月マルタ島にて座礁損傷。ファルマスへ回航され修理実施
       4月〜修理完了後に戦線復帰。大西洋にて護衛任務に従事
       7月〜欧州の戦闘終了により太平洋へ転戦。コロンボにて終戦を迎える
       9月〜太平洋艦隊に所属し、占領任務に従事
1946年 2月19日本国へ帰還後、退役。予備艦となる
1952年 6月 4日英海軍予備員(RNVR)の練習船となり、「ウェセックス」[Wessex]と改名
1965年除籍。スクラップ
フラミンゴ [Flamingo] (L18 / U18)
1938年 5月26日ヤーロー社にて起工
1939年 4月18日進水
      11月 3日竣工
      11月16日商船「ダウンリーズ」[Downleaze]と衝突、損傷
      12月〜修理後、北海にて船団護衛やノルウェーでの戦闘支援に従事
1940年 5月〜紅海へ転戦。船団護衛や哨戒任務に従事
1941年 4月〜地中海へ転戦。船団護衛や地上軍支援に従事
      12月 7日トブルクにて敵機の爆撃を受け損傷。スエズにて修理を待つ間は防空船として使用
1942年ボンベイまで回航され修理を実施
1943年修理は完了するが、引き続き兵装更新などを実施
1944年 1月中盤〜戦線復帰。インド洋にて警備任務などに従事
       6月〜ビルマ戦線への船団護衛や地上軍支援を実施
1945年 4月〜英本国へ帰還。リバプールにて修理を実施
       8月修理中に終戦を迎える。同年後半には退役、予備艦となる
1949年 1月〜再就役。ペルシャ湾にて警備任務に従事
1955年退役。予備艦となる
1959年 1月西ドイツ海軍へ売却。艦名を「グラフ・シュペー」[Graf Spee]と改名
1964年 7月31日西ドイツ海軍除籍。後にスクラップ
アイビス [Ibis] (U99)
1939年 9月21日ファーネス造船にて起工
1940年11月28日進水
1941年 8月30日竣工
      10月〜大西洋にて船団護衛に従事
1942年10月〜ジブラルタル・地中海方面へ転戦。北アフリカ上陸を支援
      11月10日アルジェ沖にて伊軍機の攻撃を受け沈没
ゴダヴァリ [गोदावरी (Godavari)] (U52)
1941年10月31日ソーニクロフト社[Thornycroft]にて起工
1943年 3月21日進水
       6月28日竣工
1943年後半〜船団護衛のためジブラルタルへ配備
      12月22日商船「マンチェスター・プログレス」[Manchester Progress]と衝突損傷
1944年 2月〜修理完了後、東洋艦隊へ転属。インド洋へ転戦
 インド洋にて護衛・哨戒任務に従事
       8月12日セーシェル諸島沖にて独潜「U-198」を撃沈(他艦と共同)
1945年 1月〜ビルマ戦線への船団護衛や地上軍支援を実施
1948年パキスタン独立に際しパキスタン海軍へ割譲。「シンド」[سندھ (Sindh)]と改名
1958年パキスタン海軍除籍。スクラップ
ヤムナー [यमुना (Jumna)] (U21)
(アルファベット表記は[Yamuna]とする場合もある)
1940年 2月20日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社[William Denny & Brothers]にて起工
      11月16日進水
1941年 5月13日竣工
 インド洋などで護衛・哨戒任務に従事
対日戦勃発後はジャワ海まで行動範囲を広げる
1944年 2月11日ベンガル湾にて日潜「ロ-110」を撃沈(他艦と共同)
1945年 1月アキャブ上陸を支援
1950年インド独立後はインド海軍に所属。フリゲートへ類別変更
1957年調査船(測量船)へ類別変更
1983年インド海軍除籍。スクラップ
ナーバダ [नर्मदा (Narbada)] (U40)
(艦名の由来は「ナーマダ(Narmada)」(河川名)だが、艦名は[Narbada]となっている)
1941年 8月30日ソーニクロフト社にて起工
1942年12月21日進水
1943年 4月29日竣工
1944年〜インド洋などで護衛・哨戒任務に従事
1945年 1月アキャブ上陸を支援
1948年パキスタン独立に際しパキスタン海軍へ割譲。「ジェラム」[جہلم (Jhelum)]と改名
1959年パキスタン海軍除籍。スクラップ
サトレジ [सतलुज (Sutlej)] (U95)
1940年 1月 4日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
      10月 1日進水
1941年 4月23日竣工
       6月〜英本国周辺にて護衛・哨戒任務に従事
       9月〜スエズへ進出。防空任務などに従事
      12月〜対日戦勃発後はインド洋西部へ進出。船団護衛などに従事
1943年 5月〜地中海へ転戦。シチリア上陸などを支援
      12月〜インド洋へ転戦。対潜哨戒や上陸支援などに従事
1950年インド独立後はインド海軍に所属。フリゲートへ類別変更
1978年インド海軍退役。翌年スクラップ


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,12,28(FirstUp 2005,12,24)