テムズ(”リバー”)型 潜水艦

"Thames"("River") Class Submarines

英国海軍 イギリス海軍


HMS Thames
HMS「テムズ」
スペックデータ
排水量(水上):1,850t排水量(水中):2,723t全長:(全)105.16m
出力(水上):10,000hp出力(水中):2,500hp全幅:8.61m
最大速力(水上):22.5kt最大速力(水中):10.0kt吃水:5.77m
航続距離(水上):8ktで10,000浬航続距離(水中):4ktで113浬乗員数:61名
燃料搭載量:重油216t安全潜行深度:60m
主機関:アドミラルティ式10気筒ディーゼル機関+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》21inch魚雷発射管6門(艦首)、40口径4inch
単装砲1基、7.7mm機関銃2基

同型艦名(3隻)
テムズ[Thames]クライド[Clyde]セヴァーン[Severn]

テムズ(”リバー”)型潜水艦について

 1930年度計画から建造が行われた艦隊型潜水艦。哨戒型潜水艦とは異なり艦隊に随伴しての任務を想定しているため水上速力が高められており、そのため機関出力は1万馬力を発揮するようになっている。また船体も細長くなり、排水量は1,800トンを超える。航続力延伸のため外部タンクにも燃料が搭載されている。

 当初の計画では20隻もの大量建造が予定されていたが、1933年に海軍政策を変更したため3隻のみ建造が行われ他はキャンセルとなってしまった。
 3隻の姉妹艦のうち、ネームシップである「テムズ」だけが第二次大戦中に戦没している。なお各艦とも艦名に河川名が付けられているため一般には”リバー(河川の意)”型と当クラスを呼称することが多い。


テムズ(”リバー”)型潜水艦の歴史
テムズ[Thames] (N71)
1931年 1月 6日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1932年 1月26日進水
      9月14日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊にて任務に従事
1939年 9月〜第二次大戦開戦によりノルウェー沿岸部の警戒任務に従事
1940年 7月22日ノルウェー沖にて触雷沈没
クライド[Clyde] (N12)
1933年 5月15日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1934年 3月15日進水
1935年 4月12日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊にて任務に従事
1939年 9月〜第二次大戦開戦によりジブラルタルの警護任務に従事
1940年〜本国艦隊へ転属。ノルウェー沿岸部の警戒任務に従事
      6月20日ノルウェー沖にて独戦艦「グナイゼナウ」を雷撃、損傷を負わせる
1941年〜北大西洋部隊へ転属。ジブラルタル警護に従事
1942年 4月〜マルタ島への物資輸送(マジック・カーペット任務)に参加
1944年〜東洋艦隊へ転属。対潜訓練の練習艦に使用される
1946年 7月30日除籍。スクラップとして売却される
セヴァーン[Severn]
1933年 3月27日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1934年 1月16日進水
1935年 1月12日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊にて任務に従事
1939年 9月〜第二次大戦開戦によりジブラルタルの警護任務に従事
1940年〜本国艦隊へ転属。ノルウェー沿岸部の警戒任務に従事
1941年〜地中海艦隊へ転属
      8月 7日地中海にて伊潜「ビアンキ」を撃沈(不確定な情報)
1943年10月〜エーゲ海にて輸送任務に従事
1944年〜東洋艦隊へ転属。対潜訓練の練習艦に使用される
1946年除籍。スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,05,20(FirstUp 2004,06,13)