”O”型 潜水艦

"O" Class Submarines

英国海軍 他 イギリス海軍 南ア海軍


HMS Osiris
HMS「オシリス」
スペックデータ(【 】内は第二グループのデータ)
排水量(水上):1,311t【1,781t】排水量(水中):1,892t【2,030t】全長:(全)83.8m【86.4m】
出力(水上):3,000hp【4,400hp】出力(水中):1,350hp【1,350hp】全幅:8.41m【9.10m】
最大速力(水上):15.0kt【17.5kt】最大速力(水中):9.0kt【9.0kt】吃水:4.04m【4.16m】
航続距離(水上):10ktで5,650浬【7,380浬】航続距離(水中):4ktで60浬【60浬】乗員数:乗員数:50〜56名
燃料搭載量:重油185t【180t】安全潜行深度:70m【70m】
主機関:ヴィッカース式ディーゼル機関+電動モーター×2基、2軸推進
    【アドミラルティ式ディーゼル機関+電動モーター×2基、2軸推進】
武装:
《魚雷16発搭載》21inch魚雷発射管8門(艦首6,艦尾2)、40口径
4inch単装砲1基、7.7mm機関銃2基【第二グループも同様】

同型艦名(9隻)
(第一グループ:3隻)
オベロン[Oberon]オットウェイ[Otway]オックスレー[Oxley]
(第二グループ:6隻)
オーディン[Odin]オリンパス[Olympus]オルフェウス[Orpheus]
オシリス[Osiris]オズワルド[Oswald]オートゥス[Otus]

”O”型潜水艦について

 英海軍で第一次大戦後に初めて建造された航洋型潜水艦。第一次大戦までの哨戒潜水艦よりも魚雷発射管数が増やされており、また極東方面での行動を考慮して艦内冷房などの機構が装備されたため船体サイズは倍近くまで拡大した。
 当初の計画で3隻、続いて改良型として機関出力を強化したモデルが6隻建造されており、当サイトでは最初の3隻を第一グループ、改良型を第二グループとしたが、資料によってはネームシップである「オベロン」をプロトタイプとして、1925年起工の2隻を第二グループ、改良型を第三グループとしているものも見受けられる。

 第二次大戦では第二グループ6隻のうち4隻が戦没しているが、生き残った艦も終戦直後に処分されている。


”O”型潜水艦の歴史
オベロン[Oberon] (N21)
1924年 3月22日チャタム工廠にて起工
1927年 8月24日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊に所属し任務に従事
1935年10月11日デヴォンポートにて旧式駆逐艦「サニット」と衝突事故を起こし損傷
1937年予備役艦となる
1939年 8月 2日再就役。第二潜水艦戦隊に所属し任務に従事
1941年〜対潜訓練の練習艦として使用される
1944年 7月 5日除籍。翌年スクラップとして解体される
オットウェイ[Otway] (N51)
1925年 8月24日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1926年 9月 7日進水
1927年 9月 9日竣工
1928年 2月オーストラリア海軍へ移籍のため英国を出発
 マルタ島にて機関部改修のため足止め。マルタを出発したのは同年11月
1930年 5月10日予備役艦となる
1931年 4月 9日英海軍へ復帰。マルタ島へ移動
1939年 9月〜地中海艦隊に所属し任務に従事
1941年〜本国艦隊へ転属し任務に従事
1945年 8月24日除籍。翌年スクラップとして解体される
オックスレー[Oxley] (P55)
1925年 8月24日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1926年 6月30日進水
1927年 7月22日竣工
1928年 2月オーストラリア海軍へ移籍のため英国を出発
 マルタ島にて機関部改修のため足止め。マルタを出発したのは同年11月
1930年 5月10日予備役艦となる
1931年 4月 9日英海軍へ復帰。マルタ島へ移動
1939年 9月〜本国艦隊に所属し任務に従事
      9月10日ノルウェー沖にて自軍潜水艦「トライトン」の誤射により沈没
(第二次大戦における最初の英海軍喪失艦艇)
オーディン[Odin] (N84)
1927年 7月23日チャタム工廠にて起工
1928年 5月 5日進水
1929年12月21日竣工
 本国艦隊やシナ艦隊に所属し任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属
      9月14日タラント港沖にて伊駆逐艦の砲撃を受け沈没
オリンパス[Olympus] (N35)
1927年 4月14日ビアドモア造船にて起工
1928年12月11日進水
1930年 6月14日竣工
 本国艦隊やシナ艦隊にて任務に従事
1939年 9月〜コロンボを拠点に独装甲艦に対する哨戒任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属。マルタを拠点とする
      7月マルタ島にてドック入渠中に枢軸軍機の爆撃を受け損傷を負う
1942年 5月 7日マルタ沖にて触雷、沈没
オルフェウス[Orpheus] (N46)
1927年 4月14日ビアドモア造船にて起工
1929年 2月26日進水
1930年 9月23日竣工
 本国艦隊やシナ艦隊にて任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属。マルタを拠点とする
      6月19日トブルク沖にて伊駆逐艦「トゥルビーネ」の攻撃を受け沈没
オシリス[Osiris] (N67)
1927年 5月12日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1928年 5月19日進水
1929年 1月25日竣工
 本国艦隊にて任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属。アレクサンドリアを拠点に行動
      9月22日伊船団を攻撃、伊水雷艇「パレストロ」を撃沈
1941年 1月〜チャタム工廠にてオーバーホールを実施。戦線復帰は同年5月
1943年 8月〜東洋艦隊へ転属。対潜訓練の練習艦として使用される
1945年 5月除籍。同年9月スクラップとして解体される
オズワルド[Oswald] (N58)
1927年 5月30日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1928年 6月19日進水
1929年 5月 1日竣工
 本国艦隊にて任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属。マルタを拠点に行動
      8月 1日スパルティヴェント岬沖にて伊駆逐艦「ヴィヴァルディ」と交戦
衝角(ラム)戦を挑み沈没
オートゥス[Otus] (N92)
1927年 5月31日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1928年 8月31日進水
1929年 7月 5日竣工
 シナ艦隊にて任務に従事
1939年 9月〜コロンボを拠点に独装甲艦に対する哨戒任務に従事
1940年地中海艦隊へ転属。マルタを拠点とする
1943年〜対潜訓練の練習艦として使用される
1946年南アフリカへ売却。1949年沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,05,20(FirstUp 2004,06,09)